しなのさかいの駅前広場

ユートピアもモーターなしのままでしょうね

ただいま工事中

もんちです

最近、トミーテックの策略に見事にハマリまして、レイアウトが賑やかになりました!

建設機械コレクションとその他のコレクションを並べると…


見事な『現場』になりました!


以前ちょっと触れましたが、『航空障害灯』です。
白く光ってます。
『航空法』によればこの風車のサイズだと、夜、赤い点滅灯ではなく昼夜フラッシュになるようです。




さて、トレーラコレクション第4弾の三菱ふそうのボンネットトラクタですが、



画像ではわかり難くて申し訳ないのですが、後ろに連結器の受けがあります!

そこで…
トラクタ側の連結カプラーを交換してウエイト載せてそれらしく仕立ててみました!
これを替えないとウエイトは載らないみたいです。



うちでは風車の羽根の輸送車になりましたが、日通カラーに塗り替えて0系新幹線を載せたら、
凄く絵になる様な気がします…



続きを読む
  1. 2010/04/20(火) 06:48:16|
  2. コレクション系
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

久しぶりの遠征。

こんばんは平民です。
昨日400系つばさ号引退記念で新庄→東京までさよなら運転が行われました。
以前一度しか在来区間で撮影をした事が無かったので今回友人の誘いもあり行って来ました。

400-mixi.jpg
一枚目はさよなら運転列車です。


400-mixi-1.jpg
二枚目は返却回送です。

400-e4-mixi.jpg
三枚目は以前撮影に行った時の併結列車です。

因みに行きの東北道は桜と雪が両方見れて何だか得した気分になりました。
家→現地→家まで車を運転しましたが全行程で約1200kmで流石に疲れました・・・
  1. 2010/04/19(月) 19:58:41|
  2. 鉄道写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

低価格なキハ187系

こんばんは、しなのさかいです。

R0013557.jpg

首都圏では不安定な天気が続いています。
皆様は体調を崩されたりしていないでしょうか。
今日はようやく春らしい日曜日となりました。


さてさて。
最近はBSの鉄道番組にはまっています。
地上波でテレビドラマを見なくなった分、明らかにこちらのジャンルを見る機会が増えました。

特にBSフジの『旅するハイビジョン 全国百線鉄道の旅』は、実に落ち着いたナレーションと音楽を画像に組み合わせており、BS鉄道番組の中でも安定した完成度を持っています。
タレントに旅をさせる地上波番組と比べると低予算なのでしょうが、このことが皮肉にもいい結果となっているような気がします。

先日は、録り溜めていた番組の中から2回にわたる山陰本線の回を見ました。
ここで病気が。
何度も登場するJR西日本・キハ187系が妙に気になってしまったのです。
「そういえば、持ってたかな?」


R0013529.jpg

やはりありました。
トミックスのキハ187系です。
買ってからはTNカプラーに換装したまま。何も手を付けていませんでした。


R0013536.jpg

この製品が、トミックスHG製品に対して「LG(ローグレード)」と言われる原因がここ。
床板パーツがM車と共通となっている点です。T車はギアとモーターが無いだけ。
窓からユニットがはみ出て見えています。
「気になるか」と言われれば気になります。人間って弱いものです。


R0013533.jpg

インレタを貼ってみます。
妻面の排気管はボディとの一体成形でした。
ここもLG仕様と言うところですが、こちらはまったく気にならない完成度です。
まったいらな先頭部は、こうして中間に組み込んでしまうことを想定して作られていますから、さすがに違和感がありません。


R0013531.jpg

先頭部屋上に機器を装着。
このあたりは一応ユーザー取付けとなっています。
マイクロエース製のように接着剤で付けられているよりは、マシですね。
丸いベンチレーター(?)だけはポロポロと外れますので少々考えが必要です。
LG仕様とはいえ、屋上のモールドやクーラーの表現は一級品でした。


R0013541.jpg

3両編成で走らせています。
「スーパーまつかぜ」としたヘッドマークは点灯しませんが、ヘッド・テールライトはしっかりと点灯します。
たとえLGでも、動いてしまえばまぎれもなくキハ187系でして、しかも力強い走りっぷり。

ところで。
残念ながらこのLG路線は続きませんでした。
トミー全体としては「鉄道コレクション」がこれを受け継いだ格好です。
HG化=高価格化の傾向が強い同社としては、自らNゲージ製品のあり方に一石を投じた意味があっただけに、残念でなりません。
しかし、鉄コレと比べれば、ライトが点灯するアドバンテージは大きく、このような製品グレードの展開も、ある程度の可能性を持っているような気がします。
2両編成のDC車両は多いので、床下機器が同じである車両系列がある限り、今後のLG製品の展開も期待してみようと思います。

単線非電化、海を見ながらの孤軍奮闘。
それでいてサンダーバードと同様の130km/hをマークする…。
過酷な環境を走る孤独なキハ187系のスーパーな走りを、我が家のレイアウト上で再現することとします。


*    *    *


昨日は、横浜界隈で偶然にも線路際の住民さんとばったり。
その後、小田急線桜ヶ丘駅まで行動を共にさせていただきました。

R0013548.jpg

いろいろとオモシロイ話をありがとうございました。
2010年後半のNゲージ業界も、いろいろと事件が起こりそうな予感です。

ではまた。





  1. 2010/04/18(日) 17:33:26|
  2. 鉄道模型(車両)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

上野駅高架ホーム

 線路際の住民です

 上野駅の写真が出てきました。
 フロッピーディスクにコピーしていた物です
20100417001.jpg
 この頃上野駅でキハ181系「つばさ」も見る事が出来ましたが、直に485系になっちゃいました。
 なぜか最近このキハ181系が、とても気になります
 そう云えば、400系つばさも最後だったんですね!
  1. 2010/04/17(土) 21:31:31|
  2. 鉄道写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

バス改造

こんばんは。日本高速鉄道です。本日は一昨年某雑誌に
掲載された時に撮影した製作記から、はとバスの製作
写真をアップします。タネ車は日野自動車限定で発売
された日野ニューセレガです。価格は1台4,000円強で
した。作製した車は、エアポートリムジン・京成バス・
京浜急行バス・はとバス・平成観光です。其々実車を
取材し、それなりの手間をかけて製作しましたが、エア
ポートリムジンとはとバスについては、トレーン社より
1,000円弱と言う格安で発売されてしまいショック・・・。
a.jpg
まず、丁寧にマスキングして、ヤスリがけをし、表面
のデコボコを取ります。
b.jpg
次に、サフエーサーを薄く2~3回塗り重ねます。その
時、サフェーサーが乾く毎にお湯て丁寧にスボンジを
使い磨きます。
d.jpg
窓以外の部分をマスキングし、黒をスプレーし、乾燥後
今度は窓の部分にマスキングし、ボディーの黄色を塗装。
e.jpg
乾燥後、マスキングをはがすと、ご覧の通り。
f.jpg
そして、いよいよ仕上げ。実車の写真を基にパソコンで
作製した各種デカールを張り付けて完成です。トレーン
社のバスは、はとバスのロゴが小さいです。
g.jpg
i.jpg
h.jpg
今度はなにを作製しょうかなぁ。では、また。
  1. 2010/04/15(木) 22:36:39|
  2. バス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

京急リムジンバス

こんばんは、平民です。
以前製作した物ですが京急リムジンバスの画像を入れておきます。
khk-mp816-825-1.jpg
一枚目は本物の京急リムジンの三菱エアロバス。
khk-mp816825-2.jpg
二枚目はバスコレ第14弾のエアロバスを使用した作品です。
右が直結クーラープラグドア車・左が折り戸仕様。

khk-mp218-3.jpg
三枚目はバスコレ第4弾を使用した三菱エアロスターワンロマ仕様。
(本物は車体長が違うのであくまでタイプです。)

khk-ndsa-4.jpg
四枚目はバスコレ第8弾を使用した西工ネオロイヤルC型です。

seisaku-5.jpg

五枚目は第14弾のエアロバスのマスキング状態の画像です。
この後白を吹いて車体色は完成となります。

簡単でしたがバスコレ塗り替えの御紹介でした。
  1. 2010/04/14(水) 22:30:19|
  2. コレクション系
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11

トレーラーコレクション第4弾を使用して・・・

こんばんは平民です。
先月末に発売されたトレーラーコレクション第4弾を使用して色替えなどやってみました。
今回は三菱スーパーグレートを使用しました。
spg-3hn-1.jpg
一枚目はヘッド各種の画像左からトラコレ第3弾※フロントスポイラー無し1996-2003年モデル車・同じくトラコレ第3弾※フロントスポイラー付2003-2007年モデル車・トレコレ第4弾スーパーフルキャブ仕様2003-2007年モデル車です。
意外に気づきにくい部分ですので今回参考に載せてみました。
※正式にはストレーク付きバンパースカートだそうです。

spg-katarogu-2-2.jpg
二枚目はカタログ画像ですが右側のスーパーフルキャブ仕様なので参考で載せます。
今回トレコレ第4弾は右側に該当するので今回グリル周りを塗装する事にしました。

spg-m-3.jpg
三枚目はマスキング中の画像です。この後、車体全体をマスキングします。

spg-2n-4.jpg
四枚目は完成後の画像で左が製品、右が今回塗装した方です。

nspg-m-5.jpg
五枚目はトレコレ第4弾で初登場の新型スーパーグレートです。
画像は韓進海運のヘッドをマスキング中の画像。

spg-nspg-2n-6.jpg
六枚目は完成した日通コンテナ積載車。
左側が旧モデルで右が現行モデルです。

まだ色々製作中ですので、またアップしたいと思います。



  1. 2010/04/13(火) 22:08:23|
  2. コレクション系
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

ターフとフォリッジにまみれる日曜日

こんばんは、しなのさかいです。

昨日の日曜日は、ようやく春らしい1日となりました。
と安心していたら、今日は冬のような冷たい雨。
ホントに気温の変化が激しいです。


R0013517.jpg

さて、昨日の午後は再びレイアウトの作業をしました。
不思議とレイアウトの作業をしているときは、車両を買わない日々が続いていることが多いです。
どちらが充実した日々なのでしょう???

まずは、前回ご紹介した線路際のディテールです。
「明緑色」のコースターフを撒いた上に同色のターフを撒いたつもりでしたが、ターフは「緑褐色」の間違いでした!
線路際の雑草としては、少々暗めとなってしまったので、もう一度明緑色のコースターフを覆います。


R0013522.jpg

レイアウトマットと同じような色なので少々わかりつらいかもしれませんが、うまくいきました。
このくらいの明るさで正解となります。
やはりボンド水溶液を垂らしたあとに、指でギュギュッと押し付けるところがポイントです。


R0013525.jpg

カーコレの軽トラを置いてみました。
こうした小物を置くと、線路際の雑草も急激にスケール感が出てきます。
そろそろ線路際のアクセサリーを考えてもいい時期かもしれません。
また、線路際の空き地についても、うるさくならない程度でストーリー性を持たせたく…。
毎朝、通勤電車で「どうしようか」と考えて楽しんでいます。



線路際の再作業がうまくいったので、今度は直線モジュールに続く山の斜面にも草を表現します。
そろそろ荒涼とした山の景色にも飽きましたので(笑)


R0013543.jpg

坑口周辺は「草刈が定期的に行われているのでは」という勝手な想像(?)に基づき、その周辺だけ試行的に「枯草色」のターフを撒いてみました。
その上の緑は明緑色のコースターフとフォリッジです。


R0013546.jpg

山の斜面は、平地のように簡単にターフを撒くことができません。
取り外した山の角度を変えながら慎重に撒いていきます。
一度で完璧に仕上げることは難しいですね。
こうして見ると、地山がむき出しとなったところがもう少しあってもよさそうです。
現時点でもう少し冷静に検討してみようと思いました。


R0013547.jpg

ここは国道の脇に位置する、ややなだらかな斜面。
とりあえずは、枯草色と土色ブレンドのターフを撒いてみました。
杉の木を数本植えてみようかと思っています。


*    *    *


当方のレイアウト製作は、とりあえずは車両を走らせながらイメージを固めていくことを方針としています。
あとは、雑誌の記事のスクラップを眺めながら「あそこをこうしようか」と頭をグルグル~。

ただ、昔の自分と比べると、安易に建物(ストラクチャー)で空き地を埋めようとしないようになりました。
なんとなくですが、その方が、よりリアルな景色となることが多いような気がしまして。
直線モジュールにも、今のところ建物を設置する予定はありません。
GWあたりに大きな作業時間を確保できるといいんですが。
山岳モジュールも進展させなくては。

それにしても、ターフは家のいたるところに拡散して始末が悪いです。
掃除をしたあとの日曜日の夜に嫌味を言われてしまいました。

ではまた。



  1. 2010/04/12(月) 22:44:06|
  2. 鉄道模型(レイアウト)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

小田急座間桜通勤型編

こんばんは。北の扇形庫からです。

一昨日土曜日に撮影した小田急ですが、特急型とクヤだけだったので、
通勤型の方も少しだけ。

8000形更新車。
DSC00363.jpg

この後部新宿方4両がこれです。
DSC00366.jpg

次は3000形ですが、ご覧の通り後部4両が鋼製車です。
DSC00411.jpg

その4両がこちら。8000形未更新車でした。
DSC00415.jpg

次は4000形ですが、何故かフルカラーLED表示が途切れてしまいました。
8000形、3000形、2000形のフルカラーLED表示は途切れずに写っているのですが・・・。
DSC00464.jpg

次の1000形ですが、これも後部新宿方4両が鋼製車。
DSC00475.jpg

その4両はまたも5000形でした。
DSC00480.jpg

1000形のワイドドア車の通称1700形が6連の急行でした。
DSC00328.jpg

8000形の未更新車と5000形は今回は後追いだったので、桜とのコラボとは行きませんでした。
8000形の未更新車は今後更新されてもうしばらくは活躍するでしょう。
5000形は来年のこの時期まで残っているでしょうか?



  1. 2010/04/12(月) 22:28:28|
  2. 鉄道写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

BMTNについて

 線路際の住民です

 トミックスからC57135の製品化の発表から 間もなく一年経とうとしています。
 発売後もその走行性・仕上がりに 高い評価を得ており この後 バリエーション展開に期待が集まります。
 
その機関車を 久し振りに動かす為に客車オハ61を線路に置いてみると 何と無く転がりが良くなく
機関車に牽かせているうちに 擦れ音が聞こえてきたことから足回りを調べてみると
ナント 車輪のフランジ部分がBMTNのベースに接触しているではありませんか!
 良く見るとベースにフランジの接触痕がついています 放置すれば、走行性に支障する事になるので
修正作業を致しました。

20100411001.jpg
 
 作業自体は、単純なものでフランジの接触する部分を削るだけです、この後確認の為の試運転で問題点が
改善されていました。

 しかし メーカー純正で走行性に関する問題が、発生した事に驚きます
こんな事もあるんですね
  1. 2010/04/12(月) 22:07:46|
  2. 鉄道模型(車両)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7
前のページ 次のページ