しなのさかいの駅前広場

ユートピアもモーターなしのままでしょうね

EF15初期型その2

 線路際の住民です

の 昨日取り合えずEF15用台車とEF16の車体を組み合わせた EF15初期型に
手を入れてみました。
 
 内容は、正面貫通扉の庇の取り付け
     正面に通風口の取り付け
     ホイッスルカバーを福米型に改造
 
 20100403002.jpg

 貫通路庇は、当初0.3mmのプラ板で造ろうとしましたが、強度に問題があった為に
塩化ビニールを使い 目見当で作り取り付けてみました。
 最大の難関だった通風口は、タヴァサパーツ 旧国用ルーバーを現物合わせで取り付け
何とか形に出来ました
 独特の形をした福米型ホイッスルは、元々の物を加工です。

 手元に福米用水タンクがあったので 簡単ですが、タンクを載せ併せて ホイッスルカバーを加工して
作った電気笛を取り付けてみました。
20100403003.jpg

他にも手を加えたいところもありますが、塗装して完成と致しました。
福米型・復元型どちらでも出来るようにしましたが、テールライトの形状を考えると
復元型の方が、良いかもしれません


20100403001.jpg
20100403004.jpg

上越型と並べてみました 実車では福米型の方が100mm低いのですが
そこまで再現しても Nゲージの世界では、0.67mmの差しか無く
見た目の効果も薄い物と考えたので 加工を見送りました。

 一晩のやっつけ作業でもうチョット!と云うところもありますが 何とか完成し 高二のEF15との
重連を楽しみたいと思います。

 しかしEF16と云う製品は、本当に利用価値の高い製品で細かい所を気にしなければ
色々な機関車が出来そうです
 まさか メーカーからその色々な機関車が出てきたりして・・
スポンサーサイト



  1. 2010/04/03(土) 17:54:12|
  2. 鉄道模型(車両)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5