しなのさかいの駅前広場

ユートピアもモーターなしのままでしょうね

機関区モジュール改築 その3



線路際の住民です

発売された タキ3000の常備駅名が
塩釜埠頭駅でした
なんだか限定感のある標記が、気になります。



さて 接続線路の塗り替えをして気になり始めた 扇形庫の繋ぎ目を プラ板で塞いで見ます。


チョっとした補強柱の様な感じになりました。
そこで 扇形庫を再塗装して見て まずまず 狙い通りな感じです。





扇形庫の再塗装で光沢感が、消えて機関区らしさが、出てきました。
現役時代の扇形庫の画像を見ながら 色々と考えを巡らしてます









スポンサーサイト



  1. 2014/11/20(木) 08:11:19|
  2. 鉄道模型(車両)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<風林火山で鉄分補給2014・秋 | ホーム | 機関区モジュール改築 その後>>

コメント

機関区名を…

つなぎ目の間隔は気にならないようで気になります。パテ埋めだとクラックが入る可能性があり、プラ板による塞ぎ方で正解だと思いました。こうなるとレールの側面も何とかしたいですね。洋白に食いつきの良いプライマーを下塗りに使うのも良さそうです。そして機関区名を…
  1. 2014/11/23(日) 19:37:13 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

プラ板は、思いの外馴染んだ様ですね
機関区に白く輝く線路より煤けた雰囲気が良いでしょう
問題は、通電性の確保です
いっその事 黒染め車輪みたいな線路だったら 楽なんですよね〜
メーカーの皆様 よろしくお願いします
  1. 2014/11/23(日) 19:52:29 |
  2. URL |
  3. 線路際の住民 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sinanosakai.blog100.fc2.com/tb.php/1278-4eae01e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)