しなのさかいの駅前広場

またリニューアルですか、そうですか

第31回日本鉄道模型ショウ(その2)

(その1からつづく)


【リアルライン】

毎年、入口の横にブースを構えるのは、数年前にD51を発表して一大旋風を巻き起こした「リアルライン」。
今年は、カトーからD51498の製品化が発表され、しかも来月にその発売を控えたタイミングでの出展となりました。

R0015212.jpg

そんなアゲインストの風(?)に向かって、でしょうか。
やはり今年の初夏に話題となったG-3型デフレクター・集煙装置付のD51498を発売するそうです。
エッチング製のデフレクターは、カトーの今後の展開にはあり得ないと思われます。
こうした点をアドバンテージにして、今後もD51のバリエーションを展開されるのでしょう。
お話を聞いてみたところ、いろいろとお考えを練られているようでした。
もともと考証力を持っているメーカーですから、突風が吹いただけで市場から去ることなどないよう、早めに独特の立ち位置を見出してもらいたいです。



【さんけい】

こちらは、あっという間にストラクチャー・メーカーとしての立ち位置を不動にしてしまった「さんけい」。
今年の年末アイテム(?)として、「となりのトトロ」の草壁邸をリリース。
Nゲージサイズです。


R0015216.jpg

実は、当方もかつてスクラッチしようかと考えていたことがありまして。
こういうのがレイアウトにあると、娘たちのウケが良いのです(笑)
ですから、このアイテムはビンゴ。
当方にとって、この草壁邸がさんけいデビューとなりそうです。


R0015218.jpg

予定価格は4,578円。12月発売予定。
スタジオ・ジブリでは、このアニメ上の家を詳細に設定しているため、設計にはかなり神経を使ったそうです。
そんな努力があったからでしょうか。
ジブリ側に試作品を持ち込んだところ、一発でOKが出たそうです。
なかなか興味深いエピソードを聞くことができました。


ストラクチャー全般についての今後の具体的な展開ビジョンは特に無いそうです。
気に入った建物があればその都度開発していくとのことでした。
当方からは、甲州街道沿いに見られるような建物の製品化を要望。
「トミーテックの歪んだ建物はレイアウトに置けないのですよ」
「できると思いますよ」
こんな会話をさせていただきました。
期待しています!



【プラッツ】

5月のトレインフェスタで初めて見た試作品が、つい先日に発売されました。
「プラッツ」の0系R68編成のZゲージ。


R0015222.jpg

予告通り、食玩版からのリリースとなりました。
前面ライトとボディとの境界がもう少しはっきりとしていれば魅力的だったかもしれません。
ぱっちりオメメが0系のシンボルですから。
ちょっとボヤーっとしているか…。


R0015223.jpg

会場では既にモーターを組み込んでデモ走行。
高架下を走るD51と好対照でして、なかなか絵になっていました。
今後の展開についてお聞きできなかったのが残念です。



【クラウンモデル】

R0015242.jpg

Zゲージの車両のリリースを、早くから展開している「クラウンモデル」。
レイアウトを展示して、ユーザーに遊び方を提案していました。
なかなか見ごたえがあります。



【ロクハン】

初参加だったと思います。「ロクハン」です。

R0015224.jpg

レール関係の発売を控えているとのことでした。
大変意欲的なメーカーでして、Zゲージの総合メーカーとなるためには、このインフラ製品のリリースは避けられないそうです。
設計はまずまずのよう。
あとは安定供給のハードルをどう越えるか、です。


R0015226.jpg

パワーパックもなかなかオシャレでして。


R0015230.jpg

スケルトンボディの113系がクルクル回っていました。
スローも効いており、Nゲージと比べても遜色ない走り。
しかし車両のリリースは、早くても来年の夏頃なんだそうです。
開発段階で設計スケールを変えたことは知っていますが、うーん、遅い。
レールと車両の生産がアンバランスになると「遊び方」を提案することができませんから、ちょっと心配です。
既存のNユーザーだけでなく、新規ユーザーにもアピールしていくならば、この条件は必須だと思います。
車両とレールを同時に生産することも大変なことですが、新規ユーザーに飢餓感を与えると、すぐに飽きられてしまうのではないでしょうか。



【アクラス】

昨年のこのイベントでは、アクラスの1/80・183系の美しさに酔っぱらってしまいました。
その後も製品開発の勢いは衰えていないようでして、今でもNゲージ専業の当方に「1/80においでおいでー」と手招きをしています。

R0015243.jpg

スハ32系といい、ワム80000といい、どれを見ても魅力的で。
どうか、そっとしておいて欲しいものです(笑)
クハ183のB級品が4,500円で販売されていたのには参りました。
たった1両の安易な買い物が、いつのまにか12両になるのは目に見えていましたから(笑)



*     *     *



今年のこのイベントで見えた大きな変化は、やはり「Zゲージ」という分野がはっきりと現れたことです。
レールやパワーパック、ストラクチャーまでを製品化しようという意気込みは半端なものではありません。
当然に開発資金も大きく用意しなければならないと推察します。

東京マルイのZゲージ撤退が確実となりつつある今。
複数のメーカーの共同体で盛り上げようとする姿勢は、一定の危機意識のあらわれでしょうか。
技術力や考証力もある方々ばかりのようでしたので、製品については楽しみにできるレベルと見受けられました。

しかし、現在の鉄道模型市場は、そのような力だけでは生き残れないのも事実。
昔とは違い、ユーザーに「遊び方」を提案し続ける姿勢が必要です。
ですので、安定供給、そしてバランスのとれた製品のリリースが無ければ、遠心力が働いて一気に沈没しかねません。

Nユーザーや16番ユーザーに「Zもやりましょう」とアピールすることができるのか。
それとも、新規ユーザーにターゲットを絞ってアピールしていくのか。
そして何よりも、Zゲージが定着するほどの新規ユーザーは本当に潜在しているのか。

鉄道模型市場にとって、これらのメーカー各社の情熱はひとつの資産でもあります。
それだけに、早々の撤退だけは避けていただきたいものです。


□     □     □


夏に行われる複数のイベントに比べると、大人の香りがただようこの「日本鉄道模型ショウ」。
そんなムードの中でNゲージを見ていくと、それはそれでまた新たな発見があったりします。

毎年訪れるたびに景色が変わる京急蒲田駅。
今年は、とうとうプラットホームが空中に移動していました(笑)
来年は、どうなっているんでしょうね。

ではまた、です。







スポンサーサイト



  1. 2010/10/31(日) 09:47:23|
  2. 鉄道模型イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

第31回日本鉄道模型ショウ(その1)

こんばんは、しなのさかいです。

昨日、首都圏は台風を迎えてしまいました。
普通なら外出を控えるべきところですが、蒲田へ出撃です。
「第31回日本鉄道模型ショウ」へ行ってきました。
同行いただいたのは北の扇形庫からさん、線路際の住民さんです。
雨の中、お互いにおつかれさまでした。

それでは、簡単ではありますが、レポートさせていただきます。
当方、どうしてもNゲージを中心とした視点となってしまいますが、お許しください。



【マイクロエース】

毎回のごとく、発売を控えたアイテムが展示されていました。


R0015232.jpg

両運転台車・キハ53です。
この顔はトミックスで散々製品化されていますから、蕨方面としてどのような個性が出てくるか楽しみです。
単品販売というところに、思わず財布が口を開けそうですが、仕上がりを見極めてみましょう。


R0015238.jpg

コキフ10900。
当ブログでも、北の扇形庫からさんの作例が紹介されています。
そういえば、カトーではワキ10000を再生産します。
この緩急車はどうすればいいんでしょう??
嫌な点に気が付いてしまいました。


R0015239.jpg

最近になって製品化発表された、ホキ6600です。
車高が十分に抑えられています。


R0015235.jpg

こちらはキハ37。
「木更津―上総亀山」という前面方向幕はシールでしょうか。
トミックスもここまでやるかどうかは微妙?


R0015241.jpg

キハE130系もカラフルに並んでいました。
水郡線からキハ110系が撤退するなんて思いませんでした。
しばらく訪問していませんが、もうこんな列車ばかりが走っているようです。
シルバー系車両は比較的カッチリした出来の同社。
この車両もそんな印象を受けました。
マイクロエースさんは、JR東日本の車両をまだやる気なのか…。


R0015237.jpg

113系の幕張車。
アンチクライマーが一体成型されています。
また新たな前面に挑戦かな?
車高が抑えられているように見えますが、いかがでしょうか。
そろそろマイクロエースには、113系、115系の決定版を作ってもらいたいところです。


最近は、リニューアルを兼ねた再生産品が多くなってきたように見える同社。
近所の量販店では、たたき売りアイテムの常連メーカーとなっています。
ユーザーもここにきて「おなかいっぱい」といったところでしょうか。
同社の市場での立ち位置も、再定義されることとなりそうです。

(その2へつづく)





  1. 2010/10/31(日) 09:21:56|
  2. 鉄道模型イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4