しなのさかいの駅前広場

「トイレ」が付く製品名はあんまりよろしくないですね。

埼玉県蕨市から来た荷物

こんばんは、しなのさかいです。

蒸し暑い1日でしたー。
そんな本日の午後は、めずらしく仕事で大田区へ。
東急東横線多摩川駅からバス。帰りもそのバスで二子玉川駅へというルートでしたが、このバス、久しぶりに、眺めのいい路線と出会えた感がありました。なんてったって、路線のほとんどが多摩川の土手道路ですから!
なんと言いましょうか、ローカル線に乗っているような、まったりとした車窓でして。
散歩ブームですが、そんな方々にもオススメの路線バスだと思いました。


SA3A0035.jpg


さてさて、帰宅すると、なにやら荷物が届いているではありませんか。

R0010593.jpg

こころあたりは、もちろんあります。
埼玉県蕨市北町からの荷物に違いありません。
やはりそうでした。

中身はこうなっておりました。

R0010598.jpg

月刊マイクロエース6月号の「東京メトロ6000系」です。
初期不良ということで修理をお願いしておりました。発売日の2日後には発送しましたから、1か月弱で戻ってきたことになります。
かつては1週間もしないで帰還したことがあり、逆にびっくりしたことがありましたっけ。

で、その初期不良ですが、発送前に写真を撮っておりまして・・・、

R0010416.jpg

おわかりいただけますでしょうか。
ドアの周囲に溶剤がまわったような跡がありました。
接着剤でも垂らした跡でしょうか。


R0010419.jpg

こちらは、屋根につながるボディにモノを当てたようなへこみ(えぐれ?)がありました。
写真ではあんまり・・・かもしれませんが、今回の不具合は相当なものと思えました。

発売時、既に店頭在庫ゼロということだったので、そのまま持ち帰り。
普段お世話になっている模型店との関係も大事にしたいので、こういう不具合を見つけてしまった時はホント、対応が難しいです。予約でいっぱいのところを無理して1セット確保してくれたのですから。
こんな、ユーザーと模型店との関係をダメにしないためにも、メーカーサイドには検品を厳重にお願いしたいところです。
でもまあ、こうして是正された車両が戻ってきたのですから、良しとしましょう。


R0010599.jpg

ダンボールを勢い良く開けたら、封筒にこんなものが入っていました。
招待券×5、割引券×5です。
いやー、サンクスです。
毎年毎年、出所はバラバラなのですが、どういう訳か、必ずこの時期にこの招待券が手に入ってしまうので、自分でもおかしくなります。ここ15年くらい、お金を払って入ったことがありませんから(笑)


*   *   *


昨日は、カトー、トミックスから新製品に関するアナウンスがなされました。
その中で、新たな製品化発表がありました。
トミックス・12-700系「ユーロライナー」のリニューアルをはじめとした、ユーロラーナー軍団の製品化です。

CIMG0807.jpg

床下グレー、各車ベンチレーター・スハフ12発電用エンジン別パーツ化、室内灯垂れ下がり対策等、従来の製品のビッグマイナーチェンジ(自動車用語でしたっけ?)が図られるとのこと。
現行品クロ481-2000のような、これまでの金型を生かしつつHG化したような製品となるのでしょうか。

R0010595.jpg

1986年9月。この当時としては珍しく、発売日に町田の「おくぬし」へ駆け込みました。
今みたいにネットで出荷日を知ることなんてできませんでしたから、TMSで発売を知るや、毎週のようにお店に入荷日を確認していたんでしょうね。さぞかし嫌な客だったと思います。
SETやなにわと比べても改造度が段違いでしたし、何よりもカッコいいと感じ、名古屋の車との認識も希薄なまま買い求めた記憶があります。
そうそう忘れもしません。92029と92030の発売には1週間のタイムラグがありました。
「増結は?」と訊ねたところ、「来週だよ」と言われガックリしたものです。

それから23年が経ちましたが、ボディにヒビが入るようなこともなく、おおむね使用に耐える状態です。
もっともトミックス・ブルーのスリーブはとっくの昔に消滅しましたが・・・。


CIMG3583.jpg

こんなパンフレットが出てきました。
ユーロライナーで行く伊豆。いいですねー。

ではまた!




スポンサーサイト



  1. 2009/07/09(木) 23:30:53|
  2. 鉄道模型(車両)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

313系

 20040321313.jpg

 線路際の住民です
 カトーからJR東海313系5000番台が、発売されました。
 既に313系0・300・3000番台は、製品化されていましたが、
今回新たに5000番台が、新規設計と云う事での発売です
そこで、従来品とどの様に異なるか並べてみました。


20090709313002.jpg

 左から新製品・従来品・参考にモデモ製品の順です 
この様に見ると其々の違いが解りませんが、何と無く違和感はあります。

 それでは、見下ろす位置から見てみると
20090709313001.jpg
 妻面上部の屋根にかけてのカーブ処理に違いが見られます
そこで、サイドから双方を比べてみました
20090709313005.jpg
 左側の画像は、下が新製品です やはり屋根から妻面にかけて新製品では、
カーブ処理がよりきつい感じになっています、
他に下回りで台車の集電板が目立たなくなってますね

 右側の画像では、上から新製品・従来品・モデモ製品です
従来品以外は、心なし後退角をきつくしている感じで、以上の事を見てみた時
この新製品は、単なる改良品にしなかったカトーの意欲的製品だと思いました。
 今後、同社の新製品がリリースされ期待が高まりますね。
  1. 2009/07/09(木) 22:31:25|
  2. 鉄道模型(車両)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1