しなのさかいの駅前広場

パトレイバーのある風景…

1212年から届いた説法

こんばんは。しなのさかいです。


ここ2年くらいで鉄道模型の新製品がお通夜のようなラインナップになってしまった、と繰り返し嘆きつぶやいていますが、「つまらなくなった」と言われているのは、何もこの世界だけではありません。
「テレビ番組」もその1つでありましょう。

とはいえ、まだまだ味わえるプログラムを編成しているのが「BS」だと思っています。
近頃は、番組表で「ドキュメンタリー・教養」というジャンルを検索。
すると、BS方面にタイトルだけで興味深い番組を見つけることができます。
そうしたときは、とにかく録画予約をするようにしています。

特に「よくできているな」と思うのが、日本の各地を独特な視点で掘り下げようとする番組たちで、そんな中でも、NHK BSプレミアム『新日本風土記』の完成度は高いようです。
地域を見つめるまなざしに尊敬の視点が含まれていて、騒騒しいBGMもなく、CMナシ・60分という長い尺をちょうどよいものとしています。
放送局や番組制作会社だって世代交代はあるはずなのに、こうしたDNAが受け継がれていることは興味深いこと。
ちょっと頼もしいですよね。
そういう「危機」と言われて久しい業界においても「大丈夫」と言えそうな部分はちゃんと残されているのです。

その一方で。
大丈夫かな、鉄道模型の世界。
「一部のマニアに受ける製品」という割り切り方で古い列車を企画しているようでは絶望的ですけど。
1/150スケールのパトレイバーが出てくるというニュースだけで、その状況は察することができそうです。






ついこの前のことですけど。
ジャングル方面からカトーの新型コントローラー「スタンダードSX」が届きました。
もちろん専用アダプターも一緒に、です。

この「SX」の製品化が告知されてすぐ、それまでの入門機であった「スタンダードS」は手放していました。
あの巨大なAC-ACアダプターが代替できないというところに不便を感じていたことが唯一の理由。

レイアウトに据え付けない、フリーな状態のコントローラーは何かと必要だと思っていて、ここんところ欲しい車両も見当たらないことから「そろそろ手に入れるか」と思ったのでした。





走行性能は様々な方が解説していますから、そちらに委ねるとして、デザインがチョット退化したようで残念に感じました。
「スタンダードS」の方が、直線的なデザインとパネル部全体を覆うシールから、高級感があったと思います。
この「スタンダードSX」は、ネジのモールド(つまりウソのネジ)が施されるなど、トイっぽさが強くなりました。
それも乳幼児のトイのよう。
「口に入れても安全」とかいうノリで。
スターターセットに入れる上ではアピール力があるんでしょうが、どうなんでしょう。





さて、新しいコントローラーを手に入れたのですから、車両のように箱から出して見てニヤけるだけではなんともアホです。
こんな風にストックしてあるユニトラックをかき集めます。

内訳は以下のとおり。
S186 6本
S62 1本
S62F 1本
C243-45 8本

ストレートレールをS248ではなくS186としたところがポイントです。
カーブレールをC243としたのは、多くの車両の通過可能最小半径だから(そりゃそうです)。





レールだけではありません。
単線架線柱も。
これもレイアウト工事で使った余りです。
試行錯誤を繰り返していますから、どんなレール、アクセサリーにも一定の余剰品があるのです。





お座敷運転派には常識でしょうか。
ユニトラックのレールには、クギを打つ穴を囲むように架線柱の土台を差し込む凸部が2つあり、お座敷でも手軽に電化路線を楽しむことができるようになっています。
長年この趣味をやっていますけど、この凸部のお世話になるのは初めてかもしれません。





ダイニングテーブルに敷いて、単線電化路線が開業しました。
ストレートレールをS248ではなくてS186とした理由の一つは、架線柱を立てる間隔を少し狭めたいという狙いがあってのことでした。
ローカルな味を出すには、このくらいの間隔がちょうどいいでしょう。







走らせる車両はもちろん飯田線シリーズから。
緩いなぁ。






暑い日々が続いているので、200Vの冷房が効いたリビングでスローな運転をすることは、ある意味「緊急避難」です。
冒頭でお話ししたような番組を見ながら、のんびりと風景を想像して脳内旅行をするのもいいもんです。








…と、ここで終わりそうですが、そうではなかったりします。
運転が終わったら「お片づけ」をしなければなりません。

少ないレールは、百円ショップで見つけた箱に収納します。
箱の長さは20㎝程度。
S248ではなくてS186を選んだ理由の二つ目はここにあります。
あんまり長いと収納しづらくなるのです。





コントローラーも箱に入れて、車両ケースも二つくらいは入りますから、このように。





こうしてポポンデッタで仕入れた、黄緑色の怪しいバッグに収納しました。
「こんな気持ち悪いグッズ、需要はあるんかいな?」と思っていたら、自分が買っていました。
まあ、そういうこともありますから、許してください。
でも、運転会に持っていく勇気はありません。


「鉄道模型の運転」という遊びから遠ざかると、「このままでいいんだろうか?」と思うことってありますよね。
人それぞれに楽しみ方はありましょうが、鉄道模型の普遍的な価値である「運転」ということについては、誰も否定などしないでしょう。
カトーから発売されている「スターターセット」、トミックスから発売されている「ファーストセット」には、そうした鉄道模型趣味のコアなアンサーが含まれていると思います。

バッグに入れて、少しはテンションを上げて、たまには手軽に気楽な運転をしてみますか。
レイアウトを建設しながら、こんなスタイルを併せ持ったっていいじゃないですか。



□ □ □



数か月前のことですが、当ブログの特別顧問から『方丈記』の世界を教えてもらいました。
恥ずかしながら当方、今までこの書き物を「日本史の中のイベントの一つ」としか認識しておらず、何を書いた文章なのかさえ、きちんと理解していませんでした。
歴史を趣味にしていながら、そんな程度の知識だったのです。

ヒントをいただく内に「今の自分ならば読めるかも…」と思うようになり、教えてもらった翌日には本屋へ向かっていました。





こうした古典は、丁寧に解説が付いた文庫本でいくつも出版されているのですね。
しかも、そんなに分厚くない。
値段もLED室内灯クリア1個分くらい。
ほんの数日で、引き込まれるようにこの2冊を読んでしまいました。



さて、その『方丈記』ですが、当方のようにご存知ない方に中身をお教えすると…
平安時代末期の京の都を襲った安元の大火(1177)、治承の辻風(1180)、福原遷都(1180)、養和の大飢饉(1181)、元暦の大地震(1185)を、盛らずに適度な描写で記録した随筆です。
そして、これらの都市型災害(人災)を京で直に体験した鴨長明が、自分にとっての住まいの在り方を導き出し、住居哲学へと昇華させる流れとなっています(こんな感じでよかったでしょうか)。

都会で暮らす人々を襲う災害の描写は、まるで近年の日本で起こった出来事を想像してしまうように記録されているため、今でも災害研究の対象ともなっているように聞き及んでいます。



鉄道模型の話をしながら、何故に『方丈記』なのかは皆さんのご想像に委ねることとしましょう。
かく言う自分も、どう説明したら正確にその関係性を伝えられるのか、自信がありません。

ただ一つだけ言えることは、鴨長明が気づいた「無常なこと」との向き合い方は、現代の世界に見られるいろいろな「無常なこと」に対しても当てはまるし、我々は現代のそれらに対応していく術も持つことができるのではないか、ということです。
この書き物にはそんなヒントが落ちている気がしました。
今の鉄道模型の世界で感じられることは、その中の1例だということなのでしょう。
「無常なこと」に対して、自分なりのアンカーを地面に打ち付けなければなりません。




『方丈記』の脱稿は1212年。
巻末に「建暦の二年(ふたとせ)、弥生のつもりごろ…」と記されていることから、まずはその年の3月下旬で間違いないようです。
その年に放たれた価値観、説法が今の世でも通用してしまうところには、ただただ驚くしかありません。






さりげなくリビングの片隅に置いて、次の運転会まではおやすみなさい。
こじんまりとした、マイ・ファーストセットといったところでして、巨大なレイアウトを作り続けている反動とも言えます。


本来なら貸しレイアウトへ車両を運ぶためのバッグらしいのですけど、当方の使い方はあくまでもインドア。

しかしながら、家人からは既に不気味なものとして見られており、レイアウト部屋へ持ち帰ることになる日はスグにやってきそうです。
1212年の長明さんなら評価してくれそうな気がするのですが。


ではまた。

スポンサーサイト
  1. 2018/08/15(水) 22:00:00|
  2. 駅ノート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

山岳モジュール、いろいろ進行中。

おはようございます。しなのさかいです。




台風が近づいているとはいうものの、関東平野も厳しい暑さは絶賛継続中であり、集中力を必要とする模型趣味人にとっては開店休業状態に追い込まれている日々です。

もはや模型部屋にこもっていることは出来ず、休みの日なのに日中はリビングでボヤーっとしている時間の方が目立つ有様。
自分の時間を大切にすることができていません。
なんでもいいから、とにかく前に進まなくては。


そういえば、カトーの189系「あさま」(小窓編成)の発売が9月末へ飛んでしまいました。
先に発売されたグレードアップ編成と同じように、グリーンのペンキ文字で車番を印刷してしまったようです。

確か“小窓編成”というのはアコモデーション改造をされないまま、グレードアップ編成と同様の外観にしたものだったと記憶していて、車番も銀色ということだけではなくて「切り文字」のままだったはずです。
既に発売されている今月の雑誌の広告には、そのおかしな状態で撮影されていますので、興味のある方はどうぞ。
出荷日にアナウンスされたエラーだった訳で、一部のユーザーの手には渡ってしまったようです。
一度手にした模型をメーカーへ送る作業って、虚しいものですよね。





故にこうして、そんなに高い必要性を感じないEF63 1次形だけが、意味もなく唐突に入線しました。
「手元にあるロクサンの数は…」と数えたくもない、そんな感想なんです。





その代わりに大活躍しているニューアイテムが、サウンドカード「飯田線の旧型国電」。
ファン待望の吊り掛け駆動モーターの音が収録されており、あの重厚な音がボルテージを上げていく雰囲気(まあ本当にそうなのですが)を楽しんでいます。

カトーが放つ「世界」を感じ取れるアイテムは、とうとう、こういう“カード”にしか見られなくなったようです。
1/150パトレイバーとかに金型を使っている場合なのかなぁ?
カトーにしかできないことをカトー自身が見失っているみたいで痛いです。





さて、レイアウトのことを少しだけご報告しておきます。




山岳モジュールの左側コーナーボードです。
7月の間にクランプフォーリッジ(ライトグリーン)を貼りまして、おおよそ「それらしく」なりました。
線路の下の法面にも同じクランプフォーリッジを貼り、こんな風に真横から見てもニヤけることができるように。

法面の下の水田と農家の表現はこれからだし、レールとバラストへの塗装もこれから。
コンクリートのウェザリングもこれからです。





この角度から見る構図は、地形をデザインしている段階で繰り返し何度もチェックしたもの。
この位置から見て、トンネルの抗口まで見えるようにしたかったのです。

カントを付けたR447のカーブは単線風に仕立てることができ、複線区間ばかりの当レイアウトにこういう撮影ポイントを1つくらい設けておいたのは正解だったようです。





その隣、山岳モジュールの中央に位置する1200㎜直線ボードには当ブログ開設当初、内線にデッキガーター橋をかけていました。
さらに数年前に外線に対してスノーシェッド、その下には「隠しヤード」をこしらえるリニューアル工事を施工したことも既にレポート済みです。

今回は、デッキガーター橋を支える「橋脚No.5」を、昨年カトーがカーブ鉄橋と同時に製品化・発売した「単線鉄橋用 円錐台形橋脚No.5」に換装させる企みを進めています。

友人であり、良きアドバイザーであるキハ181つばささんから「あそこの橋脚は土木的には円柱形でないと川の流れ、水圧に逆らっており、非常に危ない」との指摘を受けており、その通りだと思っていたのでした。
そんな話題を二人で持っていた頃に、ふさわしいカトー製品が登場。
いよいよレイアウト全体の完成の姿が見えてきたので、それならやるかと決めました。
水面の表現を一部やり直さなければなりませんが、もうここは勝負です。
もうパーティラインを丁寧に消してサーフェイサーも吹きましたので、勇気を出してやってみます。





山岳モジュールの3つ目、右側コーナーボード。
ここは、一度離れた内線と外線が再び複線間隔33㎜に戻る部分でした。
当レイアウトでは、自然の風景を重視して、なるべくストラクチャーを置かないこととしていますが、このボードだけは例外で、コーナーの内側をチョットした温泉街としています。





温泉街の背景を基礎的に緑化し終え、とりあえずは見ていて楽しくなるレベルまで持って行きました。
路面はタミヤのテクスチャーペイント。
細かいディテールを施す段階となりましたので、手持ちのアクセサリー箱をひっくり返すタームへ進めそうです。
取り急ぎ電柱を立ててイメージチェックをしてみたいですね。





というわけで「なんだよ、完成なんてまだまだ先じゃねーか」と言われそうな予感も持ちながら、今回の報告はおしまいにします。
自分としてはストイックにレイアウト全体に施す作業は「終わった」と感じています。


「レイアウトに完成ナシ」という言葉はその通りだと思いながら、やはりそれは一旦レイアウトを完成の域に持って行ったモデラーが、さらなるグレードアップを施すときの、余裕を持った言葉ではないかと。

当方はまだそのレベルに達していませんので、そこへ行けるよう日々精進するのみです。
人生に残された自由時間って、あるようでないのですョ。





早く人形とか、看板とか、そういう細かい部品を置いて、細かいところをウェザリングしたりする休日の過ごし方を迎えたいなぁ。
そんな休日に、味わい深い車両の新製品が発売されたりすると、それはもう至福の時間ではないでしょうか(笑)


ではまた。


  1. 2018/08/07(火) 08:00:00|
  2. 鉄道模型(レイアウト)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

KATO 119系 飯田線・クモユニ147 飯田線

こんばんは、しなのさかいです。


ほぼ1か月間、更新を止めてしまいました。
毎日訪問してくださっていた方々にはお詫びの言葉も見つからず、ひたすらに申し訳なく思うばかりです。

更新が途絶える前に、その要因をほのめかしていましたので、ご想像もできていたかと。

① レイアウトの緑化工事ばかりしていた

これです。
決して鉄道模型をやめた訳ではないのです。
むしろその逆で、同じ工程を全てのモジュールに同時に施して、サボりグセのあるレイアウト工事を本気で前進させようとしていました。

そして、こうなる背景としては、

② 猛暑のため、レイアウト部屋から山パーツを取り外して、エアコンの効いた部屋でちまちまとフォーリッジを接着していた方がいい
③ 話題となる車両の新製品が発売されないので、だったらレイアウト工事を進めていた方がいい

という2点が挙げられます。
こうした閉塞感のある近況は、ひょっとしたらNゲージ・ユーザーである皆さんも同じではないでしょうか。
鉄道模型店、ホントに行かなくなってしまいました。





その閉塞感を打ち破ってくれるのか…
カトーから久しぶりに「新製品らしい新製品」が発売されました。
119系 飯田線が登場です。
すっかりペースが落ちてしまった“飯田線シリーズ”のリリースはかろうじて継続。
なんとかしてもらいたいですよね、今のカトーのラインナップには。





仕様としては文句のつけようがありません。
射出されたボディはエッジもはっきりしていますし、側面窓の形状、大きさも適正かと。
印刷した表記類、ドアレールもにじむことなくクリア。
そしてシルバーシートが懐かしい!(そうでした。こういう印刷は施されていなければなりません)。





現代っ子には理解しがたいであろう、運転台と中間車妻面の連結。
3両セットでは、こんな味わい方も楽しめるようになっています。





前面部を観察。
ブラックアウトされた窓まわりはガラスパーツへの印刷で、スカイブルーのボディとの隙間は何にも目立たなくなっています。
201系のそれよりも「合い」は向上しているようです。
銀色のワイパーもずれることなく印刷。
もはや定番となった運行番号表示器が備わっており、当時の時刻表とニラメッコして楽しめるようにもなっています。
ライト類の大きさも適正と言えましょう。

もちろんクモユニ147も入線させています。





165系との列車交換。
こうやって並べれば、飯田線の風景が広がっていくわけです。
鉄道模型で遊ぶ上で、忘れてはいけない方向性だと思うのです。





今回は3両セットと2両セット、それからクモユニ147を2両、という選択にしました。
クモユニ147には、湘南色の電車たちとのコラボもできるという、ちょっとした遊び方がありますから、とりあえず2両にしておこうという判断です。





Nゲージ市場としては、長期間の活躍となったアイボリーのJR東海色の方が需要が高そうなところに、あえてスカイブルーの登場時、国鉄仕様をぶつけてくるところがカトーの説法のようで心地よいのです。
旧型国電、165系、そしてED62たちとのつながりを考えれば確かにスカイブルーの姿の方がよい訳で、これはつまり「飯田線の全体を味わうべし」ということなんですよね。


グリーンマックスの板キットから始まり、2000年頃には同社製の完成品が登場。
この完成品は下回りがトミックス製ということで、走りには問題がなかったのですが、ボディには反省してもらわなければならない点がいくつかあり、結局は手元に置いておける車両とはなり得ませんでした。

その後、マイクロエース製品が登場。
もちろん発売日に飛びつきましたが、側面窓が大き過ぎて、JR東海色の「湘南帯」とのクリアランスがキツキツ。
サイドビューが明らかに破綻していました。
1週間も経たずに巣立っていったと記憶しています。

こうした不遇の歴史を重ねて、ようやくカトーの飯田線シリーズに救われた決定版的119系ですから、今後も他の飯田線の車両と共に、大切にしていかなければなりません。





初夏の空の下、単線カーブを駆け抜ける119系。
さわやかなスカイブルーの新性能電車が、旧型国電の時代、そして国鉄時代の終焉を告げにやってきました。
気がつけば、1980年代も懐かしむ対象になっている訳で。

119系の背景の山に変化がありますけど、その辺りは近日中にあらためて。

再起動です。
ではまた。

  1. 2018/07/30(月) 18:20:00|
  2. 鉄道模型(車両)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

フォーリッジにもいろいろあるのです

こんばんは。しなのさかいです。




もう7月です。
記録的な早さで梅雨が明けた関東平野。
例年なら子どもたちの夏休みがやってくるあたりですとか、銀座松屋の鉄道模型ショウの頃に梅雨明けが宣言されているのに、それが6月末に早まった訳ですから、そりゃあ事件です。
今年の夏が長くなるということに覚悟しなくてはいけません。



さて、当方からの更新は久しぶりになりました。
昨年の11月にもこんな「大穴」を開けまして、そのときに猛反省したのですけど、またやってしまいました。
でも、この後に書きますけど、ちゃんと趣味活動はやっていたのですぞ。


6月は、Nゲージ市場全体が停滞ムード一色だったようです。
目新しい車両の模型はほとんど発売されず、したがって近所の量販店をパトロールする機会もめっきり減りました。
昨日、ふと女房殿から「土日にパトロールをする機会が少なくなったね」との指摘があり、見た目にもそうなのだから、やっぱりそうなんだろうなあと改めて自覚しました。





ですから、今月の新規導入車両は禁断の「鉄コレ」。
これだけ(笑)

伊豆急行100系シリーズだけは保険的に書い続けていて、今回も店頭で「買いたくないんだけどねー」と店員氏に話しながら、とても消極的に手にしました。

今回の勝率も「5割」といったところでしょうか。
サロには信じられない溶剤のこぼし跡があり、相変わらず“鉄コレクオリティ”は健在。
今回の目玉である両運転台クモハには、塗装後に付いた傷もあり、こちらは「クリアーを吹いたらリカバリーできるかしら」と考えたり。
なんでこんなことばかり考えさせるシリーズなんだろうと。
件のダミーレールは付属しなくなりましたけど、価格が下がることはなさそうで、結局のところ価格が上がったんでしょう。
なのにクオリティはそのまま。
これまでのAセットやBセット、低運転台セットと合わせて、ボディがマトモなやつだけで編成を組成させるつもりです。

どうも、グリーンマックスvsマイクロエースという“裏番長対決”が続いて、そこに鉄道コレクションが参加するという、119系のような流れです。
カトーが終止符を打ってくれれば助かるのですけど、もう無理かな…




とまぁ、車両に関してはテンション下げ下げの6月となりました。
しかし、こういうときはレイアウト方面へ進むことが当方の定石。
6月は緑化工事ばかりやっていて、それなりの成果が出てきています。
今回はそんなお話。





ウッドランドシーニックス製のクランプフォーリッジは、樹木キットに封入されるだけの、手にしにくい素材だと思っていたら、これだけの分量が入ったやつがありました。
勉強不足でした。

80年代に「ライケン」だけで自然の草木を表現していた世代にとって、フォーリッジクラスターやクランプフォーリッジはとても使いやすく、また再現性も豊かだと受け止めています。
いろいろな素材が発売されても、当方は結局のところコレ一択という感じ。





アンダーコート・アースを塗っていた地山に木工用ボンドを塗って、クランプフォーリッジの粒を1つずつ置いていきます。
クラスターの大きい固まりを置くと、その影が大味になってしまいますので、小さい粒を密集体形で置いて、繊細な影を得て山の表情を細かく豊かにしています。
樹木の形をした物体を置き続けなくても、なんとなく山林のイメージが得られますよね。
選択したカラーは、今のところ明緑色のみ。





こうしてクランプフォーリッジを接着した地山には、スポイトでボンド水溶液を垂らして、フォーリッジ(つまりスポンジ)に十分に染み込ませ、数日かけて乾燥させます。

こうすることでゴツゴツした手触り感のある山になりますが、ホコリがフォーリッジと絡みにくくなり、掃除機で表面を吸い取ってもホコリだけがキレイに無くなってくれます。
フワフワ感を維持したい方には不要な工程ですので、スルーして読んでください。





マイクロエースの伊豆急リゾート21EXを2両だけ置いてイメージチェック。
コンクリートの擁壁や線路には、これからウェザリングを施していきます。
まずは全体的な完成を目指さないといけません。





地山への植林、というかグランドカバー施工は山岳モジュールの方へ移るとして、そろそろ並行して水田の表現を始めます。
水を入れたばかりの頃の水田が好きなので、タミヤの情景テクスチャーペイントで再現した土の上にグロスポリマーメディウムを塗布してみます。
どうなることやら。
失敗したら笑ってくださいまし。


ではまた。


  1. 2018/07/02(月) 18:30:00|
  2. 鉄道模型(レイアウト)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ワイヤレスのススメ

 



線路際の住民です。


トミックス初の20系なんですが 、今少し丸味があっても良いのではないかとおもうのですが…





カトーのスマートコントローラを早速購入し色々と使って見ました、

スタンダードSと違い操作感が無く 戸惑う事も多かったのですが、慣れて来ると我が家の様な御座敷レイアウトでは、色々なポジションで動かす事ができる為に寝っ転がりながら走らせ 気がつくと居眠り運転をしていたり…
 

こうなると サウンドボックスのスピーカーから離れる事も多く 出来れば耳元で近くで鳴らしたいですよね!





スマートホンから音が出る事が理想的ですが、とりあえず サウンドボックスのLINE OUTにBluetoothトランスミッターを接続してヘッドホンに飛ばします。





一言で 素晴らしい! もう 夜間に遠慮なく汽笛を鳴らせます。 



但し ヘッドホンがスマートホンと同期し易く先にトランスミッターてヘッドホンを同期させてからの方が良いようです。


 最近は、毎日の様にハマってます。





耳元で音を聞きながら この角度で見ると まさに至福のひと時です。 



出来れば、スマートホンでポイントコントロールが出来ると最高なんですが、今後の展開に期待したいですね
  1. 2018/06/22(金) 17:46:35|
  2. 鉄道模型(車両)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ