しなのさかいの駅前広場

顔色がちょっと悪そうでねー、

デッキガーターの下

こんばんは、しなのさかいです。

今週末はとにかく「あけぼの、あけぼの」でした。
当方も土曜日の昼過ぎには模型店へ足を踏み入れ、店頭に並んだばかりの製品を入手しました。
見事に綺麗な塗装で、圧倒的な完成度。いい買い物をしました。
北斗星と北陸に期待しましょう。
ん?


週末はいつものとおり、レイアウト建設です。
最近は調子が出てきました。
引き続き、山岳モジュールに手を加えます。


R0013596.jpg

新線と断崖の間に、少々雑草を置いてみました。
ここに、鉄パイプ系の保線用柵を植え込む予定です。
津川製で形状が良いのがありますが、若干太めなのが困りモノ。
もう少し考えてみます。


さて、旧線(内回り)のデッキガーターの下です。
ここを「海」とするか「川」とするか、そろそろ決断の時がやってきました。

これまでの進捗状況をおさらいしておきます。

CIMG3517_20100531225430.jpg

当初は完全に「海」をやるつもりでした。
入り江として製作。実は既にテトラポッドを買ってあります(笑)


R0010093_20100531225441.jpg

デッキガーターを外し、ちょっとだけアクリル絵の具で着色したところです。
砂浜をグレインペイントで仕上げたところ、なかなかの効果を得られました。


R0010325_20100531225450.jpg

そして海面を着色。
はじめての水辺づくりですので、調色のコツがわからず、かなりトロピカルな雰囲気に。
いくらなんでも、このままではいけないなあと反省しました。

このあたりから、「海」か「川」かで試行錯誤が始まります。

R0013500.jpg

「海」のままでしたが、海岸が少なすぎるので、ちょっとだけ埋立て。
ここまでやってみて、ふと思いました。
「隣の山には甲州街道のような情景を作っているのに、すぐ目の前が海ではおかしいのでは…?」


R0013681.jpg

「そうだ、川だ」と思い直し、ゆるやかなカーブを描いた川のつもりでもう一度。
しかし「海」にしか見えません。
娘の理科の教科書などを参考にして思案。

結果、こういう流れとなりました。

R0013708.jpg

あえて対岸を作ってみて、ようやく気持ちが落ち着きました。
右から左への流れと想定し、川幅も若干変えてあります。
水面もビリジアンにカーキを混ぜて着色してみました。


R0013711.jpg

R0013712.jpg

昨年12月に買っておいた“モーリンの石”こと「リアル・ストーン」を置いて、ボンド水溶液を垂らします。
石を固着させるため、モーリン社製の「スーパーフィックス」を探したんですが、あいにく品切れ。
このままで大丈夫か少々不安です。

カーブの外側は急な流れなので、比較的大きい石を。
そして外側でも下流には、中くらいの石を置き、慎重に使い分けます。


R0013714.jpg

対岸はカーブの内側に当たりますから、流れは緩やか。
つまり小さな礫が堆積するゾーンです。
ここには一番小さな石を敷き詰めまてみました。
ホント、久々に理科の勉強をした気持ちです。


R0013716.jpg

ここまでやって、アドリブ。
下流には小さな中州を設けて、川の表情に変化をつけました。
まるで牛乳をこぼしたような雰囲気です。大丈夫でしょうか。
水面の作業は始めてなので、神に祈るしかないですね。

つづきは、また次回に。
ではでは。











スポンサーサイト
  1. 2010/05/31(月) 23:01:22|
  2. 鉄道模型(レイアウト)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10