しなのさかいの駅前広場

「トイレ」が付く製品名はあんまりよろしくないですね。

三羽のはくたか

 線路際の住民です
 昨日のボンネット車の写真と一緒に出てきた写真を撮影した時の話です
 8年前の正月 臨時「はくたか」にボンネット車が、二本入るとの話を聞き
間もなく廃止される「白鳥」の撮影を兼ねて糸魚川近くまで撮影に行きました。
 夜明け前に現地に到着した時は、どんよりと曇って典型的な冬の日本海側の天気だな~
 と思っているうちに 最初の一本目 今は無き白山色489系「はくたか」でした。
20010104hakutaka9002.jpg
 この時はまだこの色が無くなるなんてあまり意識していなかったのですが、今にして思えば貴重な記録です、同じように反対側からやって来た西日本色の「はくたか」を撮影しました

20010104hakutaka003.jpg

 次の通過まで他の貨物列車や419系普通列車等撮影して暇をつぶしていると
やがて横風が強くなり雪が凄い勢いで降って来ました。
 三脚を飛ばされないように押さえながら待っていると やがて遠くから前照灯が見えてきました
 20010104hakutaka82001.jpg
 因みに上の写真を撮影してから一時間位です、冬の日本海側の天候の変わり方は凄いですね!
  さらに「白鳥」の通過時間までの時間が 結構長く感じました。
 顔面に当たる雪の粒が強風に乗りとても痛かったのは今でも忘れる事が出来ないくらいです
 そしてこの悪天候にも関わらず時刻通りに「白鳥」がやって来ました
 20010104hakutyoh.jpg
 列車は、軽い警笛を鳴らし何事もなく通過してゆきました。
  まだ、本格的な積雪期前でしたが、改めて冬の日本海側の厳しさを思い知らされた撮影行でした
 
スポンサーサイト



  1. 2009/07/08(水) 23:10:54|
  2. 鉄道写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3