しなのさかいの駅前広場

「トイレ」が付く製品名はあんまりよろしくないですね。

16番ジャンク66仮復旧

こんばんは。北の扇形庫からです。

線路際の住民様よりリアルラインD51のジャンク品からの復旧の記事がアップされましたが、
私もちょうど同じような事をアップしようと思っていました。

以前カツミの16番EF66を台車枠割れの為ジャンク品として格安で入手した物です。
もう30年以上前の製品ですが、往年のカツミの電機シリ-ズのうちの1台。
当時、EF級ブラス製品としては比較的低価格の設定で、更に入門用としてEB,EDの自由形までラインナップされていました。
ブラスと言っても最近のスーパーディテール製品とは比べ物にならないほどあっさりしていますが、当時はこれで十分すぎるくらいでした。

台車枠も当時は分売されていましたが、流石に30年以上経って新品のデッドストックを探すのは至難の業。
今回は入手できたジャンクのED66から確保する事が出来て仮復旧となりました。
仮復旧と言うのは台車枠1枚の向きが違っている為です。
とりあえず走らせる事は可能になりましたので、あとは気長に探すしかありません。
ダイキャストのシーズンクラックですからこのロットの分は今割れていない分も何時割れてしまうか分かりません。
今となっては難しいですが、予備の台車枠を1両分確保しておきたいところです。

IMG_0484.jpg


交換を終えた台車枠ですが、ロットの違いでメッキの色の具合がかなり違います。
IMG_0487.jpg
IMG_0489.jpg

インサイドギアに縦型モーターという16番として古典的な動力ですが、安定感とパワーがあります。
このモデルは2M仕様で、車体中央部に積んだ大型ウエイト効果もあり、実車同様ハイパワーです。
後はギヤの調整をしてあげるとしますか・・・。

車体のディテールは弄らないでこのままオリジナルの状態にしておきます。
  1. 2010/06/11(金) 23:17:58|
  2. 鉄道模型(車両)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

D51を修理する

 線路際の住民です

 カトーから今秋にD51498が、発売されるとの事でとても待ち遠しいのですね。
 
 さて先日 中古模型店に立ち寄ると特売品コーナーの中にリアルラインD51460が
売られているのを発見! しかし良く見ると先台車欠品との事
 暫く考えた末他の個所に問題が、無かった事もあり思い切って購入しました。
   20100610004.jpg

 さて この先台車をどうするか? 動輪の抑え板を調べると特に先台車の取り付け部の
問題もなさそうなので 先台車だけを調達すれば良い事が解りました。
 そこで カトーAssyパーツC11用部品を付けてみました。
20100610003.jpg

 カトー製SLは、少し大きく作られているので上手く行くか心配しましたが
 すっぽりとした感じで装着出来ました。
20100610002.jpg

高いフランジや太いスポークが、気になりますが近くで見なければ気にならなかったので
このままにしました。

 この後試運転を機関区モジュールで行いましたが、無事にポイントを通過し動作や絶縁関連の問題が
無かったので 貨車を30両程牽引させて走らせてみると ナントとてもスムーズに走ります。

20100610001.jpg


 ほとんどジャンクに近い物を、少し手を加えた事で通常品と変わらない物になりました。
 この様に工夫をして修理をしたり作りだしたりする事も鉄道模型の楽しみ方の一つなんですね!
  1. 2010/06/10(木) 21:08:46|
  2. 鉄道模型(車両)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

DF50四国

 20100609002.jpg
 カトーの発売予定品の中にDF50がありました。
 既に同社からDF50は、発売されていますが、踏切障害対策を施した四国タイプとして
バリエーション展開をしたものだそうです

 親族が、予讃線沿線に住んでいた事もあり 客車・貨物列車を牽引していた同機を
線路際で良く眺めた事を良く覚えています。
 そこで未だ製作途中の駅モジュールの上にDF50貨物列車とキハ181系を並べてみました。
20100609001.jpg
 ナンバー未装着でスノープロウ付きのDF50と 流雪溝のある駅に違和感を持ちますが
キハ181系と並べると 予讃線の某駅を思い浮かべてしまいます。

 DF50四国タイプの発売が、待ち遠しくなります エッ隣の車両もですか?  まさか・・・・

  1. 2010/06/09(水) 12:20:44|
  2. 鉄道模型(車両)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

さよなら

もんちです
『皆様大変お世話になりました…さよなら…』

なんて思っているかは判りませんが、いよいよ中央線201系H4編成が20日に引退です!
関連グッツの販売も盛んになってきました!


ヘッドマークを模したストラップ



関連グッツの中にはありがたい事に、さよならヘッドマークのデザインを台紙に書いてある商品もあります。
そのヘッドマークのデザインをパソコンに取り込み加工してみました。


続きを読む
  1. 2010/06/07(月) 18:55:27|
  2. 鉄道模型(車両)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

アクアシリーズ、その後。

こんばんは、しなのさかいです。

山岳モジュールの続きです。
川の水面にグレインペイントを塗った後を見てみましょう。


R0013949.jpg

半日程度で乾燥したようです。
良い具合ですねー。
薄く筆を叩いて塗ったので、予想通り細かい光の反射が得られました。

「グリーンディープ」が乾燥したら、今度は石の際や小石の上に「クリア」を塗ります。
水に濡れた石を表現するためです。
白い絵の具がそれでして、まだ塗った直後です。誤解のないように~。
やはり叩きつけるように、そして控えめに。


R0013950.jpg

ところでこの「クリア」こそ、石の上に塗るべきものでした。
前回、中洲の上に「グリーンディープ」を塗って、半分水没した雰囲気にしようとしたところ、意外と色調が強く、まるで入浴剤をかけ流したようになってしまいました。
つまり大失敗。
カラー付は、あくまでも水面だけ、しかも石の手前までギリギリとして控えめに塗り、そこから石にかけて「クリア」を塗る方が良いようです。


R0013966.jpg

ですので、中洲には再度リアルストーンを撒き、きちっとした中州に仕立て直しました。

中州の上流付近に見える濁りが「クリア」を厚めに塗ったところ。
これで乾燥した状態です。
ちょっと控えめの水しぶき。
これで良しとするかどうか、もう少し悩んでみます。


R0013975.jpg

上流側。大型の石の周りにも「クリア」を塗って小さな波(濁り)を再現してみました。
が、効果はいまひとつです。
もう少し、水しぶきを強調してみてもいいかもです。


R0013976.jpg

対岸の石には、アクリルガッシュを筆で叩きつけて色調を整えました。
リアルストーンには、透き通ったような石が混ざっているので、こうして色を整える必要があります。
バーベキューの団体等、いろいろと想像できますね。
橋脚の下の水流も、もう少し荒々しくていいかもしれません。


R0013969.jpg

とりあえず、バックホウを置いてみました。
何か工事をしているんですかね。


R0013971.jpg

でも、バックホウにパトカーという組み合わせは、ナンだか緊迫感が漂ってくるから不思議です。
日本人は、こうした光景に敏感に反応するのかもしれません。
テレビの見すぎですね。
鑑識のワゴンも到着しました。
いったい、なに???


*     *     *


だんだん、楽しくなってきました。
素直に新素材・グレインペイントを選んだのは正解だったようです。
何よりも、乾燥時間が短く、また乾燥してもその上にホコリが付けば拭き取れるということが利点。

R0014003.jpg

以前、リアリスティック・ウォーターを使ったことがありますが、いつまで経っても粘性が残り、上に載った物体を吸収しようとする、変わった素材でして。
メンテナンスには苦労しました。
このアクアシリーズなら、水深をリアルに確保する必要がありませんし、また、ひび割れるような心配もなさそうです。

R0014004.jpg

革命的な素材(絵の具?)です。
みなさんも、これでもう、水のレイアウトは怖くないですね。
このあとは、水しぶきの表現について考えてみます。

ではでは。




  1. 2010/06/05(土) 20:58:27|
  2. 鉄道模型(レイアウト)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

グレインペイント・アクアシリーズ!

こんばんは、しなのさかいです。

今日は、仕事の帰りに総本山を参拝してきました。
「Z~」の共用パーツをたくさん仕入れてきましたが、これは!と思えるパーツに出会えなかったことも事実でして。
徒労に終わった感があります(笑)
ボディのバーゲン会場は、まだまだ終わる様子がありませんでした(爆)


本題です。
レイアウト工事の内容を更新しておきます。

前回ご紹介したままでした、モーリンの「リアル・ストーン」。
木工用ボンド水溶液での固着を試みましたが…。

R0013933.jpg

予想以上の強固な定着ぶりでした。
指で引っ掻いても、まったく動きません。
結果的には「スーパーフィックス」でなくてもスーパーフィックス?
心配して損しました。
ただし、石と石のすきまにメリハリが無くなってしまいましたので、ここはあとで塗装によりハイライトをつけます。

ここまで来たら、一気に水面の仕上げへ突入しなければなりません。


R0013946.jpg

水面の仕上げには、様々な素材が紹介されていますが、私はこれを選びました。
「グレインペイント・アクアシリーズ」です。
カラーは2つ。「グリーンディープ」と「クリア」を選びました。


R0014034.jpg

中身はこのように。
透明感はまったくありません。
こんな素材で本当にキラキラした水面を得られるんでしょうか。


R0013939.jpg

まずは、アクリルガッシュで川の色に塗った部分に「グリーンディープ」を塗っていきます。
ただし、筆を左右に動かすことはしません。
平筆でトントンと叩きながら塗っていきます。
アクリルガッシュの時とは反対に、今度は細かい塗りムラを作ることで、やさしい光の反射が得られるようになることを期待します。


R0013937.jpg

中州は絶えず水で濡れているようにしようと思い、接着した石の上にグリーンディープで塗りました(が、これは失敗でした。どうして失敗かは次回に)。
先に固着したリアルストーンには、ほどよいグレーに調色したアクリルガッシュを塗って、より川原らしく仕上げました。


R0013944.jpg

橋脚には、グレインペイントが付かないように、丁寧にマスキング。
とはいっても、万が一筆が接触しても、すぐに濡れ雑巾で拭けばきれいに落ちます。
ここがアクリル絵の具の良いところです(放置すると落ちなくなりますのでご注意)。


こんな作業をしながら、おととしのJAMでターナー色彩さんのブースに寄り、当時は試作段階だったこのアクアシリーズを見せてもらったことを思い出しました。
まだまだグレインペイントが発売間もない頃でしたので、もう次のステップを考えているのかとビックリしたことです。
こうして水面専用の塗料が発売される時代が来るとは。すばらしいですね。


はじめて使う素材ですから、ドキドキです。
乾燥したらどんな具合になるんでしょうね。
なんだか、電子レンジの中をのぞいている心境です。

ではでは。



  1. 2010/06/02(水) 23:08:27|
  2. 鉄道模型(レイアウト)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

トロピカルな海

もんちです


しなのさかい様が川を製作されていますが、コメントの中で『トロピカルな海』とありましたので、
例の下田ビューホテルの客室から撮影した画像をはります。






下田の海ですがトロピカルな雰囲気十分です!

海の青さが南国風ですがここは下田。
沖縄などではありません!
いかがでしょうか?


鉄道ネタではなく大変失礼しました…

  1. 2010/06/02(水) 21:10:42|
  2. 鉄道模型(レイアウト)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7
前のページ