しなのさかいの駅前広場

ユートピアもモーターなしのままでしょうね

MD-1500予備機増備

こんばんは。北の扇形庫からです。

MD-1500予備機と言っても罐でもコンテナでもありません。
形はコンテナと良く似ていますが・・・。
デカールを作られる方にはお馴染みのALPS社のマイクロドライプリンタであります。

IMG_0722.jpg

先日近隣のハードオフを3軒はしごした時のこと。
2軒目で動作未確認ということでジャンクで1,050円でした。
既に同じ物を持っていたのですが、この機種はもう何年も前に
製造は終了しており修理すらもう受け付けていない状況。
予備としてGETしておきました。
帰宅して動作確認したところ問題なく印刷できたのでひと安心。

IMG_0725.jpg


唯一残っていた上位機種のMD-5500も5月でとうとう販売終了に。
インクジェット全盛の現在ではコストと印刷スピードでは対抗できないので
仕方ない事ではありますが、インクジェットでは出来ない白やメタリックの印刷が
出来る事から根強い需要が有るのも事実です。
デカール印刷の定番機として使われている方も多いことでしょう。

IMG_0727.jpg


本当は解像度もアップして機能も多いMD-5500が欲しいところですが、
私の場合は原画を作るのも億劫で出来た物を買ってしまうことも多いですし、
それほど使用頻度も多くないデカール印刷だけに使うには高価すぎるので
当面はMD-1500を使っていきます。
白やメタリック含むのはMDプリンタで、それ以外はインクジェット用デカール
というように使い分けして行くのが良いでしょうね。


スポンサーサイト



  1. 2010/10/23(土) 22:28:13|
  2. 駅ノート
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:5

Nゲージ・スローライフ宣言?

こんばんは、しなのさかいです。


ハロウィン、だそうです。

R0015189.jpg

ちょっと怖いです。



さて。
国鉄貨車に対する興味は、まだまだ続いています。

R0015172.jpg

最近は、模型店に入っても、まずは貨車の在庫をチェックすることが多くなりました。
こんなこと、30年ぶりかなと思えるほど、今までの自分にとって信じられない行動です。



先日は、中古店で「たから号」のバラ売りが行われていましたので、1両買ってみました。

R0015177.jpg

チキのままで車扱いがされていたかどうかは疑わしいらしいのですが、カトーでも貨車セットにチキを入れていますので、深く考えないこととします。



R0015179.jpg

黒貨車だらけの編成にこういう色が入ると、注意深く見つめるようになります。



だいぶ前に使わなくなって、ジャンク品のような扱いをしていた貨車もあります。

R0015182.jpg

その中にはホキ2200がありました。
クリーム色もかなり退色しています。



R0015184.jpg

しかし、最新ロット2両で挟み込むと、この退色したクリーム色が、かえって生きてきます。
編成全体がリアルになりました。
ウェザリングをしたみたいです。



今年に入ってから、カトーは魅力的な貨物用電気機関車を続けてリリースしました。
こうした方向性が、くすぶっていた貨車市場を牽引しているようにも見えます。
トミックスの不可解な二軸貨車シリーズも、さらに刺激となっているかもしれません。

Nゲージ市場では、空前のコンテナブーム。
国鉄貨車も、こうした機関車の充実により、新しいブームとなる予感です。




*     *     *




いろいろと振り返ってみると、2000年代は、新興メーカーの躍進により、選んで買うことが出来なくなっていました。
1990年代の「飢餓感覚」を引きずっていたからだと思います。
そういえば、カトーのスハ43系(もちろん旧室内灯仕様)なんて、どれだけ待っても再生産されませんでした…。
1990年代は、そんな記憶を持っています。


R0015197.jpg
 (写真はイメージです)

「すぐに売り切れてしまうのでは」という危機感が襲ってくると、もうダメ。
仕上がりの良くないセットでも、すでにネタでヤられていますから、当然のようにポンポン買ってしまいました。


しかし最近は、古参メーカーが、まるでオセロをひっくり返すような勢いで魅力的な製品をリリースし続けています。
しかも、仕上がりがとても良好!

もう「選んで買うことができる時代」なのかもしれません。
出来の悪い製品には、キッパリとNOと言いたい。
そんな心境です。



R0015188.jpg

こうして貨車を1両単位で集めていくと、なんだかホッとします。
そして、デコボコの編成を、機械然としたEF15に牽かせてみると、自分の方向性をあらためて探したくなる、そんな気分になります。

ガツガツ買わなくても、またいつか買えるさ…。
2010年代は、そんなスローな気分でNゲージをやっていこうかと思うこのごろです。


ではまた。






  1. 2010/10/23(土) 21:13:50|
  2. 駅ノート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14