しなのさかいの駅前広場

ユートピアもモーターなしのままでしょうね

ローカルホームに灯りを付けてみる

20201130001

 線路際の住民です、暫らく投稿しないうちに模型市場の雰囲気が変わってしまいました。
 日常の業務に追われる中でもそれなりに弄っていたわけですが、カトーのハチロクの華奢ともいえるボデーを
 よく再現できた事は同社の技術力と担当者様の熱意の賜物でしょう。


20201130002


 カトーよりローカル小型駅舎とホームが発売されました、別売の室内照明を取り付ける事が出来る設定で、この照明セットを
 購入してしまいました。

IMGE3359.jpg

 なかなか良い雰囲気であります、この小型駅舎・ホームセットの詳しい事は他のサイトでも紹介されているでしょうから
 ここでは、ここは何とかして欲しかった! と云う事で ホーム照明についてお話して行きます。
 煌煌と灯りのともる駅舎の隣でく暗く沈むホームは何とも異様な光景です、見方を変えれば終車後の駅とも見えなくはないのですが・・・

 IMG3388.jpg

 
 そこで1mmの真鍮板を柱に沿って貼り合わせ 照明キットの基板を取り付け屋根で隠す方法で取り付けてみると想いの他
簡単に取り付ける事が出来ました、当面の電源は我が家で余剰になったKM-1を使います。

IMG3385.jpg


 画像では仮組の状態ですが、 基板をゴム系接着剤で軽く止め 真鍮板はプライマーを吹いた後にマホガニーで着色すれば
 目立たないでしょう。
  しなのさかい様とう~ん配線をどうしようかね~なんて考えた結果 このような形にしてみました。

IMG3386.jpg


 小型駅舎に照明の取り付けが出来るようになったわけですから ホーム照明を考えてもよかったのではないかと思います

 
 え?電柱灯があったらいいねって・・・

 どうすんべえかな~


 
  1. 2020/11/30(月) 18:32:58|
  2. 鉄道模型(レイアウト)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

北海道にはスカイブルーの屋根がよく似合う?

おはようございます。しなのさかいです。

新しい車両を増やすこともなく、この週末もレイアウト工事を進めました。
今回もその進捗状況を報告します。
前回に続いてストラクチャー方面のことになります。




北海道風の直線モジュールの線路際に置こうと考えた「廃墟」風の事務所(グリーンマックスの工場付属設備Aから)。
「勢いがあるうちに」と自分に言い聞かせて、エアーブラシによる塗装をやりました。

屋根はクレオスのスカイブルー、本体はタミヤラッカーのグランプリホワイトです。
窓サッシもマスキングの上でグリーンマックスのアルミシルバーを吹いて終わり。
お手製の基礎部分は適当な調色グレーです。
全てにつや消し処理をしたことは言うまでもなく。
グリーンマックスの窓セルを貼ることなんて数十年間やっていなかったので面白かったですョ。





スカイブルーの屋根にはうっすらとウェザリング(というかウォッシング)。
屋根だけが大事なミッションなので、本体はそのままにしています。

しかしながら、まだ固定すべき位置が決められません。
車両を置きながら、その背景との組み合わせを繰り返しチェックしているところです。
こういうカラーリングの車両と原野の組み合わせ。
これこそが当方にとっての「北海道の鉄道の色」ですよ。





一方、こちらは山岳モジュールの中にある温泉街コーナー(久しぶりです)。

ここにはジオコレの「温泉宿」3種類を使用しているところ、そのうち鉄筋コンクリート造の「B」は、窓サッシの表現がダルいので、全部くり抜きました。
グリーンマックスのストラクチャーのジャンク品からプラント工場の正面板を見つけ、この中に寸法が合いそうな窓の部分(明かりとり窓)を発見。
これを切り取って移植することをミッションにしています。
しかし都合10枚を移植しなければならないため、足りません。
新たな調達が必要になりました。

この窓部分に合わせるように本体のくり抜き部はさらに拡大。
ここまで来たらやり遂げるしかないですねー。





駅の横にある鉄道官舎4棟にもエアーブラシを拭いて、色調を整えました。
この後にはウェザリングを控えているところで、やり過ぎないように注意しなければなりません。
ドアなどへの細かい色差しも細々とやりたいですね。
それと、そろそろ電信柱を立てましょうか。
道路との境界に柵を置くべきかどうかは迷っています(要らないかも)。





北海道風の直線モジュールに戻って、保線員小屋にも軽くウェザリング。
こういうちょっとした、細かい作業は気分転換にもなり、素直に楽しいです。

暑い日が続きそうですが、もう少しやってみます。




この週末はカトーの8620と花輪線貨物列車セット、それから単品のレム5000が入線する予定。
カトーの(バリエーション展開ではない)新しい蒸気機関車は久しぶりでして、楽しみです。

ぬるい企画が続く中で、たまにこんな説教性のあるアイテムが来るのですから、全区間に架線柱を立てる決心はつかないのです(笑)

非電化区間の維持には、強い意志が必要のようです。
これはストラクチャーを置きたくなる気持ちをセーブすることに似ていますネ。


ではまた。

  1. 2020/08/25(火) 09:20:00|
  2. 鉄道模型(レイアウト)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

北海道っぽい風景をメンテナンス!

こんばんは。しなのさかいです。




近くのホームセンターで見た景色から御覧いただきましょう。
相模川の河岸段丘で、近所にも夏らしい景色があることに気づき、なぜかホッとした今年のお盆でした。



いわゆる「外出」をしていいのかどうかさえ分からない不思議な国に住んでいると、気がつかないうちにじわじわと生きる気力を削ぎ落とされてしまうんだなと、最近そんなことに気付き始めました。
仕方がなく自分の中で自主的に出している答えは「家にいる」です。


鉄道模型はとてもインナーな趣味ですから、誰かに「ステイホーム!」と言われなくたって、喜んでそうします(笑)
しかし、だからと言って家にいるだけではダメで、様々な方との交流、肉眼で素晴らしい作品を見る、そして現実の景色を見るといった「フィールドワークとの適度なバランス」の上に成り立つ趣味なのだと、こうなった今、つくづくそう思っています。

だからそうしたいし「そうできないことが問題だ」と結論づけたいところなんだけど、よくよく考えてみると、どうも違う…。
家の外に出ていいのか、ダメなのか、いいとしても、どこまで、どんな形で出ていいのか。
結局のところ「家にいなきゃなんない」ことよりも、いつまで経っても「いいのかダメなのかが分からない状況」が心を蝕んでいるようです。




さて。
酷暑の中、レイアウトの手直しを進めていました。
春頃から取り組んできたレールの張替えは、デッキガーター橋、駅構内と進み、初期に製作した北海道風・直線モジュールに及んでいます。





キハ261の先頭部の下にある枕木。
よーく見ていただくとお分かりいただけるかもしれませんが、ここには、ユニトラックのプラ道床を切断した切れ目があります。
枕木の間隔を均一にしたまま、枕木の際を分割線にすると目立たなくなるというワケなんです。

枕木の左右には道床の立ち上がり部分があり、そこには分割線が残りますが、バラストで覆ってしまえばそれも消えます(笑)





レールをフレキシブルレールにして継ぎ目をなくすことにしましたので、ついでに道床からもユニジョイナーをなくして、スッキリとした外観にしようと考えてみました。

ちなみに枕木の間隔。
どのユニトラックレールも同じ間隔で作られているのだと思っていたら、どうもS248(㎜)と S186(㎜)とでは若干異なっていることに気づきました。
このピッチのズレを上手く利用すると、あらゆる長さでも等間隔に並んだ枕木を再現できます。
お試しあれ。

レールには(毎度のことで)フィニッシャーズのマルチプライマーを塗ってからエアーブラシで着色してあるので、強い塗膜ができています。





この酷暑も利用してしまおうということで、スライド線路もNATOブラウンで塗装。
庭に出て、タミヤのサーフェイサーとスプレー缶を吹いたところ、ほぼ1分以内には乾燥してしまうという実験結果でした。
なのでテキパキと仕事が片付いてしまい、効率よく8本のスライド線路を塗装。

レールは「ピカール」で徹底的に磨き直しました(スライド線路の側面は塗装しません)。
カーボン汚れが酷くて、集電不良を起こしていたに違いなく。

ユニジョイナーは「茶」にチェンジ。





それからですね。
グリーンマックスの「工場付属施設A」です。
久しぶりに同社のストラクチャーキットを組みました。
この中にはプラント工場の傍らにへばりつく詰所のパーツが2枚入っています。
これを向かい合わせにつなげると、ちょっとした事務所に仕立てられます。

この状態で同居人たちに見せたところ、
A「あぶない事務所」
B「犯人が誘拐した人を隠している」
C「クスリの取引場所」
という指摘が相次ぎました。

そんなイメージなら問題ありません(?)

この手のストラクチャー、意外と製品化されていないんですよね。
「どうでもいいストラクチャーシリーズ」、どこかで展開してもらえないでしょうか。






北海道の景色として、線路際に廃屋のように置いてみようと企んでいます。

ボンド水溶液を浸して硬化させたフォーリッジクラスターを敷き詰めているので、このどこら辺かを5cm四方にくり抜いて置いてしまえばそれっぽくなるんじゃないかという魂胆です。
合わせ目を消し、不要な基礎部分をカットして、新たにプラ材で基礎部を再生。
ペーパー掛けとサーフェイサーの吹き付けを繰り返しました。
勢いがあるうちに(近日中には)エアーブラシで塗装してみましょう。





キハ40 100を虫干し。
レボリューションファクトリーのインレタを貼りまくったのも、こう見るとやっておいて良かったかと。





記念撮影のために適当に手を伸ばしたのが、マイクロエースのアルコンです。

北海道の鉄道が一番楽しかった頃。
皆さんはどんな年代でしょうか。





バラストの解像度が上がり、とりあえずひと段落しました。
それにしても「バラスト糊」は粒状感そのままに固着させてくれるし、サクッと使いやすい素晴らしい発明品です。

レールを垂直方向に歪ませないことも目標としたため、切り継いだユニトラック道床の裏には長い工作木材を当ててゴム系接着剤で貼りつけておきました。
真横から見ても列車が上下に動かなくなり、ストレスからも開放されたようです。





レイアウト工事をし始めると更新が滞りがちになりますが、どうかお許しくださいませ。

それにしても、ユーザーの間で共有できる話題がありませんよね。
そんなところも最近の閉塞感の要因となっているようです。

ではまた。


  1. 2020/08/17(月) 19:20:00|
  2. 鉄道模型(レイアウト)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

レールの側面にプライマーを塗布してみた話

こんばんは。しなのさかいです。

前の記事には、皆さんからたくさんの良質なコメントをいただくことができました。
本当にありがとうございました。

こちらとしても新たに考えることが生まれましたし、とにかく模型店での常連客同士の会話のような気がしてどこか懐かしい想いに浸れました。
今後ともよろしくお願いいたします
(^^)





さて、ここ2週間はレイアウト工事をしていました。

当レイアウト、レール側面にはタミヤラッカーの「NATOブラウン」を錆色とみなして吹いているのですけど、御存知のとおりレールは金属(洋白)です。

改めてレイアウト全体を見回すと、塗料の食いつきを良くするために「ガイア・マルチプライマー」を塗ったところと、そうでないところがあり、後者についてはペリッと剥がれ落ちる部分がありましてね(プライマーなしで食いつきが強いところもあるので不思議なんです)。


そこで、剥がれ落ちたデッキガーター橋のレールを、プライマー処理を施しながら入れ替えてみることとしました。





プライマーは、食いつき能力を再考して「ガイア~」から「フィニッシャーズ・マルチプライマー」にチェンジ。
試しに手元にあるジャンクのユニトラックを道床ごと塗ってみたら、犬釘に該当するプラの部分が溶けたので、溶剤としての性質は相当なレベルかもしれません。





したがって、レールを道床から抜いて、プライマーはレールだけに塗るようにしたことを申し添えておきましょう。
プライマーは筆塗りで十分のようです。

塗布した表面には少しだけ粘着性が現れますので、ホコリの付着には注意が必要。
実は、塗り終わってしばらく経ったレール2本を接して置いておいたら、くっ付いてしまいましてね。
ペリッと剥がした跡にはシンナーを含ませた綿棒で軽く伸ばして、それでリカバリー成功でした。
そんな具合です。





当レイアウトにとって、デッキガーター橋はディスプレイ台であり、レール側面の塗装こそ命(笑)

そんな主張はどうでもよくて、今回の作業、以前のデッキガーターの塗り替えをした際にやめていたフレキシブルレールによるロングレール化を再び行おうと決め、それならプライマー処理をキチンとやるかと思い立ったのでした。
ジョイナー部分にレールの継ぎ目がないことを確認していただけたら幸いです。

プライマーの効果は間違いなくあって、例えば塗装後にレール踏面を磨くときなんてそう。
プライマーなしのままだと、踏面と側面のエッジ、つまり塗膜の断面がギザギザになる傾向がありますが、このプライマーを塗布しておくとこの現象がなく、直線状にピシッと境界が現れてくれます。


だんだんとこんな細かい箇所が気になるようになってきました。
これも「レイアウトに完成なし」なのでしょう。
ポイントなどに施すつもりはありませんが、この作業、もう少し進めるつもりです。






(おまけコーナー)



しれっとカトーの117系を御覧いただきましたので、改めて。

今回は幸か不幸かトミックスとの競作となり、後発のトミックス製品が今週末に店頭に並びます。

当方、迷って迷って迷って迷って「両方」という乱暴な結論に達しました。
手元に寄せて自分の目で確かめて、どちらが自分にとって好ましい製品かじっくりと決めてみます。
トミックス製品は、アピールされていた乗務員ハシゴが大変な位置になっていますけど…

それでも結論が出なければ、仕方がない、カトーかトミックスが100番台をやるまで両方持ち続けるしかないかな。





それから。
サウンドカードの221系を差し込んでいませんでしたので、120㎞/h運転ゴッコをやろうと思いながら差し込んで運転してみました。
このカードは大いにハマりまして、アーバンネットワークな着メロを聴きながら、しばらく西日本の風景を楽しんでみた、というところです。


ところで、カトーの221系リニューアル車。
形態や編成からバリエーションを増やすとすると、あとは奈良支所の幌なし・NB又はNC編成(しかないですぞ)。
幌なしの顔、やってもらいたいなぁ。
矢継ぎ早に似たような製品を出されるとキツイとは申しましたが、今のトミックスを見ていると、どうもカトーは早くやった方がいいんじゃないかなぁと。
分かりませんけどね。
大阪環状線ネタが続いているだけに御検討の程よろしくお願いします。





「ゆったりやくも」はノーマル編成のみ。
市場にはノーマル編成しかないのですから仕方がありません。
とはいえ、このセットもとうとう近所の量販店による他店からの取り寄せとなりました。
この〈ノーマル編成〉が存在すればこそ〈パノラマ編成〉が活きるということですから、そろそろ10-1451・パノラマ編成の再生産をお願いしたいですね。

謎のピンクスカートが変態っぷりをアピールしています。





で、今月は「スーパーくろしお」です。

ちょっとした381系ブームの到来。
そして〈なんでも来い〉の大阪環状線ブームの到来でもあります。
381系のような何もないスッキリした屋根ってどこか吸い込まれるんですよ。
「しなの」のリニューアルもよろしくお願いします。


ではまた。


  1. 2020/06/15(月) 23:05:00|
  2. 鉄道模型(レイアウト)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

レイアウト再全通!

こんばんは。しなのさかいです。




今般の騒動、大変深刻なことになっています。
皆さんはいかがお過ごしでしょうか。

当方は朝起きても、仕事から帰っても、土曜日も日曜日も、テレビをつけてニュースを見る習慣が定着してしまい、その分だけ気が滅入る日々となっています。
バラエティー番組なども放送しているようですし、ドキュメンタリー番組などの録画も溜まる一方なのですが、なかなか見る気分にもなれないのが正直なところでして、この傾向はしばらく続くかも。
連日家族全員で話しているとおり、自分の中でなんとかして気持ちを切り替えていかなくてはいけません。




さて、レイアウト作業の話。
ココ半年間はストイックに作業をし過ぎてしまいました。
「走らせながら少しずつ手を加えていく」という方針を打ち立てながら、どこか「いつまで経ってもこの作業は終わらない」という不安があったのだと思います。





そのメインメニューが「木」であることは、以前にもお話ししております。
これはダメ押しで製作したの第7ターム分の18本。
これで本当におしまいになります。
この2週間で最後の戦いに挑んでいました。
と言いますのも…

当レイアウトの最初期に仕上げていた、北海道風の直線モジュールには、ウッドランドシーニックスの針葉樹キットを使っていました。
しかし、このキットはなかなか上手く仕上げられず、ホコリが被っても掃除ができない(おまけにクランプフォーリッジの葉がポロポロ取れる)という弱点が存在していたのです。
そこで、作業を進めるうちに、このモジュールの木も麻紐を使った当レイアウト新標準の木に置き換えようと決めてしまいました。
作業が慣れており、モチもある今のうちに、という気持ちのほうが大きかったですね。





ただし単に「古い方」を抜いて「新しい方」を植えるだけでは面白くありません。
少しばかりアレンジ。
今回は緩やかな丘を作り、その上に木を植えてみることにしました。
久しぶりにスタイロフォームを使いましたよ。
スタイロはモーリンさんのやつです。





この「丘」はユニット方式です。
スタイロフォームの下と背面にはL字状にシナベニヤを当てがっています。
ユニット式にすることで、ここに植える木を手元に寄せてメンテナンスできるようになります。

整形したスタイロフォームをアクリルガッシュの「苔色」で保険的に塗り、その上に木工用ボンドを塗ってクランプフォーリッジのライトグリーンを接着。
さらに木工用ボンド水溶液をたっぷり浸して、カチカチに固めました。
アクリルガッシュを塗りましたけど、そんな地山など見えないように、隙間なくフォーリッジを敷き詰めています。





と同時に、レールへの塗装のやり直しも。
タミヤラッカー塗料の「NATOブラウン」を、あまり希釈しないままエアーブラシで吹きました。
洋白製のレールへの喰いつきもよく、今のところプライマー処理などは不用となっています。
プライマーは粘性もあり、ユニジョイナーの中に侵入してしまう恐れもありますからね。





木を植えた「丘ユニット」を設置。
木は、スタイロフォームを接着する前に、あらかじめシナベニヤ板上に等間隔に穴を開けてありまして、その穴に刺しています。
だから、おおよそ整列した形。

それから、この部分のボードには(もともと5ミリのコルクボードを敷いていたのでこれを剥がして)ユニットが収まるよう、ユニットの大きさと同じ窪みを設けました。
これでユニットがボード上でズレたりすることはありません。

いかがでしょうか、丘で地面を盛り上げたことにより、木の下がスカスカにならなくなりましたょ。
この斜め上からのアングルで車両を撮影することが多く、そのときに意外と木の下が目立つことに気付いていたのです。
撮影用の改造とも言えます。





さて、直線モジュールも手直しが終わり、レイアウト再全通です。
ガムシャラなレイアウト作業により更新頻度も落ちていましたので、ここら辺でガシガシと自宅運転会と行きましょうか。
そう思うと「コレはもう要らないかな」と思える車両が頭に浮上してくるからオモシロイ。
少しばかり処分もしながら、このレイアウトに映える列車を選んでみます。







適当に、適当な車両を置いてイメージチェック。
まぁまぁでしょう。
もともとインドアな趣味なので、こういうときこそ、ですぞい。


ではまた。
  1. 2020/03/24(火) 18:00:00|
  2. 鉄道模型(レイアウト)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

続・常葉針葉樹マスプロダクト作戦

おはようございます。しなのさかいです。




2月に突然湧いた2回目の祝日が三連休を作ってくれまして、その真ん中の日をのんびりと過ごしていたんです。
その夕方。
同居人たちが「お風呂に行きたい」「ほうとうを食べたい」と騒ぎ始め、その僅か2時間後には甲府駅前にいた…という奇妙な話です。
甲府盆地を見たところ、平和な日常の様子でした。



それにしても、鉄道模型に限らずに「趣味」って平穏な日々にしか存在し得ないモノなのだなあとつくづく思います。
東日本大震災の頃に近いと言いますか、気分としてそのレベルになるかどうかの瀬戸際にいる…、そんな気分です。
何気なく送る日常を急に「シャットダウン」しなければならなくなるのかどうか、見えない何かを相手にしているだけに今後のことを知る由もありませんが、暗い影が迫っていることは確かなよう。
困りました。



前回の話題を続けます。





クランプフォーリッジを貼り終えたところを御覧いただきながらリスタートです。
これで完成?
いえいえ。

このままではフォーリッジの粒がポロポロと落ちるんです。
当方はレイアウトの維持管理にはこの「ポロポロ」がストレス、大敵で問題があると思っています。





なので、再び木工用ボンド水溶液にドボンと浸すのです。





引き上げて、ボンド水溶液を含んだフォーリッジを、ビニール手袋をした手で絞って馴染ませます。
フォーリッジは既に固着していますから、ココで水溶液に浸しても溶けて落ちるようなことはありません(ずーっと浸し続けていれば分かりませんよ)。





これを天日に晒して乾燥。
この三連休はよく乾きました(関東平野の話ですが)。





乾燥した後は、そのままでは木工用ボンド特有のテカリが発生してしまいます。
木に光沢があるのはまずいので、色調を整える意味からもつや消しのカラースプレーを用意。
当方は、タミヤエアーモデルスプレーAS-17「濃緑色(日本陸軍)」を選んでいます。
ここら辺はお好みで。





サッと72本に吹いて御覧のとおり。
2缶用意して、ギリギリセーフというところでした。
危なかった。





幹にはボンド水溶液が付着していますので、粗めのペーパーで擦り、それからカッターナイフを垂直に当てて削り落として、その後にタミヤのスミ入れ塗料(ダークブラウン)で着色。
染み込ませるやり方が木の素材を活かした「木」を再現できるような気がしたので、薄めの塗料が合うと考えました。
もう少し濃くても良かったかもしれませんね。
気に入らなければもう1回着色してみましょう。



こういう工程で「木」を大量生産しています。
適度なモコモコ感がありながら、ポロポロと葉が落ちることもなく、植林後の掃除機や再塗装にも耐えられます。

今回の第5タームは最初期に植えた木(ウッドランドシーニックス製の木)の植え替え用に製作しました。
この作業は未着手ですが、ココでは前回、第4タームで製作した数十本の木の落ち着き先を御案内しておきましょう。





これまでカントリーエレベーターの左右には背の低い落葉樹を植えていました。
しかし「背が低い」ため、部屋の壁紙が目立ってしまい、どこか風景が損なわれている気がしていたんです。
かと言って「書割り」で無理矢理背景を作るのも嫌でして。
当レイアウトは書割りを一切設置しない方針です。

そこで1月から、数か月ぶりに大量生産を再開。
今月頭にはガガガっと植えまして、ソコソコ壁紙が目立たなくなりました。
ニュッとした幹が目立ちますが、枝打ちなどで下にも日差しが届くようにと「メンテナンスが行き届いた山林」を想定しています。
そして植林するときのこだわりは、木と木の間を開けないようにするということ。
隣の木と接触してしまっても構わないつもりで、木が密集した雰囲気を出す(木の隙間から向こう側が見えないようにする)ことが狙いです。





「カントリーエレベーターには柵を設置したいなあ」とか、「用水路には跨げるような蓋を数か所こしらえたいなあ」とか、田園風景への憧れ、野望は次々と…
野立看板だってもう少し大きめのモノでもイイかもしれません。
ただしジオコレ製品とかポポンデッタの「727」は似合わない気がするので、ココはじっくりと考えるところかも。


これまでに手に入れた完成度の高い車両を走らせるために、ひたすらストイックにその「背景」を考えて、作り続けています。
しかしながらその我慢も限界(笑)
そろそろ運転を再開させたくなってきました。
イメージチェックにはどんな列車がいいでしょうかねー。


ではまた。

  1. 2020/02/26(水) 08:10:00|
  2. 鉄道模型(レイアウト)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

常葉針葉樹マスプロダクト作戦

こんばんは。しなのさかいです。




徒歩で近所の量販店へ出かけた帰り道。
空気が乾き切った関東平野の夕暮れ時、西の空です。

「不穏な空気」が漂う冬の中、当方からの更新は本当に頻度が落ちています。
改めて、毎日お越しくださっている方々にはお詫び申し上げます。
今回は一度、その理由をキチンと説明しておこうと思いました。





2019年8月 岐阜県にて

当方がレイアウト上に必要としていることは、できるだけストラクチャーに頼らずに、自然なものを設けることで風景を完成させるという視点であり、その中でも「木」は不可欠だと認識しています。
そして「木」には落葉樹と常葉樹があり、日本の風景には後者、特に常葉針葉樹がよく似合うと勝手に想像しています。





2019年8月 岐阜県にて

しかしながら鉄道模型、特にNゲージの世界では、常葉針葉樹を大量に必要としても、カトー(ウッドランドシーニックス)のキットくらいしか製品としてラインナップされていませんで、選択肢が非常に限られています。
さらにこのキット、幹をネジって四方に枝を展開させるということで、どうしても枝振りに不自然な点があり(下手をすると螺旋階段みたいになるし)、時間をかけて仕上げても、貧相な木が出来上がるというイマイチなものでした。
塗装や接着といった面でもこの製品に選択された素材は使いにくさが大きく、植林した後で葉がポロポロと落ちるトラブルも頻発。
製作工程と耐久性には疑問がつきまとうロングセラー品です。

ちなみにですが、ホビーショーでは毎回この点をよく指摘しながら各社さんを回っています(嫌なユーザーです)。
簡単で耐久性に優れた木のキットが欲しいですよ、と。
しかしながらこうした提案に興味を示すメーカーは皆無で、どこか需要を認めたがらない雰囲気が窺えました。
「そんなん、誰が買うんですか」と。
市場としての立ち位置を定めるにはモッテコイの方向性だと思うんですが…


閑話休題。


うーむ、ボリューミーな杉の木を表現できるような、何かいい方法はないものか。
そしてそれは、できれば大量生産を前提とした方法がいい。
昨年の夏頃には自分で方法を編み出すしかないと、そんなことばかり考えるようになり、多くの素材を見て回る日々となっていたのです。

そこでたどり着いた方法…





仕事の帰りに立ち寄った、画材用品を扱う「世界堂」さんにヒントがありました。

ここでは僅かながら工作用木工材も売っていて、その中から4ミリの丸棒を見つけました。
90㎝で140円程度です。
これを15㎝ずつ、6本とするようニッパーでカットします。
もちろん購入した本数は大量ですから、適当な本数で買えばざっと数十本にはなります。

これらを下の娘の勉強部屋に押し入って電動鉛筆削りで尖らせて、さらにダイソーで仕入れた麻紐を用意。





15㎝にした丸棒に麻紐を巻きつけていきます。
木のシルエットをイメージして、また尖らせた先端部には巻きつけないで、先が飛び出るように巻きます。
巻く前に、丸棒には軽く木工用ボンドを付けておくと巻いた紐がズレて抜ける心配もありません。
まぁ麻紐ですから、ギュッとしばると安定感が増すようではあるんです。
何事も念のため、ということで。





で、この形のままさらに木工用ボンド水溶液でじゃぶじゃぶ。
近所のOKストアで買った「栃木レモン」の容器が大活躍しました。
乾燥は約1日というところでしょうか。
麻紐には木工用ボンド水溶液が染み込んでいきますから固着も期待できます。
この段階では新聞紙に寝かせて置いても構いません。
新聞紙はくっつきますけど、ビリっと剥がせばいいのです。
破れた紙がついても問題なし。





木工用ボンド水溶液を浸して乾燥させると、若干飴色に変化していました。
麻紐がガッチリ固着されていて、もはや棒からズレ落ちることもありません。
巻き方にもよりますが、円錐形、三角形にするよりは若干下膨れに巻いた方がいいかなと。





そしてこの木の素材にクランプフォーリッジ(?)を接着します。
素材は数多ありますが、カトーが輸入しているウッドランドシーニックスブランドのコレを選びました。
1袋600円程度。
大袋で販売されるクランプフォーリッジよりはこの小袋の方が粒状感がよかったので、大量に必要としていてもこの小袋を選ぶようにしましたね。
当方では小袋一つで13本は賄えるという法則が見えています。





木の素材には、今度は厚めに木工用ボンドを塗り、そこへフォーリッジの粒を一つずつ埋め込んで、木の外観を構築します。
クランプフォーリッジのプールにドボンとさせてサーっとまぶす方法も考えましたが、全体に均一に固着することは難しく、やはり手で一粒ずつ摘んでスキマを詰めながら貼る方法が良いかと思いました。

また、クランプフォーリッジよりも軽いコースターフのプールに入れて試したところ、満遍なく固着させることはできましたが、スポンジの密度がスカスカなので、この後の工程では葉の表現がどこかペシャンコになってしまい、全体的にぬべーっとした木に。
やはりクランプフォーリッジが葉の雰囲気を再現するには良さそうです。





しかしこの工程が一番面倒で、当方の場合は1本に10分から15分を必要としています。
これをやるために週末の運転は全面休止としているワケなんです。
毎回、毎ターム70~80本を製造しており、今は5ターム目。
週末だけでなく平日の夜も生産ラインを稼働させており、今タームの72本もあと2日程度で貼り終わる見通しです。
これも「買うモノがない」からなんでしょう。
車両もいじりたいけど、その車両を置く背景づくりはもっと必要だろうからと自分に言い聞かせながらせっせと励んでいます。


あ、クランプフォーリッジを貼っておしまい、ではありません。
その後の工程のことをもう少し続けます。




  1. 2020/02/19(水) 18:40:00|
  2. 鉄道模型(レイアウト)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

バラストを茶色に染めて

おはようございます。しなのさかいです。

買うモノもなく、だから義務的に模型店へ行くこともなく。
極めて穏やかな日々を送っています。
なのでココらで久しぶりに当方のレイアウトのことをお話しておきましょう。




年末年始の休みでは、残る駅モジュールと田園モジュールの線路をエアーブラシで塗装してみました。
選んだカラーは、これまで通りにタミヤラッカー塗料の「LP-59 NATOブラウン」です。
調色しながら吹いてしまうと、後から追加塗装するときに不整合が出ますので、こういう「基礎化粧品」は市販品をうまく選ぶ方がいいかもしれません。
駅のホームなどは従来からそうしています。

レールの側面はもちろんのこと、デリケートなポイント部にも薄く吹いて、レールの表面だけが光るようにしてみました。
これでポイントが故障すれば、リカバリー作業が大変なことになりますが、それを気にしていつまでもやらない…ということでもダメ。
ポイント内部にバラストのりが侵入することもなく施工できたはずですので、エアーブラシを軽く吹いたくらいでは大丈夫でしょう。
後は、祈るのみです。

レール側面にはプライマー処理などせずに直接吹いています。
食いつきは案外イケてますし、プライマーを吹いて厚ぼったく仕上がるリスクもありましょうから、これで。





貨物ホームには二軸貨車を並べてみました。
自分としてはまぁまぁのレベルまで持っていけたかナというところですが…

貨車はワム80000やトラ70000の方が時代的によかったか。
スリムなワム80000、カトーから出ませんかねぇ。





当レイアウトには駐機場のようなところもありますので、当然にここにもプシューっと吹きました。
このように蒸気機関車を置いておくとか、21m級気動車は2両まで入るのでそんなヤツを置くとか、そうした便利な使い方にモッテコイのスペースとなりました。
もちろんポイントを介して駅本家に接した1番線ホームに進入することができます。

もっと蒸気機関車用の施設(給水塔とか)を置くという選択肢もありましたが、時代や用途に幅を持たせておきたかったので止めました。
欲張りは禁物、というのがこのレイアウト作業の上での教訓となっています。
魅力的なストラクチャーが多いため、ついつい置いてしまいがちなんですが、すぐにごった煮状態になりますから。





田園モジュールはNATOブラウン1色にはせず、錆が広がりきらない部分をグレーにしておくこととしました。
ユニトラックタイプのバラストを使っていたので、そのままでは黒色のツブが目立ちます。
これを誤魔化すためには、面倒でもグレーを吹かないとダメだなと悟り、やってみました。
このグレーは適当に選択。
もう少しパステル粉を使ってボカシを入れてみようかと反省しているところです。





485系300番台でテスト走行。
問題ありませんでした。
このヨンパーゴ、基本セットだけのインチキ編成でして、Tcの次がTd、その次がTsです。
2M4Tです(笑)





久しぶりに3灯タイプのDD51と50系客車4両で遊びました。
カトー版「なつかしの磐西客レセット」で、サウンドカードはもちろんDD51用。
だんだん脳内に浮かぶ風景が具体化してきました。

駅にも架線を立てること(すなわち電化)を試行錯誤していたけど、もう非電化のままでいいやという心境。
だからといってパンタグラフのある編成が入ってこないということではないのですぞ。
そーゆーときは「架線があるつもり~」ということでやります。

心が落ち着く風景は、やはり亜幹線の駅の空。
家の中にいて非日常の景色を楽しむことが、当方のレイアウト製作の目的でもあります。





今年は塗装をどんどん進めましょうか。
やりたいこと、まだまだたくさんあります。

ではまた。



  1. 2020/01/21(火) 08:10:00|
  2. 鉄道模型(レイアウト)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

ありがとう、KM-1+KC-1

おはようございます。しなのさかいです。


9月の連休2回目は、甲府盆地訪問からスタートしました。
甲州遠征の内容は、いつもどおり家族の要望による食事と風呂なので、ドライバーを担う身としては楽なものです。
住まいから甲府盆地までの距離がそんなにないので、渋滞の解消を見届けてからの遅めの出発でも平気であることも心強いです。
圏央道の開通は行動範囲だけでなく旅の可能性も広げてくれました。

ただ、ドライバーとしてはそれだけではつまらないので、中央道での定期的な車の振動で女3人を爆睡状態にさせた後は、普段使う一宮御坂ICをスルーして、コッソリと中部縦貫自動車道・増穂ICへ。
ICを降りて富士川沿いを走り始めたら女房殿が覚醒して「ん、ここ…どこ?」との発言がありましたが、ここまでくればこっちのもの。





すっかり暗くなった18時過ぎ、「レールパル351」さんに到着しました。
国道52号と富士川のそばの鉄道模型店は約半年ぶりの訪問で、在庫の豊富さも変わらず。
知る人ぞ知る存在の、奥の超巨大レイアウトも、10両編成の列車が米粒みたいに見えるほどの規模で健在でして、今まで見てきたものの中ではおそらく最大級です。





買い物は、カトーの「パワーパックハイパーDX」1つ(左側のほう)。
最近、関東平野では店頭在庫をすっかり確認できなくなり、こうしたお店まで遠征しなければ入手が難しいようです。
当方は地方の鉄道模型店でお買い物をするときは「旅先での思い出づくり」という側面もあるかと考えており、むしろ近所の量販店で買うよりは強く記憶に刻まれるので、それはそれでいいかなと楽しんでいます。

既に手元にあったもう1個のハイパーDX(右側のほう)は、7月に自宅から電車で数分の隣町で見つけたものです(これも新品でした)。







これでハイパーDX2台体制が整いました。
当方のレイアウトは片渡り線がある複線仕様なので、内側と外側とで同一のコントローラーにしなければなりません。
なので1台を入手したときからもう1台を入手することは半ば宿命だったのです。

使用感はこれから…となりますけど、どんなものなんでしょうね。
諸先輩方のレポートでは概ね好評価のようですから、まずは安心(というか楽しみ)にしていますが、制御機器は実際に手元に引き寄せてからでないと感想を持てないという壁がありますので厄介な楽しみとも言えそう。

ともあれ、90年代から愛用していたKM-1とKC-1の組み合わせも素晴らしいものでしたが、ハイパーの方が省スペースですし、ここら辺で世代交代させたとしてもバチは当たらないでしょう。
これまでありがとう、KM-1+KC-1(まだ分かりませんが)。
1990年代は遠くになりにけり。



車両を増やすペースをダウンさせた代わりに、こうした制御機器への投資を行ってみました、というお話でした。
最近は、レイアウト工事も「とりあえずの完成」に達したような気もしているため、身だしなみを整えるつもりでこうした投資と整備、特に配線関係の整理をするのも悪くないかなぁと思っています。



◻︎ ◻︎ ◻︎





模型店に行った後は「ほうとう」ということで、何度目かの「小作 竜王玉川店」へ。
小作のシンボルである水車はここのやつが一番大きいような気がしますが、気のせいか。

さらにその後は「ほったらかし温泉」へ。
不思議なことに、連休初日なのに特に空いていました(ただしいつも比較的空いている方の「こっちの湯」の話です)。
巨大な露天風呂に身を沈めれば、秋の虫の音が聞こえてきて、そして人工物など一切ない夜空と山影だけの視界。
いつもなら聞こえてくる若者グループの「ウォー」というような大声もなく、ひたすらに静かに、秋の訪れを楽しむことができました。

そして、風呂にいるときは台風の影響で雲が多かったのに、帰るときに駐車場で仰ぎ見れば、西の空に夏の大三角。
それならばと東の空を振り向けば、おうし座を確認することができました。
天の川も久しぶりに見ましたね。
夏は「終わり」もキチンと楽しむべし、ですね。


さて、週末は「全日本模型ホビーショー」。
これで今年の夏は本当に終わります。

ではまた。
  1. 2019/09/27(金) 07:40:00|
  2. 鉄道模型(レイアウト)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

古枕木で遊ぶはなし

おはようございます。しなのさかいです。




梅雨空に覆われた関東平野。
先週は、雨続きの日々の合間を見つけて平日休みをもらい、江ノ島あたりを散歩して来ました。
圏央道の内回りを使って1時間弱。
途中の渋滞もなく、スムーズに湘南エリアまで移動できました。
首都圏の道路のネットワークはこんなに快適になっていたんですね。

江ノ島島内では狭い路地や階段を攻めて、登って登って、そこから見える穏やかな風景がとても気に入りました。
1年後にココがオリンピックの会場になるとは思えず、どこか遠くの世界の話のようです。





女房殿と二人で来ましたから「そんならば」と、早めの昼食は「生しらす丼」にしました。
このエリアでのパワーアイテムであるしらすは、冬の禁漁のときを除けばほぼ通年は楽しめます。
ただし、生しらすは「朝獲れ」のものだけしか食べられませんから、朝早く行っても無理だそうです。
お昼から午後を目指して訪問する方がいいようですからお気をつけください。





やはり週末はものすごい混雑が発生するんだとお店の人に聞きました。
この日も平日なのに観光バスが次々と島内へ入ってきて、外国からと思われるお客が仲見世通りへ吸い込まれていきました。
なので、生しらす丼のお店の方に「どこからいらしたんですか?」と問われ、すぐ近くからであることと、相模エリアの住民が江ノ島・鎌倉エリアに近づけなくなった旨を説明すると、とても納得されたようでした。

とりあえず、オリンピックだけはサッサと終わって欲しいです。



□ □ □



近況報告をせねばなりません。
更新までに長いブランクが発生しました。
趣味活動はきちんと続けています。
ただ、休日にまとまった時間を確保することができておらず、何をやるにしても中途半端。
この場で成果的な何かをお伝えするようなことには至っていないのが誠に残念で、定期的にパトロールしてくださる方々には申し訳なく思っています。







こんな風に新しい車両もソコソコ入線させているんですけどね(笑)
でも、どちらかと言うとレイアウト工事の方に力を入れているので、週末の最後、ちびまる子の時間にはせめてものレールクリーニングをして終わる…ということを繰り返しています。

で、そのレイアウト工事ですが、




古枕木の柵をチマチマとこしらえているような段階なんです。
世界堂で売っている2ミリの角棒(マホガニー色)を、2.5ミリのドリルで地面に穴を開けて、刺しては切る…の繰り返しです。
これではね(笑)





こちらには0.3ミリの洋白線を貫通させています。
洋白線にはプライマーを塗って着色を施さねばなりませんね。
角棒も、製品のままの色調におおよそ納得しながらも、タミヤのウェザリングカラー(ブラウン)を染み込ませてみようかと思案中です。

こうして、ホームにいる旅客が逃走しないようにする策(柵)を講じることができました(一部が開いていますがナイショ)。
グリーンマックスでも古枕木タイプの柵を製品化していますから、それを使えばいいんですが、どうもイメージが合わないので却下です。
当方からすれば、古枕木が整然と並び“過ぎている”ことが問題だと言えそうです。
このタイプの柵は、間隔も高さもバラバラという方が説得力があります。
多少は斜めになっているのもマストでしょう。





やり過ぎには注意しながらも、古い時代を思い出させるにはちょうどいいアクセント。
レイアウト上で視線を注ぐポイントになっていて、やってみてよかったと感じます。
もう少しレイアウト上に増やしてみるつもりです。





やりたいことがまだまだあります。
時間が欲しいなぁ。

簡単に生存報告でした。
ではまた。

  1. 2019/06/25(火) 08:00:00|
  2. 鉄道模型(レイアウト)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ