しなのさかいの駅前広場

またリニューアルですか、そうですか

さよならは車両だけじゃない

快特天使です。

皆様本日はお疲れ様でした。走行会自体久しぶりだったので、久々に楽しい時間が過ごせました。
また、本日初めてお会いしたイケレク殿、これからもよろしくお願いします。

私は例によって例の如く私鉄スペシャルでしたが、ほぼ東急に偏重しました。

本日のような新たな出会いもあれば、時には別れの時もあります。
これは鉄道車両にも言えるでしょう。ここ最近では京急の代表選手だった1000系が遂にオールリタイアし、写真や模型の世界、或いは四国に行かなければもうあの勇姿を見ることはできません。

しかし、さよならは車両ばかりではありません。

DVC00136.jpg
こちらは、本日走らせたメトロ7000系と東急9000系TOQ-BOXです。平民殿所有の小田急2600系も写っていますが、こちらは車両自体鬼籍入りしているのに対して、メトロと東急は現役バリバリです。しかし、これらも実は二度とお目にかかれません。そう、このカラーリング、装飾が既に過去のものとなってしまったのです。メトロの方は将来リバイバルの期待がありますが、TOQ-BOXの方はその望みは叶えられないでしょう。

01150081.jpg
TOQ-BOXは、80年代半ば頃に東横線と田園都市線1本ずつ、そしてバスの各営業所に1台ずつ配属された統一広告列車で、東横線の9006Fは2代目で、初代は8087Fでした。田園都市線は一貫して8634Fです。当初はシャボン玉でしたが、その後、一般からデザインを公募して、スコアをイメージしたレインボーに変わりました。これが後々GMより限定品として模型化され、平民殿を介して私の掌中に収まりました。

しかし、鉄道、バスともに広告の規制緩和でボディへの広告がなされるようになると、TOQ-BOXは段々存在意義が薄れてしまったのでしょうか、両線とも側面の装飾がはがされ、遂に正面もはがされてただの9000系となってしまいました。但し、8634Fの方は赤い帯が残存しており、また、8637Fがまだブルーのままなので、面影はまだまだあります。これらも果たして安泰かどうかは判りませんが・・・。

と言うわけで、1/150の世界ではこれからもレインボーは現役バリバリで活躍します。
スポンサーサイト



テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/07/05(月) 01:00:06|
  2. 鉄道模型(車両)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5