しなのさかいの駅前広場

ユートピアもモーターなしのままでしょうね

「あけぼの」のソロから見る夜景

こんばんは、しなのさかいです。

今日は、こんな粗末なスキャン写真を。
本当は先月末にアップしようと思っていたんですが、ちょうどレイアウト製作のトリコとなっており、出しそびれてしまいました。


akebono1991-3.jpg

「あけぼの」の話です。
1991年9月、川部からノスタルジックビュートレインに乗った後、秋田で乗車した時の写真です。
ホントにヒドイ写真ですみません。
機関車はED75-757ですね。解読できて良かった(笑)


akebono1991-2.jpg

ソロに乗り込みました。
跳ね上げあられているベットの一部を倒すとB寝台の完成。
窮屈そうに見えますが、いえいえ快適快適。
壁側に見える台形のクッションを奥の位置に変えて背もたれを作ります。
進行方向に向いて足を放り投げて座ることができるので、部屋を真っ暗にすると夜景が見事。
国道を並走する長距離トラックを見ながら、贅沢なひと時を過ごしたことです。
以前にも書きましたが、「あけぼの」のソロはJRの中ではトップクラスの車窓かと思います。

この時は山形新幹線の工事の真っ最中でした。
この後、夜中の新庄駅のホームを見た記憶があります。
そこからはDE10の重連で小牛田へ向かったはずですが、今の「あけぼの」のルートから見ると想像を絶します。


akebono1991-1.jpg

上野駅で自分の部屋を。
上段のどこかだったと思います。
明け方、京浜東北線の103系と並走したときの優越感は、そりゃあもう、でした。


akebono1991-4.jpg

電源車はカヤ24でした。
やっぱり「あけぼの」にはカヤですね。
スキャンしたまんまでもったいなかったので、掲載させていただきました。
要は「『あけぼの』のソロは素晴らしいから、みんなで乗ろう」ということでございます(笑)


*     *     *


話題をもうひとつ。
この時、夜景を眺めながら聞いたCDがありまして…。

R0014081.jpg

宮本文昭「蒼の薫り(あおのかおり)」(SONY RECORDS)。
カセットのウォークマンで何回も聞きながら上野を目指しました。
昨今、BSの鉄道番組でも試行錯誤の中、様々な曲がBGMに使われてるようですが、このオーボエの曲は文句なしに幻想的な夜の車窓に合うと思います。

勝手な主観です。
が、夜中に室内灯を組み込んだカトーのブルトレを走らせることがありましたら、是非とも試してみてください。
ホントに酔えます。
もちろん、本物の車窓で試されることがベストですが。

ではでは。




スポンサーサイト



  1. 2010/06/18(金) 22:43:58|
  2. 鉄道旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8