しなのさかいの駅前広場

ユートピアもモーターなしのままでしょうね

戸口から戸口へ

 線路際の住民です
 
 いよいよ来月にカトーから寝台特急「あけぼの」セットが、発売されるそうで
首を長くして待っている私の肩は、パンパンになっちゃいました(ウソ)
20100420001.jpg
 通称ヒガハスで撮った迂回「あけぼの」ですが、看板無しだったので臨時列車と間違えそうですね!

 
 随分前から気になって居たのですが、緑色のコンテナに「戸口から戸口へ」なんて書いてあった標記が
JR化あたりからあまり見なくなりました。
 宅配が当たり前の時代に この標記は時代遅れになったのでしょうか。
 そんなコンテナが、全国を走り回っていた頃の昭和53年10月貨物時刻表の「貨物ものしりコーナー」に
貨物列車の種別 という簡単な紹介コーナーがあります 
 現在の運行形態に近い拠点間直行列車の他に 一般貨物列車(いわゆる黒い貨車)も
まだ活躍していた頃です
 この一般貨物列車に
 ・普通貨物列車・・・主として組成駅間の集約輸送に使用します。終着駅以遠行きまたは、別に定める
行き先指定区間行きの貨車の輸送に使用します。
 ・解決貨物列車・・・中間駅に於いて解結する一般貨車の輸送に使用するものです
 
 こんな感じで解説されています。
 現在でも 一部の列車に於いて貨物駅での増解結を行っていますが、この頃は 多くの貨物取扱駅で
貨車を増解結しながら運転されていたようです。

 因みに、高崎線解結列車993レを例にとると 大宮操車場13:27発車して 高崎操車場に20:17着!
7時間弱をかけて高崎線を下る列車って 今では信じられない話です
 しかし この集結列車が国鉄貨物ネットワークを形成に重要な役割を果たしていたようです

 現在 保線用車両の置き場や 線路を外された貨物ホーム跡を見ると当時の国鉄貨物の様子を
想像してしまいます。

 
  
スポンサーサイト



  1. 2010/04/22(木) 09:15:53|
  2. 鉄道写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11

トラックコレクション!

こんばんは平民です。
以前より製作を進めていたトラックコレクションの一部が完成したので画像を入れておきます。

bs-ku-ko-mixi.jpg
一枚目は日産ディーゼルのビックサム(後期型)のヤマト運輸コンテナ積載車。

bs-yamato-rantec.jpg
二枚目は同じく日産ディーゼルのビックサム(後期型)のランテック専用積載車。(コンテナは朗堂使用)

bs-rantec-1.jpg
三枚目は二枚目のランテック専用積載車の実車画像。

n-sg-nt.jpg
四枚目は日通コンテナ積載車と重トレ用トラクター。今回初の新型スーパーグレート使用。

製作後記としてビックサムは凹凸が多くマスキングに苦労しましたが、一応完成して一安心です。
他にも色々製作したいと思っておりますので、また製作したらアップしたいと思います。

  1. 2010/04/22(木) 00:04:33|
  2. コレクション系
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10