しなのさかいの駅前広場

またリニューアルですか、そうですか

東京地下鉄6000系

線路際の住民です
 今月も月刊マイクロエース発売日の到来です
 そこで 今回発売された新製品の中から 東京メトロ6000系を購入致しました
 この電車の正面を見た時の鮮烈な印象は、忘れる事が出来ないくらいでして
当時としては、本当に革新的な電車だったのでしょう、。
 さて製品では、6000系でも5次車をモデルになっております。
 この5次車は、6000系主力の4次車までと異なる個所を持つなかなかの曲者です


HI380005.jpg
 はじめこの正面を見て屋根曲線に異和感がありましたが、5次車から天井寸法の変更に伴う
形状変更があったそうで この様になっているそうです。


HI380007(2).jpg
側面の造形は破綻もなく上手くまとめた感じですが、車体裾部の形状をもう少し強調しても良かったのでは・・・ しかし、ここでも5次車の台車基礎ブレーキが、両抱え式から片押し式へ変更した
部分をしっかり再現しているのは流石です。

 
HI380009(2).jpg
中間簡易運転台のヘットライトはこんな感じになっておりますが、レンズに色差ししたほうが
良かったかもしれませんね
他に目立つ所では、誘導無線アンテナが、中間車6800系のみ設置というところでしょうか


HI380008(2).jpg
 動力は、最近の製品と同じフライホイール付き動力です、以前の様に購入後すぐ分解整備の
必要が無くなり 取り合えず安定した走行をしています。


HI380011.jpg
 長文・駄文の製品紹介になってしまいましたが、如何でしたでしょうか?
 この製品は、6000系の特徴を良く掴んでおり購入してみて良かったと思いました
この様に小田急8000系を思わず並べてみたくなりますね。
 


スポンサーサイト



  1. 2009/06/11(木) 22:34:37|
  2. 鉄道模型(車両)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

キハ52が、珍しく走った頃

線路際の住民です
 しなのさかい様のキハ52の記事を見ていて キハ52を最後に見たのは?
と、思い調べてみるとこんな画像が、出てきました

kiha52002.jpg
 東北地方で役目を終え、次の任地へ向け回送されて行くところをで 白石付近での撮影でした
 JR・国鉄色を同時に見ると国鉄色が、日本の風景に溶け込んでいたかを感じます
 この回送列車は、機関車牽引によるもので キハ52他回送されて行く車両たちは、
エンジンの音も無く粛々と新たな職場へ旅立ちました、因みに機関車は、レインボー機EF8195です
kiha52001.jpg
  1. 2009/06/11(木) 09:40:22|
  2. 鉄道写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3