しなのさかいの駅前広場

「トイレ」が付く製品名はあんまりよろしくないですね。

EF8195 エルム!

 線路際の住民です
 レインボー機EF8195が、「エルム」の運用に入る日の宇都宮線沿線におおくの同業者を
見る事が出来ました。
 この様に エルムの看板とレインボー色とは、非常に良い取り合わせですね! しかし、
このエルムも何時の間に消滅してしまいました20060812022.jpg
  1. 2009/07/23(木) 22:36:25|
  2. 鉄道写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

速報!モデモNT100

090722_1115~0001

銀座松屋に於いて開催された鉄道模型ショーで
かねてから注目の モデモNT100が、発表されました。 「東急たまでんデハ200形」
愛称ペコちゃんで知られるこの電車
今では、博物館にひっそりと保存されておりますが、
現役当時その斬新なデザインは、おおいに注目されました。
発売は年末の予定だそうです

 本年は、「富士・はやぶさ」の廃止に伴うブルトレが、とても注目を集めた中で
トミックスより同列車最終日仕様の製品化が、発表され注目を集めていました。
 このなかでようやく業界の雄KATOより製品化予告されていた14系「さくら」号
EF65 500番台の試作品が展示されました。
 14系は、ほぼ完成状態 EF65はボデーのみの展示でしたが、同社のこの製品にかける
意欲が窺える素晴しい出来上がりでした。
 20090722001.jpg
 客車最後部床下の消火器を再現する等 14系ならではの特徴を捉えている事
機関車EF65は、P型初期に見る事が出来る誘導用手すりを再現しナンバーに
P1を同封する等 実車にこだわりをもった製品だと思いました。
 以上簡単ですが速報でした
  1. 2009/07/22(水) 15:02:09|
  2. 鉄道模型(車両)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

出撃前夜

こんばんは、しなのさかいです。

衆議院解散、土石流といろいろあった1日でしたね。
この週末は地元のお祭りで、子どもたちはおおはしゃぎでした。
私も昔は好きでしたが、今はおうちで盆踊りの曲をかすかに聞く程度がちょうどいいです。
「あーやってるな」という程度の音量が。

IMG_3549.jpg


さて、明日は銀座松屋で「第31回鉄道模型ショウ(2009)」がスタートします。
子どもにとっての夏休みイベント第1弾か、それとも我々にとって避けては通れない運命か。
そして会場サプライズはあるのか・・・などなど、気になって仕方がありません。
おそらく今頃、明日のオープンに備えた準備が行われていることと思います。

そこでちょっとアレですが、過去4年間をおさらいしてみましょう。


【2005】
CIMG2322.jpg

2005年はカトーでこの発表が目立っていました。
「予約しなければ絶対アウト」と言われながらも、現在でも量販店でスリーブがぼろぼろになって売られている姿を目にします。
バラ売りも比較的早く行われましたね。4号機の値が少々お高いような気がしました。


【2006】
CIMG3402.jpg

2006年はトミックスで高崎三兄弟の試作品が展示されていました。
これも予想に反してまだ店頭在庫が見られます。電機機関車の詰め合わせは市場的に厳しいのでしょうか。535号機だけはバラ売りされても直ぐに消滅します。


【2007】
カトー E3

2007年はカトーでE3系「こまち」のサンプルが。この頃からカトーブースの元気が極端にダウンします。なんかやっつけで参加しているような。
もう少しコミュニケーションをとれるような展示をしてもらいたいですね。


【2008】
CIMG2781.jpg

そして前回の2008年。「さよなら銀河」のプレゼンテーションは消費者を十分に刺激していました。
このセットは本当に売れたようで。
ことしは「さよなら富士・はやぶさ」のプレゼンがあるのでしょうか。
いずれにしても明日判明することです。


で、当方は金曜日に出撃してみます。
会場発表はあまり期待していませんが、私にとって1年のうちのひとつのイベントですから。
何か皆さんのためになる情報をお伝えできればいいなと思っております。

ではでは。



  1. 2009/07/21(火) 22:52:58|
  2. 鉄道模型イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

レイアウト途中経過

こんばんは。もんちです。
ようやく、レイアウトらしくなってきたので途中経過報告です。


画面奥の方までE257系が伸びてます。
20090721004253

ここがSカーブ地点です。迫力あるSカーブには程遠いです(泣)
20090721004250


追加の風力発電機が届いたので、さっそく電動化工事に入ります。
20090721004245
続きを読む
  1. 2009/07/21(火) 00:39:41|
  2. 鉄道模型(レイアウト)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

栢山ー開成その2

 線路際の住民です
 この電車を初めて見た時の驚きはそれはもう!
 既に引退してしまい他線に譲渡される事もありませんでしたが、
現在の車両と比較しても新鮮さを失う事がないデザインに惹き付けられる
人も多いのではないのでしょうか。
 200406059000_JFR.jpg

 線路の周囲に水田が、広がっていることから 様々なシュチエーションで撮影できる
事も魅力でしょうか、天候に恵まれれば、周囲の山々を背景に撮影する事も可能です
 20040605hiseJFR.jpg
 
  1. 2009/07/19(日) 10:14:42|
  2. 鉄道写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

大糸線キハ52

 線路際の住民です
 トミックスより発売された大糸線キハ52 115を 早速購入したところ
その仕上がりの良さに 追加でもう一両購入して同じ大糸線で活躍している
首都圏色キハ52 156を作ってみました
 流石に メーカー製と並べるのに自作と云う訳にはいかないので
首都圏色キハ52のボデーを使用して組直す形で作業を進めました
 幸い実車のキハ52 156の便所窓は原型と云う事で ボデーの修正を
する事無く窓ガラスのHゴム色を灰色から黒色に直すだけで 簡単に
大糸線首都圏色を 再現する事が出来ました。
 因みに ナンバーインレタに同車が含まれていた事も幸いしましたが・・
 ヘットライト脇の部分の塗り分けが今一つ確認出来なかったので
今回は、手を入れる事を見送り 現地で実車を確認してから考えようと思ってます
090711_1611~0001


 実車の大糸線に シュプール号等西日本管内からの乗り入れが無くなってから
訪れる事も無くなりましたが、キハ52の最後の活躍を見に訪れてみたいと思って居ります
19991230de10.jpg
 
  1. 2009/07/18(土) 09:34:36|
  2. 鉄道模型(車両)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

大井町線延長開業

快特天使です。エントリー初体験です。
いたらぬ点も多いかも知れませんが、今後ともよろしくお願いします。

訳あって遅くなりましたが、先日土曜日に延長開業した東急大井町線の撮影に行って参りました。大井町線の溝の口延長開業は田園都市線混雑緩和の切り札として長い間工事をしていましたが、その悲願をようやく達成しました。とはいえ、大井町線も元は溝の口までの路線だったので、「延長開業」と言うより「復活」と呼んだ方がよいかも知れません。

大井町線の溝の口への延長は、恰も田園都市線を複々線化したかのような形態で行われましたが、二子新地と高津にはホームは造りませんでした。これが後々波紋を呼びます。

開業初日の溝の口駅は、お約束として同業者が沢山いたので、同行者の平民殿の意向もあり、高津駅での写真撮影となりました。大井町線延長のキモは各駅停車です。

9000系グリーン各停

先ずは高津駅を通過するグリーン各停の溝の口行きです。私のイチオシの9000系も開業初日から活躍します。

9000系ブルー各停

こちらは、溝の口を折り返し、高津駅に停車するブルー各停です。

このように、大井町線の各停は2種類用意されました。グリーン各停とは、二子新地、高津を通過するタイプ、ブルー各停とは、二子新地、高津に停車するタイプです。何故このように2種類の各停が設定されたのかというと、大井町線は元々二子新地と高津にはホームは造らず溝の口までノンストップとなる予定でしたが、この2駅の住民からの要望により、一部列車は外側の田園都市線の線路に入るようになったからです。しかし、各駅停車が2種類ある事はやはり混乱を招いているようで、某巨大掲示板でも侃々諤々の賛否両論、そして、実際に苦情も出たそうです。

個人的には、グリーン各停は「準急」と名乗った方がよいような気がしますが、ブルー各停は11:00~15:00台の1本おきと、鷺沼発着のみとなり、それ以外はグリーン各停となるので、グリーン各停に準急を名乗らすと、従前の大井町線区間で混乱を招きそうです。最も現実的なアイディアは、南海電鉄のなんば~天下茶屋で、今宮戎、萩ノ茶屋に止まる高野線は「各停」と名乗り、両駅を通過する南海線は「普通」と名乗るように、二子新地、高津停車を「各停」、両駅通過を「普通」と名乗ればいいというものでした。

兎にも角にもこの「2種類の各駅停車」は今後も波紋を呼びそうです。

新たに生まれる者もあれば、その影で去りゆく者もあります。

最後の急行二子玉川行き

これは、溝の口開業前夜の会社帰りに自由が丘で撮影した、最後の急行二子玉川行きです。この写真を撮影した列車が最後の最後の急行二子玉川行きでした。

ブルー各停二子玉川行き

そしてこれはブルー各停二子玉川行き。「各停二子玉川」自体は溝の口開業後も残りましたが、最終便1本のみの上、表示はグリーン各停となったようなので、この表示も貴重な1枚となりました。

開業してまだ数日ですが、この延長開業の効果は現れているかのようで、新規開業、ダイヤ改正のお約束であるダイヤ乱れもありませんでした。平日に乗ると、溝の口~二子玉川間の田園都市線もあからさまに余裕があり、効果は現れているのかも知れません。

最後に、開業初日に一緒に活動されました平民殿、お疲れ様でした。
  1. 2009/07/15(水) 01:38:01|
  2. 駅ノート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

月刊 マイクロエース

 線路際の住民です
 先月のメトロ6000系発売からもう1ヶ月経ちました
今月もマイクロエース新製品発売日、私としては来月の新製品発売ラッシュを考え自重するつもりでしたが、思わず手が出てしまいました。
 購入したのは、国鉄80系の増結・付属編成セットです。

  20090714003.jpg
 一応設定は、田町電車区所属時代末期でしょうか、固定窓のHゴム化・正面上部の塗り分けに
特徴を見る事が出来ます。
 
20090714004.jpg
 カトー製品と並べてみました、左側カトー 右側マイクロ製品です
 其々タイプの異なるモデルですが、正面顔が、カトー面長・マイクロ幅広の様に感じます
 双方仕上がりの良い製品化と思われ どちらがよいかは、好みの問題になるかもしれません
 塗装の発色は、マイクロ製品のほうが湘南電車らしく感じますが、
塗装が厚い為か少しボッテリした感じは残念ですね
 
 090714_2205~0001
 試しにカトー製品と連結してみました、左がマイクロ 右がカトー製品です
 マイクロ製品は、腰高というイメージが付きまといますが、実際に連結してみても
さして気にするほどでは無い感じです。
 唯、とても残念なことに マイクロ製の妻面窓の形状が実車と異なり今後の再生産では
改善してほしい物です。
 

 今回の80系については、全体的に実車の特徴を捉えた製品だと思います
  この製品を見ていると 30年位前に一本だけ東京駅に乗り入れていた静岡運転所の
80系を思い出します、気が付けは111系に代わりましたが、時刻表ではグリーン車不連結の
表記が目立つ列車でした。
  1. 2009/07/14(火) 23:15:46|
  2. 鉄道模型(車両)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

コム15とコム38

どーも、しなのさかいです。

本日は、衝動買いネタです。
お昼休みに模型店でこんなものを買ってしまいました。

R0010722.jpg

トミックス2718・2719 コム1形タイプ。
「タイプ」なんですね。どこがエラーなのかさっぱりわかりません。
もっとも、知ろうとも思いませんが(笑)


R0010724.jpg

はい、こんな感じ。
車番は、ノーマルが「コム15」、冷蔵が「コム38」でした。
0395TNSCもゲットできたので、近日中にカプラーを換装します。


R0010728.jpg

たまたま家の中に在庫がありましたので、こんなコンテナを載せてみました。
コンテナとしてはこちらの方が似合うような気もします。


R0010731.jpg

センターにもコンテナ用のツメがありましたので、ちょっといたずら。
若干はみ出てしまいました。ISOコンテナなんかを載せるとシュールでいいですね
(本気ではありませんよー)。


R0010734.jpg

トミックスのホワイトコンテナを買っておいたら、娘にマジックでやられてしまいました。
こんなコンテナがEF210に牽引されて東海道本線を下っていったら、それはそれでニュースかもしれません。
なにか現代芸術のような?やけにひっかかるデザインです。


とまあ、またしてもトミックスの新・二軸貨車を買ってみました。
衝動買いといっても財布にはやさしいですから、ダメージは少ないです。
トミックスは、これらの貨車を一体どの機関車に牽かせろと言うのでしょうか。
早く回答が欲しいものです。
そういえば同社のワム380000。「欲しいなあ」と思うときには、もうどこにも売ってませんねー。


*   *   *


先日、駅に「青春18きっぷ」のチラシが置いてありました。

R0010737.jpg

山口線の風景だそうですが、何とも駅自体が水田に浮かんだ感じで、レイアウトの製作意欲を掻き立てられます。
水をはった田んぼについては、アクリル板を使う作例を見たことがあります。
ただ、田植えをした後だと「ちょんちょん」を表現しなければなりませんから、素材や工法が悩ましいです。

ではまた。





  1. 2009/07/13(月) 23:17:34|
  2. 鉄道模型(車両)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

14系奥利根

 線路際の住民です
 上野ー水上間で運転される臨時快速「奥利根」は、殆どが12系客車を使用した列車です
 その「奥利根」運転日に12系による団体列車が設定された為 14系座席車で運転された事が
ありました。
 
 その団体列車とは、「パンダ号」と呼ばれ上野動物園へ遠足に向かう児童の団体だそうで
12系13両編成で運転されました。
 20001008ef6412kei.jpg
 撮影地 ヤギシブに到着した時はもう人の山で何とか線路脇に場所を確保しました、
画像を見ると 13両編成は長いですね!
 

 この団体列車に 12系を使用した為「奥利根」には、珍しく14系客車が充当され
注目を集めました。
 20001008d51hassya004.jpg
 D51498と14系座席車の組み合わせは、あまり見た事がなかった為 新鮮な感じでした
  1. 2009/07/13(月) 22:38:25|
  2. 鉄道写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
前のページ 次のページ