しなのさかいの駅前広場

コキ500000、発進!

C57135小樽築港時代

 線路際の住民です。
 トミックスC57を見ているうちに何だか手を加えたくなりました
 試作品の時からスノープローの付け替えを考えてましたが、ついでに重油タンクの搭載をして
チョット変わった物にしてみようと 手を動かしてみました。
20091002005.jpg
 
 C57135は、とても曲者で現在の姿と小樽築港時代で テンダー台車を振り替えており
台車をどこからか調達しなければいけないという事が判明!
 暫く考えて居た時に目に入ったのが、カトー新C62でした。
 若干形状が、異なる物の取り合えずという気持ちで台車を見てみると 少しの加工で
使える事が判明! 早速加工をして取り付けてみました。
20091002004.jpg
 Sカーブも上手く追従しました、なおここでの加工は、今後製品のバリエーション展開がある事を
想定して全て台車側のみにとどめました。

 次に、小樽築港時代最大の特徴であるボイラー上に搭載された燃料タンクの取り付けです
 パーツは、銀河モデルの物を使用します。
 カトー用の物だったので 上手く取り付ける事が出来るか心配だったのですが
ボイラーの頂上部に当たる所を削る事により 取り付ける事が出来ました。
20091002002.jpg
20091002003.jpg

 さて、小樽時代の写真を見たら 正面手すり形状も異なるんですね!(快速たるまえの写真)
まだまだ、先は長そうです。
 
スポンサーサイト



  1. 2009/10/02(金) 21:11:44|
  2. 鉄道模型(車両)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2