しなのさかいの駅前広場

コキ500000、発進!

グリーンマックスの動力ユニットをちょっとだけ考える

こんばんは、しなのさかいです。


動力ユニットのお話が続いてしまいます。
グリーンマックスの103系の動力ユニットをちょっといじってみました。

最近の同社の動力ユニットは前後の台車それぞれにモーターが付いています。
ガンダムOO(ダブルオー)のように言えば「ツイン・ドライブ」です。

このユニット、走らせると「んあーっ、あっ、あっ、あー」という具合。
そんな音を立てて、小刻みにブレーキがかかりながら不安定な走りをします。


で。
とあるサイトを見たところ(忘れてしまいました。すみません)、おもしろい分析と改善策が紹介されていました。
当方も同じことをしてみます。



IMG_0737.jpg

この動力ユニット、両方の台車にトラクションタイヤが付いています。
しかし、モーターが完全に協調しないと、一方の台車のトラクションタイヤがブレーキとなってしまいます。
このため「んあーっ、あっ、あっ、あー」と、不安定な走りをするようなのです。
そこで、このように一方の台車の一つの軸にタイヤ付車輪を集約します。
車輪は軸からスポッと抜けますから、換装は容易です。



IMG_0739.jpg

ですので、反対の台車は当然ながら…、
このようにトラクションタイヤなしとします。

最近のカトーは、M付車両・編成の重連を想定した製品をタイヤレス仕様にしています。
たぶん同じことを懸念しているのだと思います。

動画でご紹介すればいいのですが、ご容赦を。
これにより、当方の動力ユニットは、とりあえず普通に走るようになりました。
ちょっとした工夫ですが、うれしい改善です。



*     *     *



話題は変わりますが…。

今年の大河ドラマ、大変なことになっています。
もちろんネガティブな方向で、です。
当方、平成2年の鹿児島ネタから1話も欠かさず見ています。
この間、数々のドラマは出来の良さもバラバラでしたが、今年の作品はその許容範囲を超えそうです。



R0015946.jpg

6年前に買った「真田太平記」のDVDボックス。
月刊マイクロエース全盛の頃でしたが、どうしても欲しくなり、ヨドバシカメラで5万円近くを支払いました。
1992年にBS2で再放送を見て以来、その出来のよさ、役者と脚本のすばらしさに虜となり、もう一度見てみたかったのです。
今ではツタヤでもレンタルが出ていますが、よく「貸出し中」となっていますね。

1985年、大河ドラマが現代路線に舵を切った頃に、水曜日20時からの枠で放送されたものです。
これから第1回「若武者たち」を見ます。
今年の大河ドラマを補完すべく、全45話をもう一度見てみようと思います。

「江」も見続けるのかなあ。
小5の娘は楽しんでいるようですが。


ではまた。




スポンサーサイト



  1. 2011/04/18(月) 22:32:46|
  2. 鉄道模型(車両)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5