しなのさかいの駅前広場

細かいことばかりでよく分かりません。

新しいサウンドカードたち

おはようございます。しなのさかいです。




この週末は、所用により少しだけ信州方面へ出かけてきました。
これにて当方の「繁忙期」は終了で、普通の模型生活に戻ります。

小淵沢付近がちょうど紅葉の見頃のようでした。
そこよりもさらに数百メートル高い富士見高原の風景はすっかり「冬」だったので、上から下に向けて紅葉の範囲が移動していることがしっかりと分かりまして。
関東平野もそろそろ、でしょうか。



Nゲージ界隈ではトミックスの221系が大きな話題となっているようですが、当方はスルーしてしまいました。
カトーのリニューアル品でもう十分ですし、もちろん転落防止ホロがないスタイルでも持っておきたいところですが、当方にとっては登場時の短いスカートのスタイルで「新快速」の運用に就いていた姿の方がベスト。
それだけでなくて、4+2で「大和路快速」というのも良きですね。
のんびりと待つつもりで、そうやって取捨選択していかないと、そろそろ模型部屋が爆発すること間違いなし、という結論です。
インレタ貼りが面倒なのも大きな要因で、カトーが製品化してくれればありがたいんですけど(どうでしょう?)





そんな話題を片目で見ながら、カトーから新しいサウンドカードが発売されたので、都会の模型店で引き取ってきました。

今回は無難で渋めのラインナップ。
当方の所有車両群との親和性も高く、この先に活かせる投資となるような気がして、容赦なく買ってきました。





ただ、その中の「205系」だけは謎。
211系とのダブルネームとするなら分かるんですけど、今回はそうはしていない。
さすがに今のカトーの205系を生産し続けても…という気がしていて。
長年この趣味を続けていると、こういう電波にセンシティブになるんですよ。
よろしくないですねー。





差しました。





「キーン」という高音が混ざりながら、11両のコキ50000を牽いた列車が走り出しました。
模型人間としてはホッとするひとときです。





こんな鉄道シーンもそろそろ過去のものになろうとしています。
過酷な運用の連続であるDF200もダメージが相当なのでしょう。
「引退」という足音が聞こえてきたようです。


ミニチュアとして目に見える形で残すことを重視しながら、リアルな音を添えることも選択肢として提供し続ける。
このカトーの「遊び方の提案」はどこか狂気地味ていて(褒めています)企画発表当初には完全に惹かれてしまいました。

そして2014年12月、カトーが毎月のように買いたくなる車両を発売していた最中に「サウンドボックス」もドカンと発売されまして「えいやあ」と。

2014年12月28日「 KATO サウンドボックス」

その発売当初からカトーの音へのこだわりを応援し続けていて、今では複線用に2台持ちとなっています。
10年経っても第一線で遊び続けられているんですから、お金の使い方としてはまずまず…でしょう。









(おまけコーナー)



何やらまたまた印刷。





うーん、少し違うなぁ。





悩みながら、貨物ホーム前に置いてあった木材の山に程よく着色してみました。





こんな感じかな。
ま、いいか。


ではまた。


スポンサーサイト



  1. 2023/11/29(水) 09:00:00|
  2. 鉄道模型(車両)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

「細い糸」を「太い線」に

おはようございます。しなのさかいです。




「復活でございます」なんて言っておきながら、再び更新までに時間を空けてしまいました。
本当にすみません。


当方は、週末の2日間で自由時間を確保できなければ、ほぼほぼ「その週の趣味活動はゼロ。また1週間後」っていうことになる生活を営んでいます。

で、そのとおりになると無気力のまま月曜日の朝を迎えるのですが、今はそんなパターンを繰り返さなければならない状況です。
平日の帰宅時刻は20時過ぎ。
片道1時間半の通勤ですから、もうクタクタのグダグダでして、平日の夜は何も手をつけられません。
それでも、昨年12月からの線路の敷き直し作業は毎晩強行したんですけど、やっぱり失敗の連続だったよナと。


現在「子育てのラストスパート」の真っ最中です。
11月が終われば、きっと遊べる日々が戻ってくるでしょう。




ということで、持ち時間の視点からNゲージ趣味との距離が微妙になる中で(幸いなことに?)待ち望んでいる新製品も皆無ですから、ますます日常から模型趣味が蒸発しかけていて、我ながら「このままではマズいなぁ」と思うのであります。

こういうときの気持ちのつなぎ止めとして機能するイベントが、毎月行われるメーカー各社の新製品発表だったりするわけですが…
最近はその機能を期待することも難しく(飽くまでも当方にとってです)。


各論で語ることができる段階はとっくに過ぎているような気がしています。
今は総論でしか評価できないですよね、各社の「新製品」って。

そもそものハナシ、毎月怒涛のごとく知らされる「新製品」が新製品であるとの共感がユーザーに広がっているかどうかが疑問でして、各社において新規金型の製造を避ける傾向は、もはや誰が見ても明らかです。

そしてその傾向は、上昇する価格設定の動きとリンクしているようにも見えます。
つまり、いつのまにかNゲージ車両の新製品っていうのは、価格を見直した上での「再生産」が主となってしまっている。
気のせいかな。

それでも一応「新製品」ですからね。
新しいメッセージは発信されるんです。
けれどもこれがまた微弱な電波なので極めて伝わりにくい。

「アソコをコーしました」
「へーそうなんですか。スゴいですね」
「あの時代、ココはコウだったんですよ」
「イヤー、今まで知りませんでしたよ」
「そのときの証拠写真がこれです」
「ヒェー、これではリニューアルしないとですね」


なんていう近視眼的な対話がイメージしやすくて「あそこの風景って1/150でも再現したいですよね」といった大括りな電波はもう飛んで来ないのでしょう。
企業活動として“とにかく今はアウトプットし続けることが重要”と総括されているのかも。


もちろん当方は一人のユーザーですから、企業方針、活動に対してどーのこーのと注目する気など(もはや)なく、これまでどおりにアウトプットされた企画や品々を淡々と受け止めています。
その結果として、以前のように買い物を披露するような気持ちになることはここしばらくない、という状態となっているに過ぎません。





当方を含めて、今でもNゲージ趣味を続けられている方々のリアルな日常が気になる毎日です。

「買いましたよ」
「私も買いましたよ。イイ模型ですよね」
「この模型を手にすると、あのときの思い出が蘇ってきます」


月イチで繰り広げられていたコミュニケーションが懐かしい。
かつてのように、重みのある「新製品」を触媒にしてユーザー同士がつながることが難しくなっています。



だからです。
「買いたいもの、なんかないかなぁ」と毎月のお小遣いの充当先を探していたりしませんか?
この捜索活動は「自分で『欲しい』と思うことにする」という本末転倒なことのようにも見えますが、実は他者とのリンクを復活させようとするユーザーとしての苦しみの現れなのかもしれませんよね。

今は簡単に善し悪しを判断できることではない、難しい問題です。





鉄道模型趣味は一人でやれてしまう趣味だけど、でも潜在意識としては他の同好者とのつながりを求め続けているもの。

だからヨソの人の買い物とか、その人の模型部屋の様子とかが気になるし、ネットがない時代は雑誌の記事、近所の模型店での井戸端会議でその欲求を満たすことができていました。

この「つながり」を求める潜在ニーズを見出して“細い糸”を“太い線”に交換できる発想が商いとして現れるとよろしいのですが、話題のハブとなれる模型店はほぼ全滅、レンタルレイアウトという業態もその代替としては機能しきれていないようです。
今見ている「新製品」にその役割が担えていないことも改めて付け加えておきましょう。



あらあら、無駄に長くなってしまいました。
今回はここら辺で。
ではまた。


  1. 2023/11/16(木) 09:30:00|
  2. 駅ノート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

秋になりましたね

おはようございます。しなのさかいです。




すっかり秋になりました。
関東平野では、紅葉の見頃は12月上旬にシフトした気がしていて、それまでは貴重な1か月を楽しむこととしましょう。
「暑くない季節」がだんだんと短くなっているようで心配です。



再び1か月も更新することを忘れていた当ブログですが、理由はいつものとおりでして、レイアウトの手直しに明け暮れていたことによります。
製作途中を記事にすることが苦手…っていうことは既に何回もお話していますよね。
本当に申し訳ございません。

昨年12月からは、ずーっと線路の手直しをしていまして、9月から10月にかけては、よせばイイのに駅モジュールのそれを全交換していました。
今回の交換をもって、駅モジュールに敷設した線路は、レイアウト建設当初から数えて4th generation に当たります。





パッと見では以前と変わらんとです。
が、当方にとっては大きい変化を得られています。
どういうことかと言いますとね…





こういうことなんです。
ユニジョイナーから金属部を抜き去り、その上にフレキシブルレールを。

フレキシブルレールの側面には「ガイアマルチプライマー」を塗った上でタミヤのNATOブラウン(ラッカー)で塗装。
塗装作業は、道床に差し込む前に缶スプレーで行いまして、エアーブラシで吹くときよりもやや塗膜を厚めにしておきました。
ユニジョイナーにもプライマーを塗った上で同色を吹きつけています(こちらはエアーブラシ)。
これで経年劣化による塗膜のパラパラ剥がれの心配はゼロ。

長いレールを差し込んだ後、その踏面は「ゴッドハンド神ヤス」の10000番でテカテカに磨いてしまいました。





継ぎ目を極力なくしたレールは当然ながら踏面の反射がつながって見えますし、列車が上下に挙動せずに走るようになります。

そして、神ヤスを当てても(レールの段差での)引っかかりが大幅に軽減。
したがって、レールクリーニングの頻度も抑えられそうで、これらはトータルで精神的に大きな安定感をもたらしてくれます。

ポイント部など一部のバラスト投入箇所も、そのまき方も再チェックして、ユニトラック上の枕木の端ギリギリまでとするようにリニューアル。
まいた後はエアーブラシで着色し直し、見映えの向上を図りました。






最近はスマートフォンのカメラの性能が見劣りしないせいか、いつの間にか「カメラの小型化」が成し遂げられた感があります。

この結果、カメラの目線が比較的自由となり、1/150の世界でも実物を見ているようなローアングルでの撮影が可能となっています。


一方、この結果の副作用として、車両の舞台となる線路、その見栄えが気になるようになりました。

直線につないだはずなのに継ぎ目で角度がつくほどに曲がっていたり。
何故か上下に波を打っていたり。
丁寧に撒いたつもりのバラストが線路の側面、枕木の上に盛り上がったままボンドで固着していたり、なんていうことも…ありますよね。

車両をセットアップする前に、こうしたことに気をつけて見るようになったんです。





任意の場所に車両を停めても、その手間にレールの継ぎ目が当たらない確率が高くなりました。
これですよ、これ。

皆さんはいかがでしょう。
そろそろ「買うことに疲れた」というコンセンサスが広がり切ったようでもあります。

「もう車両は増やしたくない」
「でもこの趣味は続けたい」

お部屋の狭い広いはありましょうが、可能な範囲で「地面」に視線を転じてみるのも一興ではないでしょうか。
当方は、現在のスペースを確保するまでの間、非常に狭い部屋でモジュールレイアウトの建設を続けていました(一周させることなどできないのに)。


そして何より、こうしたことに夢中になっていると、模型店に行かなくても趣味を楽しむことができている自分に気づくのです。
これ、大きいことなんです。


復活でございます。
ではまた。

  1. 2023/10/30(月) 09:30:00|
  2. 鉄道模型(レイアウト)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

国道7号の旅

こんばんは。しなのさかいです。




ちょっと所用がありまして、津軽まで行っていました。
車での移動なんで基本的に鉄分ゼロですが、こうして駅に立ち寄ってみたりしてソコソコ楽しんだような、そんなところです。

数十年ぶりに奥羽本線・北常盤の駅前に立って、青森から乗った普通列車のことを思い出しました。
大釈迦に停車中のスハ32のトイレから見た線路の記憶がフラッシュバックのように蘇ってきたりしましてね。
自分の人生の中の、ほんの一瞬の出来事なんだけど、一生忘れない記憶になっている経験って誰にでもありますよね。
以来、当方にとってスハ32系客車は特別な存在であり続けています。
カトーから2000番台で出してもらいたいなぁ…



所用が終わった後は、せっかくなんで日本海側を下ることにしました。





秋田市土崎では有名なうどん・そばマシーンを体験。
300円であの味は「お得!」としか言いようがありませんね。
ファンが多い理由がよく分かりました。





そのマシーンの上空100mからみた景色。
線路の撤去が終わっていましたよ。





本荘竜巻(たつまき)簡易郵便局で貯金をしました。
国道7号を南下している途中で偶然見かけた簡易郵便局で、なんの予備知識もなく寄らせていただいたところ、改めて確認するとなんとも強そうな局名じゃないですか。
局員の方からは「よく言われるんですよー」とのお言葉を頂戴しました。





象潟(きさかた)。
1804年の地震で2m隆起するまでは、宮城県の松島のような風景が広がっていました。
「松島は笑ふがごとく、象潟はうらむがごとし」とは、地震の前にこの地を訪れた松尾芭蕉の『奥の細道』の一文。
日本海側の「スケッチ」としては令和の今にも通じる秀逸な表現です。

ここまでが秋田県。





山形県酒田市でも定番スポット「山居倉庫」を見学。

当方にとっての酒田は『おしん』のおしんの奉公先、そして『西部警察 PARTⅢ』第23話「走る炎!! 酒田大追跡」で舘ひろしがミサイルMX-83(ナンダソレハ)を積んだトラ70000に飛び乗った場所として強く記憶されております。
この山居倉庫も、ミサイルの持ち主のアジトでした。





土門拳記念館。





続いて鶴岡市に入って、藤沢周平記念館。





新潟県に入って、笹川流れ。
ちなみに、川ではなくて海なのに「笹川流れ」?
「笹川」とはこの地にある集落の名ですので、そこんとこヨロシクです。





佐渡の山並みに沈む夕陽。


こんなところです。
青森県前から新潟県の出雲崎まで日本海側を一般道で南下し、往復の走行距離は約1,700kmでした。




訪問した土地の模型店には立ち寄れませんでしたが、ブックオフ等の模型コーナーには都合5店寄ることができました。

でも、収穫はゼロ。
珍しいモノは確かにあったんですが、旅先では目が効かなくなるものでして、欲しくなくても手を伸ばしがちなんですよね。
冷静になるように努力して、結局何も買いませんでした。
これで正解だと思っています。

こうしたお店の模型コーナーだけでは推し量ることは無茶ですが、東北地方の市場規模は決して大きくはなさそうで、逆に関東地方のそれが大きすぎるのかもしれません。



何を書いているんだか分からない稿となり申し訳ございません。
つまるところ、とりあえずの生存報告でございます(^^)

ではまた。



  1. 2023/09/30(土) 23:50:00|
  2. 駅ノート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

もう一度、近鉄10100系。

こんばんは。しなのさかいです。




いきなりですが、今回はカトーの近鉄10100系〈ビスタカー〉ですね。

11年前に室内灯を取り付けたときに「難しい」と申しまして、実際にそう思い続けていましたが、この度「LEDクリア」に交換するために再び分解してみたところ、案外簡単に取り付けられたので、そのついでにレイアウト上を走行させましたよっていう些細な話です。
よろしくお願いします。

室内灯は、単に車体をひっくり返しながら(ユニットが落ちないように)取り付ければ良かったようで、大きな反省点がありました。





後輩の30000系(立石謹製)とのすれ違い。

実際にはこの仕様の10100系とのすれ違いはないはずですので、スカートが付いて2階建車の裾が紺色となった全盛期(晩年?)仕様での再発売が期待されます。
ていうか、2007年の発売時からそうした要望は大きいんですよ。
もちろん、私鉄電車の原形仕様は必要だと考えている人間なので、これはこれでアリです。


ただ、再生産、再発売で問題となりそうなのは、平屋車に入れる室内灯プリズムで、いわゆる「クリア」のものではライトユニット本体に干渉するような気がします(飽くまでも「気がします」ということで)。

あいにく旧LED室内灯のプリズムは流通していませんから、2階建て車と同じように専用のプリズムが必要かもしれませんね。
そんな気づきがありまして、今回はその旧LED室内灯のプリズムを存置させました。
明るさに問題はありませぬ。

余談ですが、カトーにおかれましては、室内灯のプリズムだけを流通させてくれると、短くなったプリズムとのペアでは使えない手持ちのユニットを再利用できて助かるんですが…





昭和30年代の〈カッコよさ〉が観察できる。
私鉄特急の趣味的面白さはそこに(も)あると思っています。
曲面を多用したボディ、湘南電車のような正面の塗り分け、151系のような突き出たライトケース、などなど。
当時の流行はおおよそ取り入れられている、のかな。







「VISTA CAR」のロゴ、特に「S」をポイントとしたデザインを見ると、模型としての所有欲も満たされてしまいます。
ルーバー付きの蓋なんか、メカニック性が濃くて。





「レジェンドコレクションNo.3」。
最近Nゲージを始めた方にはよく分からないカテゴリーとなっていることと思いますが、ちょっと前のカトーでは、歴史に残る車両を特別なパッケージで製品化していて、それはそれは楽しいものでした。

このシリーズが2017年にNo.9(東急7000系)を発売した後に途切れ、かれこれ6年は経とうとしています。
もうこのシリーズの再開はなさそうなので、バックナンバーを楽しむ段階に入ったと言えそう。

でもまぁ、それもそれでイイじゃないですか、ね(^^)





あ、C編成のパンタを上げ忘れました(^^)

2007年に発売されてから16年。
この間、あまり走らせることもなく眠らせていたかもしれません。
これじゃダメですよね。
集電性能も優れているようで、とても良く走行してくれます。
室内灯も明るくなったので、しばらくはレイアウト上の主力列車として走り回ってもらいましょう。











(おまけコーナー)

最近、各方面をパトロールしている中で、鉄道模型趣味との付き合い方、Nゲージ趣味との付き合い方をリセットしようとしている諸先輩方をチラホラ見るようになりました。

特に、今までどおりのお金の使い方を立ち止まって考え始めている方が多いようで、かつてこのブログで取り上げてきたテーマともシンクロしています。

もちろん直接的なトリガーは、模型店に並ぶ商品の価格の高騰ぶりと企画のチープさを巡るそのバランスの悪さだと思いますが、よくよく気持ちを察すると「買えない」という次元を通り越しているようなんですよ。

なんと言うのかな、「数を増やすだけでは豊かな気持ちになれないかも」と気づき始めたと言いますか。



鉄道模型趣味って、学生時代を終えて社会人になれば、大抵は自宅で1人で楽しむ(しかない)趣味となってしまいますでしょう。
それ故に、趣味生活に新しい刺激を求めて模型店へ足を運び、お金を何かに換えてそれを自宅へ持ち帰って、自分の中に何らかの新しいインパクトを加える。
こういうサイクルが何年も続くと、そのうち「遊べていない」と気づくようなんです。

持ち帰ったモノを上手く消化できていない、持て余しているようなんですね。
でも、その閉塞感の突破口は「再びお金を使うこと」に見い出そうとして…


難しいことを申しました。
「今後、鉄道模型はゼロ円で遊ぶべし」なんて言っているのではありません(そこは誤解なきように)。
ユーザー各人がそれぞれに、自分が今までにしてきた「お金の使い方」に違和感を持ち始めている、そんな胎動を感じ取っている次第です。

もちろん違和感を持ち始めるキッカケは、昨今の新製品などを見て、ということなのでしょうけどね。


これ以上進むと長くなりますのでこの辺で。
あー、また今日も新しいポスターが。

ではまた。




  1. 2023/09/14(木) 19:00:00|
  2. 鉄道模型(車両)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9
次のページ