しなのさかいの駅前広場

顔色がちょっと悪そうでねー、

気になるまち 郡上八幡(後編)

(前編からつづく)




翌朝、旅館をチェックアウトした後は、午前中だけ車をそのままにしておくことを旅館に頼んで、あらためて町を散策しました。





あの多治見市を抱える岐阜県ですから、気温36℃なんていうのはザラのようで、まだ9時台だというのに、既にその目盛りはバーストモード。
でも、不思議なことに適度に日影を選んで歩けばなんとかなるようでした。
木造の建物ばかりだからでしょうか。
鉄筋コンクリートだらけの都会と比べると、そんなところにも違いがあるようでした。
照り返しとか蓄熱とか、詳しくは知らないのですが、いろいろと比べるべき点があるのかもしれません。





それから、なんとなくですが、この町は元気なおばちゃんの姿が目立つというか、絵になる気がするんです。
そんなことを考えながら、遠くから正体が分からない程度に1枚だけ撮らせていただきました(ゴメンナサイ)。

家の前でおしゃべりをするおばちゃん。
そして、水路からひしゃくで水を汲んで打ち水をしたり植木に水をやるおばちゃん。
こうした風景も郡上八幡にはよく似合います。







町中の清流。
どこもかしこも水、水、水で、この流れが様々な町の生活と産業を支えているようです。
暑い夏の旅は、穏やかな水のあるところに限ります。





町の中心部を流れる吉田川には、早朝から釣り人が多数。
もちろん獲物は鮎のはず。





我が家がその釣り人たちを見ていたのは、高さ12mの「新橋」。
地元の子どもたちのダイビングスポットとして有名ですが、調べてみると、2000年以降、県外からの観光客の飛び込み死亡事故が数回あったそうです。
地元の子ども達は繰り返しイメージトレーニングをしながら飛び込んでいるのでしょうから、やはり県外からの素人はマネをしない方がいいのでしょう。
何事も地元の方々への迷惑行為となることはやめておくべきです。





宗祇水は、その町中を流れる水路のシンボル的存在で、特に水不足に悩む海外の観光客にとっては極めて珍しく、日本の山間部の町の豊かさを感じるシンボルともなっているみたい。
似たシステムとしては、隣の滋賀県にも川端(かばた)があります。
どうも岐阜県と滋賀県は「水」をテーマにして旅をすると、より深いものになりそうです。


その後は、旧役場庁舎を活用した観光協会で買い物をしながら町を離れました。





鉄道やバスで訪れる人も多いようで、駅にも観光協会にもレンタサイクルはきちんと揃っていたようですし(三浦半島とは大違いです)、気候次第ですが郡上八幡城を含めて徒歩でぶらぶらすることも十分可能だと思います。





京都や鎌倉をトップとした日本各地での「オーバーツーリズム」が大きな課題となる中、郡上八幡はまだまだその規模が適正に保たれているようですから、懐かしい日本の風景を味わい、感じてみたい方は、今のうちにコッソリと訪れてみてはいかがでしょう。
そして出来ることならば、若者の移住が増えている理由まで「考える」、そんなことをしてみて欲しいですね。

観光スポットで撮影→買い食い→買い物、という流れだけでこの町を楽しもうとすれば、この町を半分も楽しめていないということに注意です。



□ □ □



休み明けにお土産を配った職場では「え、ぐじょう…なんですか?」と郡上八幡を知る人が極めて少なく、知っていても郡上踊りを阿波踊りと同じものと思っていたり…という具合でした。
この「アンケート調査」には、なかなか考えさせられました。

でも、これはこれでいいのかもしれません。
と言いますのも、逆に郡上八幡では自分が散策した限り、とうとう見ることがなかったんですよ、例の東京オリンピックの(吉野家のような)エンブレムを(笑)

来年の郡上踊りの開催期間は、ほぼオリンピックとパラリンピックの開催期間と重なるんじゃないかと想像していますが、何せ400年も続いている「無形文化財」ですから。
そんな東京からの準商業的イベントに踊りの開催が振り回されることなく、例年と変わらない郡上八幡らしさを堂々と貫いて欲しいナと、そんな風に町全体を応援したくなりました。

都会に対するアンチテーゼに見える町。
そんな町が「地方創生」なんていう力の入った掛け声などに頼らずに、どんどん増えるといいですね。





冷蔵宅急便で自宅へ発送した「明方ハム」は、予定通り帰宅した翌日に届きました。
ヤられたらしいブタのエンブレムが可愛らしくて、並べて冷蔵庫に保管したら女房殿に呆れられてしまいましたが、これくらいのことをしておかないとハムの有り難みを感じることができません。

その後、包丁を入れて、少しだけマヨネーズを付けながら美味しくいただきました。
YouTubeで徹夜踊りのライブ映像を見ながらです。



鉄分補給のこともありますので、もう少し続けます。

スポンサーサイト
  1. 2019/08/16(金) 20:10:00|
  2. 駅ノート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

気になるまち 郡上八幡(前編)

こんばんは。しなのさかいです。




先週は、大勢の方のお盆休みと大型台風の襲来を前にして、岐阜県を旅してきました。
具体的には「郡上八幡」が目的地で、帰りには長野県まで回る2泊3日の自作旅程です。

郡上八幡はウチの女房殿が“仮想移住先”と定めている町であることから(笑)、今年の我が家の夏休みは5年ぶりの訪問に当てることとしました。



さて、当方が説明するまでもなく、郡上八幡には実に数多くの「名物」と言えるものが存在します。
山間部の小さな城下町なのに、その数は人口減少で悩む地域が羨むほどで、知識の薄い当方がザッと挙げるだけでも以下のとおり。

・郡上踊り
・郡上八幡城
・鮎
・食品サンプル
・ハム
・藍染
・町中を流れる水路 等々

ちょうど出発前に放映していたBSの番組では、郡上市長が出演していて、近年の移住人口の堅調な増加を説明していました。
その番組だったか別の番組での内容だったかは忘れましたが、2012年に移住して町の真ん中で稼業を開かれた若い方もいるそうで、もう脱帽するしかありません。
我が家が家族4人で最初に郡上八幡を訪問したのが2013年ですから、ほぼその頃に都会からの移住を「決行」した方が、2019年の今ではすっかりと岐阜県の町に溶け込んでしまっている、という訳なんです。

この事実には、正直に言って胸に刺さるものがあります。
当方は日頃から、現代における本当の「勝ち組」とは、住む土地を自分の素直な気持ちで選べる人たちや、住む土地に心身共に溶け込んでいる人たちなのではないかと思っているのですが、こうした実践例があるとその思いはさらに確信へ変わっていくのです…。



□ □ □



まぁ、堅い話はこれくらいにしましょう。
相模の国を朝8時に車で出発して、途中休憩を挟みながら新東名、東海環状道、東海北陸道を進み、14時過ぎには郡上に到着。







未訪問の八幡小野郵便局を訪問して849局目の旅行貯金。
続いて町外れの喫茶店で美味しいコーヒーをいただいた後は、さらに八幡吉田簡易郵便局に寄って850局目の旅行貯金を果たし、ちょうどよい頃合いになってから町中の旅館へチェックインしました。





その後、夕飯を兼ねて徒歩で町へ繰り出しました。
当方は郡上下駄を買い求め、娘たちは食品サンプルのお店ではしゃぎながら大トロのキーホルダーをゲット。







この町における「食品サンプル産業」の存在は、子どもたちが山間部の町を旅する上では退屈しない大きなネタとなっています。
大人と子どもがそれぞれ目当てを持てる、ということがこの町の強さなのですね。





夕飯は宿泊した旅館では用意されませんので、近くの「わかば」さんで焼肉。
「特上飛騨牛」なるものを注文しました(これは食品サンプルではありませぬ)。
うーん、やはりこれは美味しいです。
女房と娘たちには大好評でした。





夜は「郡上踊り」に参戦。
この日は町外れの長良川鉄道・郡上八幡駅前が会場でした(徹夜踊りを含め、おおよそ町中で行われることが多いようです)。
久しぶりなので、踊り方などほとんど覚えていなかったのですが、輪に飛び込んでしまえば案外どうにかなるものです(失礼)。





生演奏、生歌によって「かわさき」「春駒」「三百」「猫の子」「ヤッチク」などが次々と演奏され、見よう見まねで地元の方々についていくと、いつのまにかニセ郡上市民爆誕!
「春駒」はややアップテンポで外人さんにも人気がありますね。


こうした「溶け込み」が出来る点で、郡上踊りが他の地域の祭りとは「違う」ということを言い表わせると考えます。
当方のような、リアルな帰省先を持っていない都会の人間としては、どこか擬似的な実家を持った感覚になれますし。
都会から若者の移住が増えている理由もそんなところにあるような気がします。
一足飛びに移住者を増やそうとするのではなく、まずは「交流人口」を増やして、その取組を大切にするマインドが肝心。
そういうプロセスが大事であり、よく分かる地域と言えましょう。
もちろん、郡上市には、意図してそんなプロセスを作っているつもりはないでしょうが。





家族4人で汗ビショビショになりながら、エンディングである「まつさか」まで頑張りました。
これぞ「にっぽんの夏の夜」。


(後編につづく)

  1. 2019/08/15(木) 19:45:00|
  2. 駅ノート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KATO 2019年12月分ポスターを見てサロ110を気にしていた頃を思い出す。

おはようございます。しなのさかいです。

今年は早々に「鉄道模型コンテスト」」が終わりまして、例外なく猛暑の8月がやってきています。
そうなんです、暑さばかり気になるからいけないのですが、もう今年も残すところあと5か月弱なんです。
2019年は趣味の世界における刺激がなさすぎて、淡々と時間が進んでいるのですが、皆さんはいかがでしょうか。




ですから当方は、相変わらずこうしてレイアウト上のことで同じ作業を繰り返しており、列車の運行は取りやめている状態なんです。
「こんなんじゃダメだ」とも分かっているんですが、何事も「今のうちに」とも考えて、ストイックに単純作業を進めています。




さて、コンテストの中ではカトーの12月分ポスターの2枚目が追加発表されました。
いつもの通り、この内容を見てみようと思います。





【10-1586 113系 湘南色 7両基本セット】¥19,800+税
【10-1587 113系 湘南色 4両増結セット】¥9,600+税
【10-1588 113系 湘南色 4両付属編成セット】¥12,100+税

「もうないだろうナ」と思っていた年末アイテム(12月発売の編成モノ)が大きく2つ追加されました。

そのうちの1つが東海道本線・東京口の113系15連で、1980年代前半、つまり国鉄時代の姿で再現するそうです。
113系としてはフルリニューアルになるようですから、カトーとしてはそれなりに「考えがあって」の企画のようです(?)

さてこの企画、当方は少し気になっています。
と言いますのも、先に発売されるはずの415系と比べると、こちらはグリーン車を2両連結しているところがポイント。
その415系15連と比べると、編成の中にアクセントがあることで退屈な外観にはなっていません。
さらに、このサロ2両についてはバリエーションが豊富だった時代であることも忘れてはいけない点です。





1983年11月20日 小田原駅にて

小田原の小田急線ホームから撮影した写真が1枚ありました。
おそらくLSEを撮影した勢いで東海道本線に視線を向けたんだと思います。

2両のサロのうち、低屋根のサロが違和感満載となっていますが、この車両、客ドア下のボディ形状から見て、サロ489形0番台から改造されたサロ110形350番台のようです。
つまり、この撮影時の少し前までは信越本線の横川・軽井沢間(碓氷峠)を登り下りしていたわけ。
この形式は撮影年から1985年度にかけて改造されました。

似た形状では、撮影年の前年(1982年)に「とき」の運用で引退した181系のサロ180あるいはサロ181を転用したもので、サロ110形300番台がありますが、こちらは客ドア下が垂れ下がってはいません(というか車高が低いのです)。

ちょうどこの頃は、子ども達の間でもちょっとした「サロ110ブーム」が起こっていて、見る編成ごとに違うスタイルが趣味的な対象となっていました。
数年前のJAMでは、マイクロエースがこれらのサロを詰め合わせにして限定販売していましたね。
そのくらい注目に値する国鉄末期のミニトピックだったと言えましょう。

国鉄時代の姿を狙い撃ちにするのならば、こうした違和感のある車両を含めた15両編成を企画して欲しかったナ。
もしかしたら編成美(車高の統一感)を意識してしまったのでしょうか。

まだ迷っていますが「買いたい」とだけは言っておきましょう。
そして何よりも、この113系をハブにした今後の企画の連動性を丁寧に施してもらいたいですね。
その連動企画は、なるべく下り方面へ向いてもらいたいところです。



【4863-1 クモユニ74 001 湘南色(M)】¥5,800+税(再生産)
【4864-1 クモユニ74 003 湘南色(T)】¥3,000+税(再生産)

以前、111系と同時に製品化されたクモユニ74が再生産されるそうです。
この荷物電車、111系や153系とは併結されていたのですが、113系とでは時代的に難しいみたい。
とはいえ、クモユニ2連での走行シーンは113系の時代にもよく見られたようですので、シーンの引き立て役としてはイイのかもしれませんね。
当方はもう持っていますので「買いません」が…。



【10-1584 651系「スーパーひたち」 7両基本セット】¥18,500+税
【10-1585 651系「スーパーひたち」 4両増結セット】¥10,100+税

最近は民営化直後のJR特急を再生産(新規パーツを引き連れてのプチリニューアル)してばかりです。
どうもキハ85系のやり方が繰り返されていまして、251系に続いて、それが今度は651系になりました。

当方は、カトーが1980年代終わり頃から1990年代始めにかけて発売した車両は再生産需要が高いと勝手に見ており、例えば小田急10000形、キハ83・84系、近鉄アーバンライナーなども、可能ならばもう一度手にしたいと考えるユーザーがいる、そんな類ではないかと思います。

ただし、この再生産の手法は、ある程度は必要ですが、ここまで頻繁に再生産品がポスターのメインを張るというのはどうも企画力の限界を見さつけられているようで、この手法に諸手を挙げて賛成することはできません。
昔なら、例えば新規で653系をやるついでに再生産するとか、そんな補助的な役割で企画され、常磐線の空気を一気に面的に広げたものでしたから。
今回の651系は新規形式もありませんからなおさら再生産臭満点なんです。

おそらく、常磐線再全通のための、ブームを先取りした企画なのでしょう。
以前にも申しましたとおり、鉄道模型メーカーがそんな時事事情を忖度しているのだとすれば、ちょっとどうかなという気がします。
新幹線の開業とは性質がやや違うような気がするんです。





1996年2月24日 上野駅にて

当方も上野から仙台まで「スーパーひたち」で乗り通したことがあります。
鉄道になんの興味もない友人二人を連れての山形温泉旅行でして、普通なら東北新幹線を使えばいいところなんですが、山形を引っ掛けながら大回りの片道切符をつくる必要があったことから、旅立ちはあえてこんな形になったのです。

しかしながら、上野から在来線特急に4時間も「乗っていられる」贅沢は、今となって貴重であり、なかなか体験できません。
上野と仙台を結ぶ特急は今回の再全通で復活するそうです。
おそらくE657系が使用されるのでしょう。

当方は既にカトーの651系を手放していますが、こうした乗車体験もあるため「持っていてもいい」アイテムだったか…と後悔しています。
なので今回を機に「買っておこうかな」というところです。
この種のアイテムは、そんなに頻繁に再生産は望めないでしょうし。



【10-1159 E233系1000番台京浜東北線 3両基本セット】¥9,600+税(再生産)
【10-1160 E233系1000番台京浜東北線 3両増結セットA】¥6,400+税(再生産)
【10-1161 E233系1000番台京浜東北線 4両増結セットB】¥7,000+税(再生産)

興味ナシでして「買いません」。
年末商戦に向けて、東京の通勤電車はきちんと揃っていた方がいいでしょうネ。
そんなアイテムだということで。





大きいEF81が年明けに控えているそうです。
プラ製16番に転向するユーザーも増えていると聞きますから、走行した路線が多い機関車から製品化する意図は理解できます。



□ □ □



「トワイライトエクスプレス瑞風」だけになりそうな、冷めたムードが漂っていた年末アイテムに、ようやく例年のような多様性が見え始めました。
ただ、年末に相応しいスペシャル感溢れる雰囲気は感じないアイテム(要は発売時期が1年間のうちのいつでも良さそうなアイテム)ばかりで、そこがどーしても残念。
ここんところ機関車と客車の企画が少ないようにも感じています(カートレインってのがありましたけど)。

対してトミックスは未だに24系ブルートレインシリーズの展開に隙がなく、今年の年末には1990年代初頭の「北斗星1・2号」をブッ込むようです。
しかもEF81のリニューアルも併せてであり、この辺、全くブレがありません。
かつてのカトーの年末の仕事をトミックスが代替しているようにも見えてしまいます。
年末における市場への浸透具合をよく考えた企画ではないでしょうか。



これで今年の年末の状況は全て見えました。
さて、皆さんは年末の予算をどう執行しますか?

ではまた。
  1. 2019/08/07(水) 08:00:00|
  2. 鉄道模型(車両)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

カトー キハ28 車体更新

線路際の住民です、久しぶりの投稿になりました。
 ここしばらく、キハ58「いいで・ざおう」にドップリ浸かる日々を過ごしております。


  東北線のジャンパ栓の取り付けが、上野駅据え付け時に於いて北向き方向という事でジャンパ栓取り付けは要注意です。
 セットを組む前から色々な事を調べるわけですが、そんな時につばさ様のサイトには大変お世話になりました。




  さて今までのリニューアル前製品をどうするか? 特に2箇所の給水口を持つキハ28はそのまま休車になって なんだか勿体ないなぁ~と思いながら放置状態でした。


 先日、ホビーセンターカトー東京店を訪れたところ ボディだけのキハ28と窓ガラスが売られているのを発見! ボディが百円 窓ガラス1枚50円ですからもう買うしかありせん。 

 休車になり棚の隅に放置されているキハ28をボディ交換で再生を試みました。





  先ずは、パーツの確認から始めヘッドライトレンズがそのまま使えることがわかりボディ、窓ガラスパーツと旧製品の屋根 床下機器 台車を合わせて 車体更新をする事にしました。


 はじめにガラスパーツを並べて違いを確認します。




  新旧製品のパーツを比較しながら削り出して行きます、今回は客用扉の小窓がないタイプでしたので 下まで伸びている箇所をカットしましたが、小窓がある場合は床板の窓ガラスと干渉する部分をカットするようです。





 現物合わせで床板を削りながら車体を嵌め込みます、意外と簡単にできました。





  
これはキハ58 用ですが、屋根板はリニューアル品に比べ横1mm長さも10mm弱短かく水タンクのあるキハ58 についてはニコイチにした上で、0.5mmの角材を屋根板側面に貼り付けてリニューアル品に合わせましたが、これでは勿体ないのでキハ28については、プラ板を使い長さを伸ばすこととしました。





  試しに鉄道模型コンテスト特製品のボディを載せ替えてみたものですが、問題は無いようです。
そんなわけで、キハ28を2両 キハ58  1両の車体更新の完成です。





  ところでスターターセットの車体を見たら新規ボディなんですね 台車をエアサス付きにしてキハ57なんていいなぁ~ なんて考えちゃいますね。
それでわ~
  1. 2019/08/05(月) 22:23:26|
  2. 鉄道模型(車両)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

おまけコーナー・2019年7月号

こんばんは。しなのさかいです。




つい最近になって通うようになった近所の「山田うどん」がなんとびっくり、リニューアルされまして、お気に入りだった1980年代のサービスエリアの雰囲気が消えてしまいました。
いわゆる〈プチリニューアル〉なんですが、マスコットも立体的になって気合十分のようです。
とはいえ、オーダーを取るシステムが手書きの伝票のままでしたので、経営マインドはそう簡単に変わるものではないと見ました。
こういうこだわり(?)、大事ですぞ。




再び更新までに時間を空けてしまいました。
申し訳ございません。
趣味活動は十分に取り組んでいるものの、車両と地面の二方面に手を出しているため、週末の活動を振り返ると「自分は一体何をやっていたのかしら?」となることが多く、更新に躊躇してしまう、そんなパターンを繰り返しています。
お伝えしたいことはたくさんあるのです。


その中から「車両」のほうを少しだけ。



今さらですけどね。
カトー謹製 あいの風とやま鉄道521系を2箱入手しました。
521系が好きであるということと、第3セクターの車両なのにデザインが美しいということで発売以来頭の中で気になっていて、そろそろ市場から消えてしまいそうな感触を持って中古店と近所の量販店とで2箱!

「あいの風ライナー」は2両編成らしいのですけど、御構い無しで4両編成としてレイアウト上をぶん回しています。
隣の列車は気にしないでください。



もう一つ「車両」のほう。
トミックスがワム80000形の「中期型」というニッチな製品をリリースしました。
今週末に店頭で見かけたときは「あーそういえば…」と失念していて、慌てて3箱を入手。
前回品は確認したら5両持っていたので「まあまあその辺で良かろう」という目分量です。





左が今回の製品で、右が従来の製品。
側面扉のレールの短さだけでなく、軸間距離の違いもキチンと再現されていてニンマリ。
レイアウト上に時代を示すアイコンとなり、ローコストで有効な製品と言えます。





屋根の色にアクセントが加わって、面白くなりました。
「タンタンタン…」と刻むリズム、カーブ区間に馴染む二軸貨車ばかりの国鉄チックな編成。
「どうせ再生産するなら、バリエーション展開で」ということなのか、トミックスはユーザーの心理を分かっているようです。
本来ならカトーの仕事であるような気もしますが、もうそんなことはいいです。
メーカー推奨のTNカプラー0396〈自連SC〉に換装しましたが、レールの上での連結はもはや不可能でしょう。
それだけ固いので御注意。

その後、今回のワムは早々に店頭から無くなったようで、危うく買い逃すところでした。



話題を変えます。



仕事の帰りに寄った中古店で、いわゆる「エサ箱」に入っていたバスコレを3台手に入れました。
1台数百円という手頃な値段は多くのユーザーに見向きもされないことの証なのか、ここ数日の間ウォッチしていましたが、ずーっと売れ残っていたと思います。

で、この3台は全て、松本電鉄バスの通称「赤バス」というそうで、調べてみるとこのバスコレ、事業者限定2台セットの片割れ「いすゞBU10K」なんだそうです。
ペアを組んでいたアルピコカラーの方は、中古店へ持ち込んだ方がキープしたんでしょう。





カトーの「バス営業所」にはプロトタイプ的にジャストフィットでありまして、レイアウト上の時代設定、舞台設定としてもおあつらえ向き。
なによりもこうした古い時代に合うバスは、バスコレでは展開されなくなりましたから、エサ箱から持ち帰ることには大変な合理性があると考えます。

事業者限定品だからか、塗装、印刷もビシッと決まっていて、とてもいい買い物をしました。
それにしても、こういうビジュアルは和みます(笑)





レイアウト上の温泉街は、建物類の構成に少し変化があります。
近所の量販店でジオコレの「温泉街小物2」を見つけて、そのうちから「共同浴場」をカトーの「出桁造りの角店(右)」の後ろに配置してみました。
角店の土台パーツの庭部分はトリミングによりカットしています。
共同浴場の後ろにはこれまでの源泉やぐらを置きました。

また「小物2」には小さい「源泉減圧塔」が含まれていたので、これをジオコレの「温泉宿A」の横に置いて、視覚的に温泉街のボードであることを強調してみました。

これにより、温泉街セクションの大まかなパーツは決まりました。
今後はちまちまとアクセサリーを配置しながら建物のリペイントに進みましょうか。
電柱も立てなければなりません。





「温泉街小物2」には観光案内所も含まれていました。
駅前に置いてみましたが、なかなか雰囲気が良いですね。
もう少し使いみちを考えてみます。



□ □ □



今週末には「どうせ買い物が少ない秋くらいの発売だろうから…」と安心しながら予約した蕨方面の某セットが急に店頭に出るそうで、カトーのJR四国2000系の発売とほぼ同じ時期になってしまいました。
軽くヘコんでいます。
蕨方面の発売スケジュールはどうなっているんでしょう???


最近は再び蕨方面にも目を向けるようになりました。
ではまた。

  1. 2019/07/22(月) 22:00:00|
  2. 鉄道模型(車両)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ