しなのさかいの駅前広場

ユートピアもモーターなしのままでしょうね

115系1000番台長野色

こんばんは、しなのさかいです。

Nゲージ「長野まつり」のつづきとなります。
今度は、カトー「115系1000番台長野色」を見てみます。


R0014478.jpg

この車両、当方の超ストライクゾーンでして。
なんてったて、信濃境駅に停車する車両ですので(笑)
謹んでインプレッションを書かせていただきます。



まず最初に。
この製品、発売前にいろいろと物議を醸しだしました。

R0014489.jpg

そのきっかけとなった「新たなる仕様」。
シールドビーム、テールライト、タイフォン、ジャンパ栓受がこのように別パーツ化されました。
古い金型のまま、大型シールドビームのままでリリースされると思っていましたが、まさかこうして仕様改善がなされるとは…。
メーカーとしても、従来の「大型シールドビーム」に危機感を持っていた、ということでしょうか?


R0014491.jpg

1999年頃に発売された「115系1000番台横須賀色」と比較してみました。
今回の仕様改善でシールドビームがひと回り小さくなりました。
これでもまだデカいという批判があるようですが、当方としては許容範囲です。
よく見ると、タイフォンの形状も変更となっています。
おや、貫通扉下の渡り板の蝶番の表現も違いますね。
何気にいろいろと見直しが図られています。


R0014487.jpg

今度はトミックス製品と比較してみましょう。
左がトミックス、右がカトーです。
こうして見ると、シールドビームは、まだトミックス製品の方が小さいようです。
でも、その差はほとんど目立たなくなりました。


ところで。
当方にとっては、この仕様変更が「シールドビームの小型化」だけを狙ったものだとは思えませんでした。

R0014482.jpg

トミックス製品をこのような角度で見てみます。
前面にまわりこんだエメラルドグリーンにご注目。
帯がフニャフニャに歪んでいます。
まるでフリーハンドで筆塗したような(本当だったりして!)
当方は買っていませんが、マイクロエース製の115系300番台でも同じだったようです。
シールドビーム部が塗装の障害となり、このような醜いラインで塗装せざるを得なかったと思われます。
このトミックス製品は10年以上大切にしてきましたが、唯一この帯だけが不満でした。


R0014484.jpg

今回の製品では、塗装の際にシールドビーム部が邪魔をしなくなったようです。
このようにエメラルドグリーンの帯は、前面にかけても直線状に。
こうしてきれいな帯を見ると、仕様変更を決めた担当者氏は、このような配慮までを考えていたのではないかと思わざるを得ません。
ほぼ旧仕様のままとはいえ、当方はこの帯の塗装具合を見ただけで「買い」と判定しました。
そいえば、トミックスのキハ40系も同じようにシールドビーム等が別パーツ化されていましたっけ。
やはり、このような塗装工程での狙いがあってのことなのでしょうね。


R0014481.jpg

カトーらしくオデコ滑り止めが塗装されています。
信号炎管、列車無線アンテナ、ホイッスルカバーまで取付済み。
ベンチレーター等は屋根板と一体化のままですが、まあいいや、というところです。
不満なら、別パーツ化工事は容易にできますから。


R0014479.jpg

旧金型とはいえ、こうした細かいレタリングは金型には関係ありません。
ATS表記、区名表記、ドアの靴ヅリと運転席ドア下部の取っ手の銀色表現…。
通常、トミックス製品ではお目見えしない仕様です。
この点は、確実にトミックス製品に対してアドバンテージを持っていると言えます。


*     *     *


「古い金型でも、まだまだ利用していこうかと」。
先日の鉄道模型ショウでは、担当者氏からこのようなお話を聞くことができました。
今回の115系は、そんな発言を裏付けるかのような仕様だったような気がします。

小規模な改善をしつつ、他のメーカーがやらないようなレタリングで互角の勝負に持ち込もうとする戦略でしょうか?
こうした方針でリリースされる製品は、ユーザーの購買行動を大いに揺さぶることとなるでしょう。
E127系のような完全新規製品の「お供」のような形でリリースされれば、相乗効果もある訳で。
Nゲージメーカーのマーケティングを垣間見た、そんな気がします。


「地方を走る列車シリーズ」。
ポジティブな意味でユーザーを「えっ!」と思わせるキャッチコピーです。

R0014493.jpg

次は「新潟編」ですね。
乗り鉄にとっては、楽しくて仕方ありません。
短い動力ユニットを開発して、キハ100なんてやってくれないものでしょうか。


納得のいく仕様であり、納得のいく価格であること。
こうしたユーザーを裏切らない製品化が、成長を続ける鉄道模型業界にとっての、今後の生き残りの「鍵」となるような気がします。
一部のメーカーによる乱暴な製品化には、もう疲れ果ててしまいました。
そろそろ、どこかのメーカーが脱落しそうな気がします。
あくまでも「なんとなく」ですが。

ではまた!
スポンサーサイト



  1. 2010/08/02(月) 22:59:39|
  2. 鉄道模型(車両)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

キハ40 700番台

おばんです。未だ北海道モードの北の扇形庫からです。

今日は日本高速鉄道㈱さんからリクが有ったキハ40をアップしてみます。

国鉄時代から引き続きローカル線中心に活躍しているキハ40ですが、デビュー時
北海道向けは100番台として落成しました。
函ハコ所属車はワンマン改造の700番台とその特別保全工事施行車の1700番台です。

朝夕の通勤・通学時間帯には3~5両編成も見られますが、その他は1両か2両編成です。

DSC00813.jpg
DSC00842.jpg

特別保全工事施行車の1700番台
DSC00898.jpg
DSC00901.jpg

五稜郭駅を発車。架線下を走行する江差線上磯行。
DSC00853.jpg

函館駅に停車中のキハ40 839は何と1次車です。元番号101~116。
117以降は座席配置と窓配置が変更され、台車もDT-44からDT44Aとなっている。
IMG_0617.jpg

1次車オリジナルのDT44台車。
IMG_0618.jpg

[広告] VPS
  1. 2010/08/02(月) 21:53:22|
  2. 鉄道写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4