しなのさかいの駅前広場

コキ500000、発進!

1991年9月3日、青森駅。

こんばんは、しなのさかいです。

今日は休暇を取ることができたので、久々にNゲージ部屋の「大整理」をしました。
いろいろと「ジャンル分け」をしながら在庫のチェックを兼ねちゃう訳ですが、収納スペースが無いことにあらためて気付かされた次第。
今後の配備計画を考えると、危機的状況です。
もっと在庫を圧縮しなければ。


さてさて、今日はNゲージ部屋の整理だけでなく、古いネガフィルムも整理。
見ているうちにいろいろと懐かしくなり、数枚スキャンしてみました。
あいかわらずのヒドイ写真ですが、ご笑覧ください。

1991年9月3日、青森駅のホームでございます。


ED75700.jpg

今思うと信じられませんが、奥羽本線の普通列車は、この頃でも立派な客レでした。
ED75712が牽く弘前行です。
区名標記は「秋」となっています。


50keiaomori.jpg

50系客車3両をED75が牽引。
非冷房ですから扇風機がぐるぐる回り、窓も開きます。
これに乗り込み、弘前まで行きました。
夏の終わりの津軽平野。空気がとてもうまかった、という記憶が残っています。


同時刻、他のホームには、

tazawa.jpg

こんなのがいたり、


583hatukari.jpg

こんなのがいたりしました。
最近のトミックス製品でこんな景色が再現できそうですね。

トミックスから14系特急形客車のリニューアルがアナウンスされた今、同社の50系客車は、最古時代の製品に分類されます。
HOゲージでの製品化にも成功しているトミックスですから、Nゲージでも50形と51形を同時リリース!
こんなことを期待しているのは私だけでしょうか。


*   *   *


結局のところ、Nゲージ部屋を片付けられたんだか、よくわかりません・・・。

R0011911.jpg

とりあえず、自分の判断基準で似たものグループに再度分けてみました。
カトー製品では、圧倒的に客車が多いことがわかり、これには自分でも驚き。
中学時代は「部活でトランペットを吹いているか、家でGMの10系を組んでいるか」というほど客車に夢中になっていましたから、その頃の習性が消えなていないのかもしれませんね。

この趣味、自分のテリトリーを意識してコレクションを増やしている方がほとんどだと思います。
私もそんな感じでして、どんなに素晴らしい製品が出ても、なぜか脳の中で「対象外」と断定できるジャンルがいくつかあります。
その中のひとつが「東海道・山陽新幹線」。
脳が「16両なんて走らせられないからムリムリ~」と判定しているようです。

の、はずなんです、が、

Ghikari.jpg

カトーはついに「グランドひかり」を、基本・増結同時に再生産するそうで。
これなら青色の色調が揃いますね。

対象外の分野でも、なぜかこの100系V編成だけは脳のブレーキが効かないんです。
皆さんも、対象外の分野の中に「これだけは、別」という車両がありませんか???

買ったとしても収納スペースが・・・。
パンフレットに写る乗客の笑顔が胸に刺さります。
こんな乗客を乗せて、我が家へ到着するんだろうな、たぶん。

ホント、困りました。
ではでは。




スポンサーサイト



  1. 2009/10/16(金) 22:49:21|
  2. 鉄道写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

二つのEF5860

 線路際の住民です
 
 棚の中を見ていると トミックス製EF5860を見つけました 随分久し振りです。
 取り出して見ているうちに カトー14系を牽かせてみたくなりました、
「紀伊・いなば」の再現でしょうか。
 
 カトーからも同じ機関車が、発売され我が家にもEF5861の相方として棚の中に休んでます。

 カトーEF58は、とても秀逸な出来ですが縮尺が若干大きく出来ています
言われなければ、気にならない位です。
 対してトミックスは、概ね縮尺通りなのですが足回り自体 従来の設計から玩具っぽく感じてしまいます。
 そこで、試しに 運転席はしご・連結器をカトーナックルに交換してみました
20091016002.jpg
 
 カトー製品と並べてみました 連結器部分がコンパクトになった為か表情に締りが出てきました。
20091016001.jpg
 14系と連結してみても遜色を感じません 走らせてみると流石にフライホイール付きには
敵いません
 しかし、ウォームギアの音が、釣りかけモーターの唸り音に聞こえ とても楽しくなります。
  1. 2009/10/16(金) 21:01:17|
  2. 鉄道模型(車両)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2