しなのさかいの駅前広場

またリニューアルですか、そうですか

コキフ10900検測車の製作

こんばんは。北の扇形庫からです。

先日駅前広場祭りでチラッとだけお見せしましたコキフ10900検測車です。

実車について:コキフ10900は性能試験などの際に添乗・測定する車両が必要となり、昭和62年コキフ10510から改造されました。コキフ50000形から撤去した車掌室を2個背中合わせにして測定室に転用。
測定室を外して通常のコキフとして使用も可能です。

何故このコキフ10900を作る事になったかと言うと、以前運転会でコキ10000系の編成を走らせる事になり、集めようとしました。
市場在庫が途切れていた為中古を探したのですがコキが必要数集まらず、コキフの車掌室を外してコキ化した経緯が有って車掌室だけの余剰が発生しました。
部品箱から出てきた車掌室を見て何かに使えないものかと思っていた所、以前実物誌で見たコキ10900の事を思い出しました。
種車はカトーのコキフ10000。車掌室3個分分解です。
このコキフの屋根は透明部品で側面窓ガラスと一体で作られています。
IMG_0477.jpg
IMG_0474.jpg

コキフ10000とコキフ50000の車掌室はほぼ同様の形ですが、ベンチレ-ターの位置が違い、煙突が有ります。測定室の分はトミックスのコキフ50000を参考にベンチレ-ターの位置を変更し、プラ板加工の煙突を追加します。
IMG_0473.jpg
IMG_0475.jpg

屋根の色は後年の写真ではグレーだったり、車体と同様に青だったりしますので、作例では青15号にしました。
測定室のトイレ窓ガラスは実車では白になっていますので、エナメルで塗っておきます。
IMG_0492.jpg
ついでに製品では省略されていた車掌室側面の信号炎管をプラ棒を加工して取り付けておきます。
車掌室部分も塗装します。窓サッシに銀、Hゴムにはグレーで色差し。
IMG_0478_20100709205044.jpg
IMG_0480_20100709205044.jpg

塗装の終った車掌室と測定室を車体に乗せてみます。何か物足りない…。
ハンドブレーキのハンドルとその作用ロッドが有りませんし、車掌室と反対側の手すりも有りません。
その辺りの加工をしてみます。
IMG_0499.jpg
車掌室と反対側の手すりはトミックスのコキフ50000に付属の物の余りを塗装して使います。
ブレーキハンドルはエッチングの部品が有りましたので、それを使います。あとは真鍮線やプラ棒等でそれらしく作ります。
IMG_0559.jpg

IMG_0507.jpg
IMG_0508.jpg
ハンドルなどの金属部品にプライマーを筆塗りして車体全体を再塗装です。
塗り上がったものをアップで見ると随分雑な造りですね。
IMG_0521.jpg
車体や検測室の加工や塗装も終りましたので、帯や車体表記などのデカールを製作します。
検測室には黄帯とJR貨物検測車の文字、車体にはナンバー等の車体表記です。
今回はペイントを使って原画を製作しました。その原画を基にMDプリンタでクリアーデカールに印刷します。
検測室の黄帯はもう少しオレンジ色っぽい黄色にしたかったのですが、MDプリンタ特有の縞目模様が出てしまいますので単色のイエローで印刷します。貼り付けた時に下地が透けないよう、先に白で印刷し、重ねて黄色を印刷しました。
黄帯のJR貨物検測車の文字部分は透明にして、貼り付けた時に下地の青15号で文字部分が浮き上がるようにしましたが、果たして上手く行くか…?
IMG_0479.jpg
車体表記の方はコキフ10900のナンバーや空・積の表示の他、隅田川駅常備の文字も。
管理局名の「東」はインレタが有りましたのでそちらを使用しました。

コキフ10000.-2JPG

さて、出来上がったデカールを貼り付けてみます。
検測室側は黄帯を貼り付け。
透明でJR測定車と入れた黄帯は貼り付けたところ、下地の青で何とかJR測定車の文字が浮き出てくれました。

車体側はコキフ10900のナンバーや空・積表記などを貼りつけ。
隅田川駅常備の文字は小さすぎたのか何だか良く分かりません・・・。(苦笑)
まあ、老眼でよく見えませんから雰囲気だけで良しとしますか。

管理局名の「東」手持ちのインレタを転写。書体が国鉄時代のためか実車の物と違いますが、気にしないことにします。

IMG_0541-1.jpg

デカールも貼り終えて、検測室は一旦外して窓ガラス部品を外し、車体側と共に保護の半艶透明クリアーを吹いて乾燥後再組み立てして一応の完成といたします。

IMG_0540.jpg
IMG_0539.jpg
検測室は固定用の爪を2箇所残してあり、車体側にも角穴を2箇所開けて取り外し可能にしておきました。
テールライトは当初チップLEDで点灯化も考えたのですが、この車両を最後尾にして運転することも余り無い事から今回は見送りました。(一番の理由は面倒だから!)
そのうち気が向いたらやるかもしれませんが・・・。

余剰部品の有効活用から始まった久々の加工は相変わらずの手抜きお手軽加工でした。
今回は作り始めから完成まで一気にご紹介しましたので長くなってしまいましたが、最後までお付き合い有難うございました。



スポンサーサイト



  1. 2010/07/09(金) 21:20:27|
  2. 鉄道模型(車両)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5