しなのさかいの駅前広場

十津川警部…!

飯田線パズル



 線路際の住民です。

開放ピットレールで車体を下から見上げると
台車が剥き出しになる様はまるで検修庫に居る気分、
直ぐに売り切れるワケです。



  このところ 鉄道模型を弄る時間が
取れないのですが、空いた時間で飯田線シリーズの
assyパーツを組み合わせて ナニか出来ないか調べると
クモハ50008が目にとまりました。

  クモハ51200のボディを見ているうちにクモハ42009の
床板とPS13パンタグラフを装着する為 クモハ53000屋根板を
組み合わせるとクモハ50008らしくなりました。

 窓枠・ドアの形状が異なり タイプになりますが、
飯田線旧型国電の最期まで残った同車らしい雰囲気を
漂わせてくれます。

1両毎に違う個性の強い飯田線旧型国電で特定の車番で
作り上げると言うよりも雰囲気を再現する事で楽しむのもアリでしょう。

そのうちに製品化されたりしてね!
スポンサーサイト
  1. 2017/03/19(日) 07:28:48|
  2. 鉄道模型(車両)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いまこそちくま(その2・完)

(その1からつづく)




前回は12系+20系 急行「ちくま」の、その客車たちと戯れました。
今回は、その牽引機に触れておこうという、そんなライトなお話です。

この列車の牽引機としては、EF64が挙げられます。
カトーのEF64(0番台)は、2000年前後に相次いで前期形と後期形が製品化され、トミックス製品しか存在しなかった市場にはそれなりの歓迎を受けたと記憶しています。

しかし、その似顔絵にはどこか引っかかる点が多く、「どうも気になる」という感覚のまま年月が過ぎていきました。

そして。
とうとう2010年にトミックス製品がフルリニューアルを遂げるんです。
こちらは実車に近い表情をしていたので、当方もこれを「ちくま」の牽引機にしようと考え、複数のバリエーションのうち4次形を買い求めました。





しかし、そのまま何もせずに月日が流れます。
2社でリアルタイプカプラーの仕様が異なるため「さて、どうしようか」と考えてしまったのでした。
今さらアーノルトカプラーというのもナシですから。

そこで「ちくま」との戯れをきっかけとして「かもめナックルカプラー」に交換することにしたのです。
検索すると様々な事例が紹介されていることに気づきまして、今回はその中から「鉄道模型FAN」さんの記事を参考にさせていただきました。





加工は、トミックス JC61を分解して、カプラー本体を「かもめナックルカプラー」に交換するだけです。
この際「かもめナックル」は、根元の上部の角を斜めにカット(又は削る)。
カットは、ほんの少しだけで大丈夫のようです。





その後は、JC61の「下パーツ」にカプラーの根元を入れて、んでもって「上パーツ」で挟み込んで、おしまい。

カプラーの根元をカットした理由は「上パーツ」の一部がカプラーの根元に干渉してしまうためで、干渉するとカプラーが上に向いてしまうのです。
ほんの少しのカットでカプラーはきちんと水平になりました。





12系客車との連結でチェック。
なんの問題もありません。
「こんなことならもっと早くやればよかった」と反省会を開催しました。





それでは、夜の運転会です。




もちろんカトーのカプラーですから「車間短縮ナックルカプラー」を取り付けたナハネフ22との相性も問題なし。
この角度から見るEF64とナハネフ22の組み合わせが好きなんですよね(大阪行になってしまいますが)。





自作ガスタンクの横を走り抜ける「ちくま」。





真夜中の夜の駅に進入する「ちくま」。
ロクヨンのLEDの色に不満があるのは我慢するとして、そのナンバーパーツとボディとのつながりが雑なのは、今でもトミックス製品の及ばないところだと思うのです。





そうでした、大阪・名古屋間を牽引したEF58は、浜松機関区の受け持ちだったそうです。
なので、こいつにも一回りしてもらいました。

ダイキャストがずっしりとた重みを備えていて、ひと昔前の機関車製品のような集電を見せつけてくれるカトーのゴハチ。
フルリニューアルを求める声が止みませんが、基本的な構造はこのままでも良さそうな気がしています。





青20号と青15号とのコラボレーション。
座席と寝台の共存、移動サービスの選択肢が存在することこそ、往年の急行列車の証と言えるでしょう。
皮肉なことに、近年は夜行バスにそんな傾向が見られるようになりました。
結局のところ、庶民の移動手段に係る需要については、半世紀前と比べてもそんなに大きな変化はないのかもしれません。
要はサービスの設定価格とその背景にある真実の問題なのですね。





中央本線ブームの中にある2017年。
そして、客車急行シリーズが充実しきっている2017年。
こんな今を考えると、2006年に発売されたこのセットは、時代を先取りした企画でした。

AU13クーラーをきっかけに、忘れそうになっていた中央西線の脇役を、もう一度ステージに上がらせた遊び方。
今だからこそ、面白みがあると思います。

再生産されるとしたら、カトーのEF64はどんな姿となっているのでしょう?
そんなことを想像しながら真夜中にフル編成をぶん回した運転会でした。




(おまけコーナー)

2006年に「ちくま」セットが発売された後は…。




時は流れて2012年。
国鉄時代のED76もカトーから製品化されました。
さらに下って2016年には、14系500番台 急行「利尻」セットの中でスユニ50が製品化。

ED76があるのですから、この「ちくま」セットを使えば、1970年代末期から1980年代にかけて九州島内を走り回った「かいもん」と「日南」を再現することができます。
そして、スユニ50は「日南」のシンガリにも使える…。
これはやるしかない!





急行「かいもん」到着。
九州ワイド周遊券を片手に、赤い機関車と青い客車を宿代わりにして島内を遊び回った方も多いのではないでしょうか。





それにしても、スユニ50をナハネフ22に連結した「日南」を見ると、当時の国鉄は20系客車を「寝台車」という機能性のみで捉えていたようで面白いですね。
20系の流麗さを完全にコロした連結スタイルで、そういえば東北にもこんな雰囲気の編成が見られました。
今でいえば、スロネフE26の次にコキが連結されているようなモノかも。


もしも、こういうゲテモノセットが製品化されるんだとしたら、ナハネフ22のライトユニット下にはオンオフスイッチが入るのかなあ。
なーんて、そう考えると夜も眠れなくなるのでした。


ではまた。


  1. 2017/03/18(土) 10:30:00|
  2. 鉄道模型(車両)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

いまこそちくま(その1)

おはようございます。しなのさかいです。




最近は、鉄道模型業界を意識したような、重みのある特集を組む雑誌、あるいはムック本の発売が続いています。

そのうち『J-train』No.65は、自分の手元にある客車たちを見直すイイきっかけになりました。
最近の同誌では、葬式っぽい特集を組むときが多々あり、そんな号には見向きもしませんでしたけど、たまにこうして資料性が高い特集を組むときがあります。
ネットの情報が溢れている今、雑誌媒体に対しては、こういう内容にしか財布の中身の対価を感じなくなりました。
みなさんはいかがでしょうか。





客車に興味が向いたので、少しいたずら。

先月末にカトーから発売された寝台急行「つるぎ」は、ASSYパーツにも使い途があり、当方はその中から座席車の床下パーツを仕入れました。
スハ43の床下は300円、ライトユニット入りで集電バネ入りでもあるスハフの床下は600円ですから、パーツの大きさに反して「お手頃価格」です。





これらは、リニューアルされたときに単品販売されたスハ43とスハフ42の床下パーツと交換しようというねらい。

ご存知の方も多いでしょうが、なんとこやつらは(このときだけなのでしょうか)座席パーツが茶色だったのです。
茶色いボディの方はニス塗りかもしれないと考えてそのままにするとして(予算もありますからね)、青色のボディの方6両はこの機会に交換します。
最近は魅力的な機関車が製品化され続けているので、鈍行列車を編成するとなると、何かと「サッ」と出せる単品たちの出番が多めです。
室内灯も取り付けていますから、車内の色に違和感があると、どうもいけませんでした。





室内灯を点灯させても車内に違和感がなくなりました。
これでスチームが出ていれば最高なんですが、これらの客車は2000番台なんで電暖ですな。
先ほどの雑誌の表紙のようにはいきません。

パーツ名から読めるように「能登」や「八甲田」のときに発売されたASSYパーツですから、その当時に施工すれば良かったのに。
そう思いながらようやく違和感を無くしてホッとしました。





さて、昨年のカトー・リニューアル版165系ではAU13クーラーが新規製作されました。
このパーツは従来から使われているAU13と同じ取付構造となっているため、完全な互換性があり、このことは総本山からも度々発信されています。

以前から興味があるASSYパーツでしたので、まずは12系客車のクーラーから交換しようかなと思ったのです。
それでもカトーの12系客車はバリエーションが豊富であり、当方もほぼ全てを持っています。
その中で優先順位をつけて、まずは急行「ちくま」の12系客車の屋根上をリニューアルすることとしました。
単一カラーの屋根上がクーラーだけライトグレーになり、簡単にグレードアップさせることができました。







ついでに、この急行「ちくま」セットを振り返りますと…

2006年に発売されたこのセットは、12系と20系の混結編成を再現しており、その時期は2009年末に発売された客車急行シリーズ第1弾・急行「能登」セットのだいぶ前になります。

今から見れば、客車急行シリーズのご先祖様となりますが、その当時としては、20系客車のバリエーション展開という位置づけだったようです。

1980年代からのロングセラー製品である12系客車は、車掌室側にホロ付が付いて貫通扉のHゴムが無くなったスハフ12と、車掌室窓を50系客車と同じ窓にして小型化したスハフ12-100後期形をぶち込んでくるという、とても意欲の高いセットでした。





12系客車だけではありません。
20系客車(ナハネフ22、ナハネ20)にも客ドア横にサボ受を再現するという凝り方。
このボディは「ちくま」の他に使用された記憶がありません。
少しもったいない気もします。





ナンバーは実車どおりインフレ。
ちなみに1000番台は12系客車の電源を使えるように改造したやつで、2000番台は1000番台の間に入れて使うやつ。
したがって、後者はナハネ20しか存在しません。





ナハネフ22には、当方の標準工事である車間短縮ナックルカプラー(黒)です。
12系との併結改造を施された20系は、1980年代半ばから上部のクリーム線が省略されてしまいました。
このセットでは、まだ省略されていない頃を再現しています。
20系客車はこうでないといけません。





12系と20系の併結列車については、記念すべき『Nゲージマガジン』No.1にこんな記事が掲載されていました(確か『プレイモデル』にも同じような記事がありました)。
この当時、鉄道旅行に行けるか行けないかというギリギリの頃だった自分は、誌面に見る国鉄末期の“掟破り編成”にとても魅了されていました。




なので、その当時。
この記事に触発されて20系客車を切継加工したんです。
確かこれは2作目で、意外と「サクサク」切れるボディだったと記憶しています。
こんな風にして、鉄道少年だった頃のおもひではポイントを押さえて持ち続けています。
いわゆる骨董コレクターではありませんが、あくまでもポイントを押さえて、です。




(おまけコーナー)



『Nゲージマガジン』は1984年から約30年間、半年スパンで買い続けました。
『プレイモデル』の再編集版である『NゲージBOOK』No. 1~No.3もその当時に買いましたし、数年前にマガジンがNo.64で休刊となって『Nゲージファインマニュアル』へ移行してからもフォローしていますから、30年どころではないことに驚き。
SIN企画さんには、今後も頑張ってもらいたいです。



雑誌の特集に触発されて、ASSYパーツを買って、そんでもって「ちくま」。
機関車が出てきていないので、もう少し続けます。




  1. 2017/03/16(木) 08:10:00|
  2. 鉄道模型(車両)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

KATO 521系(2次車)

こんばんは。しなのさかいです。




土曜日は、下の娘の学校行事で夕方まで小学校にいました。
11年間に及ぶ小学校とのおつきあいも、あと1年程度となり、そろそろゴールも見えてきまして、土日の半分が潰れることについても「まあ、仕方ないか。あはははは」というふうになりました。
そんなことを考えながら校庭で見た3月の夕陽だったのです。

さあ、3月ですよ。





カトーから「北陸本線シリーズ」として(?)、JR西日本・521系(2次車)が発売されました。
JR東日本・E127系、JR九州・813系と続いていた「地域を走る列車シリーズ」の復活と捉えてもイイかもしれません。
さらには、番台区分を漏れなくカバーしている313系もその流れと捉えられそうです。





ところで2月分はすっかり予約を忘れていて、危うく前回の「つるぎ」と同じように買い逃すところでした。

火曜日の出荷だったので週末まで数日待機する買い物になると考えていたら、週末を待たずして都心の販売店では軒並み「在庫なし」。

「え、これも週末まで店頭在庫が持たないの?」

金曜日の夜に仕事から帰って、自宅からタッチアンドゴー的に緊急出動したらセーフ、というトホホなてん末は「良い子はマネしないでください」。
どこも店頭分を置きたがらない傾向にあるのかな。そんな気がしています。

予定どおり2箱を引き取ってきました。





今回の521系は、イマドキの電車なのに蒸気機関車に見られるような「機能性の美」を備えていることが目玉で、先頭車の左右に取り付けられた転落防止ホロが否応なく目立ちます。
落成時点での取付は3次車からですから、この2次車はとても不幸な転落事故を受けてから後からの取付。

ユーザー取付対応の別パーツであるこのホロは、難なくサクッとハマりました。
運転台下のJRマークと「G21」という編成番号は、ガラス裏ではなく運転台パーツに印刷されています。





223系5500番台タイプの顔を正面から見てみます。
この転落防止ホロがついた顔を「変なスタイルだなあ」と思っていた頃もありました。
しかし、今となってはホロが無い方が物足りなく見えたりしています。
そうです。人間の目は慣れていくものなのです。





2箱としたのは、もちろん4連にしたいがためだからです。

ところで、今回は「増結セット」が用意されていないので、M付の2両セットを重ねて買うことになります。
同じものを2つ、というのは一見不合理そうに見えますが、実はこれはこれで合理的なことでして、何が合理的かというと、片方の2両セットを「中間の2両」に専任させることができるということなんです。

この521系の先頭部はカバー表現がなされたダミーカプラーで、先頭部同士を連結するには、付属するボディマウントタイプのカプラーに交換する必要があります。
さらには、件の転落防止ホロは中間用に短いモノも用意されています。
したがって4連に仕立てるときには、いちいちカプラーを交換してホロを抜き差しする必要があります。
これはこれで面倒なことです。

だったら、車番が同じことを活かして、4連に組成したときには必ず中間の2両を担う車を用意しておけば、2連に戻すことも自由自在、というわけ。





だからね、今こそ「ヘッドライト専用化基板」なんですョ(笑)
気になる赤ラベルの導入を、この転落防止ホロがついた521系の発売まで待っていました。





これを、ササっと各車の床下にあるライト消灯スイッチと交換して、グッと奥まではめ込みます。






これで前進後進を問わず、中間部分で向き合った先頭車はどちらもヘッドライトを照らすようになりました。
なかなか面白い仕掛けですねー。
683系と289系にも施工してみたくなりました。







その他、クハの屋根上機器と方向幕。
このあたりは、カトークオリティそのまんまですから、良い意味で「いつも通り」です。
シルバーの塗料も粒子が細かくて、綺麗に塗られていました。
妻面付近に225系のような意匠が見れて、なるほどそういう時期に誕生した車両かとも。

なお、客窓の高さに位置するボディのグレー塗装(印刷)は、これもまたいつも通りのマットな仕上げです。
当方は、この仕上げがなされた車両を手に入れるとき、この部分に爪でひっかいたか、あるいは擦れてできたような「跡」があるかないかを注意して見るようにしています。
313系などでもよく見られる塗装です。





それでは寝る前の運転会、スタートです。




今回のすれ違い相手は683系「サンダーバード」。
ついこの前も289系導入記念としてレイアウト上をぐるぐる回っていました(すれ違い相手としては不適切であくまでも記念走行)。
521系の登場でますます稼働率が高くなっていく特急列車でしょう。

そういえば、521系と683系の向きが一致していないかもしれません。当方で気づいていますから指摘しないでください。

山岳地方ですから、湖北から敦賀の間あたり、となるでしょうか。





やはり転落防止ホロの顔にはユーモアを感じるのです。
ガラスにへばりついて、しかめっ面で覗き込んでいる人のように見えますが、当方だけの錯覚か。


現実の世界では、419系3連などから置き換わったときに、2連の521系電車がすし詰め状態になったんだとか。
東北地方に701系が配備されたときにも(ロングシート問題)、西日本でキハ120が走り出したとにも(トイレが無い問題)いろいろとありました。
「地域を走る列車」を巡っては、鉄道会社の「これでいきます」という思いが100パーセント通じる訳ではなく、それぞれの土地の暮らしへの馴染み方、そしてそのプロセスが必要だということのようです。





遺跡発掘調査地点を横目に(もう、そういうことにしちゃおうか)。





最近、地面の工事が進み出した電化直線区間で。
683系の他にも競演させておけば良かったです。






カトー謹製 521系(2次車)でした。
先に述べたように「地方を走る列車シリーズ」の復活のように見えて、自称はぐれ鉄ヲタ乗り鉄派としては頼もしく見える企画でした。
また、転落防止ホロという、スタイル的には賛否両論ある後天的改造仕様をポジティブに捉えた企画でもあったように感じます。

そして、当方から説明するまでもなく、湖北から北陸本線にかけては今でも「特急街道」であることは不動の事実。
これまでにカトーが製品化した特急電車とすれ違う普通列車は、やはりあるべきアイテムでした。
カトーのラインナップも、こうやって普通電車をやるまでに充実した、ということなのでしょう。





真夏の空の下、線路の左右にはどこまでも広がる水田。遠くには日本海ブルー…。
視界を遮るものもない、そんな風景の中を結構なスピードで走る521系を見たり思い描いたりすると、それはそれでいいもんです。
この車両は、銀色の電車ではあるものの、コンクリートの建物の中ではなくて、そんな田園地帯を背景にして見ていたい。そう思えるのでした。

そして今回も、財布の中身と同じ価値が感じられる、いい製品でした。
この趣味では、不満を感じずに買い物をすることは、当たり前のようで案外難しいのです。

ではまた。

  1. 2017/03/07(火) 19:00:00|
  2. 鉄道模型(車両)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

KATO ED70・寝台急行「つるぎ」

こんばんは。しなのさかいです。




カトーから、ED70と寝台急行「つるぎ」セットが発売されました。
根拠もなく「大丈夫かな」と思い込んで予約しないままお店に行きましたが…

「くださいな」
「ED70だけ、もうありませんのよ」

あちゃー、発売から1週間も経っていないのに。
もちろん「売切れ」と言ったって、そのお店の“店頭分”の仕入数によるので、自分で言っておきながら皆さんには「市場全体のことではありませんよ」と付け加えておきますが、まあ、久しぶりに油断してしまいました。
なんでもフリーで“ダブル買い”をするユーザーが多いんだとか。
そういうことかー。

結局のところ、予約数を再精査してもらい、フリーをあと1個出せるということになり、安堵。
こんなことは普段のお店との距離の縮め方によるものと思い、感謝しながら遠慮なく手にさせてもらいました。
それにしても危なかったです。

ちなみに、客車の方は「まだ」大丈夫でしたよ。





まずはED70を見てみます。

驚いたのは模型本体ではなくてポリプロピレン(?)の緩衝材。
ED70の顔と顔から縦方向に挟み込むようになっていました。
軟質系とはいえボディとのこすれで顔にテカリ傷が付かないものか心配です。
引き取ったものは大丈夫でしたよ。
ナンバーは全て一桁なので、文字ギリギリのところまでで成形されています。





そのナンバーパーツをはめて、カプラーを付属のナックルに換装。
そして、あらためてナンバーパーツの合い方をチェック。
はめてしまうと、もう分割線が見えません。
これは賞賛に値します。
設計さんと金型工場さん、すごいですぞ!
トミックスは未だに追いつけていない技術ではないかと思います。





この小振りな機関車が「ス」とか「マ」から始まる重たい客車たちを牽引して山を越えていたのですから不思議。
定格出力は1,500kw。
ED70は1957年から59年にかけて製造されました。

ちなみに1961年からは、北陸トンネルの開業に合わせて定格出力2,250kwのEF70が製造されるようになります。






その重たい客車たちの中で今回の目玉はマユ35でしょう。
ゲテモノ企画がまだ残っていましたネ。

区分室の明かり窓が四角くて、細かく分割された窓と同じように細かく設けられた屋根上のベンチレーター。
極め付けはボディ横に設置された郵便受けです。
ホームから投函してみたかったなあ。

そういえば、このマユ35と同じような雰囲気の客車模型で、かつての中村精密製マユ33がありました。
文献で見ただけのキット製品は異質感がとても強くて、編成例を知らなくても思わず手にしたくなる1両でした(ココ重要)。
結局そのマユ33は手に入れることはできませんでしたが、今回のマユ35で大満足です。
しかも今回はカトーから「つるぎ」として編成例まで示されたのですから、これはセットで持っているべきでしょう。

このマユ35は編成の中間(マニ60の次位)に入りますので、テールライトユニット等は入っていません。
しばらくして気が向いたら、ジャンパ栓が伸びたカプラー台車等と共にどうにかしてみます。





そのマユ35の手前にはマニ60。これが今回の大阪方のシンガリです。
日本海縦貫、北海道用の200番台(2212番)ということで、基本的には「大雪」セットのときに起こされた200番台(245番)と同じ。
番台としては電暖仕様ですけど。
ただし屋根上には新たに煙突が設置されました。
よーく見てみると、ベンチレーターとは異なるパーツということがわかりますよ。





もう1つ。富山方のシンガリであるスハフ42は、原型プレスドア仕様のブルーで。
旧製品を見ているような感じがして、違和感が全くありません。
バリエーションを増やしたいユーザーはASSYを狙うのでしょう。





そしてスハネ30。
特別企画品の「音戸」セットのときに起こされたスハネ30は今回、やはり電暖仕様の2000番台となりながら、寝台標記が「寝台」から「B寝台」へ。
こんな重々しい外観でありつつも「B寝台」と称されるリベット付の青い客車は、なんだか全てにおいでチグハグで、妙な興味が湧きます。
それにしてもエッジとハイライトが効いた繊細な窓枠がホンモノっぽくて素晴らしいですよね。旧型国電などを含めて、最近のカトー製品で非常に酔える部分です。

そういえば先行したマイクロエース製スハネ30は手にしたことがありません。比較するとどうなんでしょうか。





ところで「鉄道ピクトリアル」No.778 2006年8月号は2か月にかけて「スハ32系」を特集した、その後編でした。
ここにスハネ30を使用した列車に関した稿が載っているんです。
意外なのが(単に当方の勉強不足ですが)、このモデルのスハネ30は1956(昭和34)年に落成(厳密には初代スハネ30→オハ34からの復元再改造)した形式であり、車内を10系寝台に準じた内装にしているということ。
その前年にはナハネ11の新製が打ち切られたとのことですから、3等寝台の需要が高まったことが背景とはいえ、10系寝台客車の新製後に落成したという事実は知ってみると唸ってしまいます。
しかも、外観が戦前のスタイルなのに、中身が10系寝台とほぼ同じとは。
「遊園地のビックリハウス」みたい。
こんな歴史にスハネ30への親しみを感じてしまうのでした。


また、今回の「つるぎ」編成がスハネ30を組み込んだ列車としては最晩年の頃に当たるということもよくわかりました。
この紆余曲折のある寝台客車は、高度経済成長期の夜行列車を演出するには欠くことのできない存在のようです。




それでは、家族が寝た後の運転会です。




デッキガーターの上を轟音と共にやってくる交流電化のトップバッター。
緩やかな傾斜のある前面が、小型機関車をさらにかわいらしく見せている。そんなED70です。





平野部を快走!





数か月前に先行して発売された20系「日本海」と並べて、北陸本線の真夜中の鉄道シーンを演出したつもり。
「つるぎ」は荷物室の連結位置から大阪方に向いていることになるので、ナハネフ20ではなくてカニ21とすべきでした。





ホームには束の間の静寂。





そして出発。
マユ35の明かり窓が自己主張しています。





ということで、カトー ED70・寝台急行「つるぎ」でした。

冒頭でお話ししたとおり、今回はED70だけを手にして離脱するユーザーもいらっしゃるようです。
マイクロエース製品があったとはいえ、製品化が待ち望まれていた機関車ですから、そのような買い方も理解するところです。

しかし、どっちみち単機で走らせることもないのでしょうから、どうせならカトーの提案どおり「つるぎ」編成も揃えてしまう方が後腐れなくてイイのでは。
ASSYパーツ組み立てで客車を2、3両求めてしまうのならなおさらです。
当方はそんなことを考えて、提案にのってみることにしました。
不勉強な頭でも、確実にその当時に共に存在した客車たちを従えることで、ED70が活躍した時代を正確に感じることができますから。


ED70と同じような顔の機関車であるED62の製品化が既にカタログで発表されています。
飯田線の貨物輸送を演出するこの機関車も、ナンバーパーツの合い方が神レベルだと思うと、楽しみになって仕方がありません。





7両もつながるスハネ30。
屋根上の長いドームが延々と連なります。
幅広ではない車内で3段寝台。さぞかし狭かったでしょうね。


ではまた。


  1. 2017/02/28(火) 23:00:00|
  2. 鉄道模型(車両)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10
次のページ