しなのさかいの駅前広場

コキ500000、発進!

ようこそ信州高原へ!(カトーEF62前期形)

20110419001.jpg

線路際の住民です

待ちに待ったEF62が、本日発売されました!
数年前より製品化の噂を聞いて以来待ち続けて首がくたびれちゃいました。
しかし 果報は寝て待て! 昔の人は、良い事を言いますね、仕上がりを見ると
まさにEF62です、待った甲斐がありました。
20110419004.jpg

走らせてみるとフライホイールの効果の為か出足の滑らかさが、印象に残ります
しかし 踏ん張りの良さに EF63と協調させた時に力の掛かり具合によっては
不協調が原因の脱線を懸念します。
 このEF62を見て全体的な造形について とても満足の行くものですが、
屋根上のパンタグラフの取り付け部に違和感を持ちます。
20110419006.jpg


EF62の屋根構造は、車体軽量化を目指した為に 材質にFRPを使っています
その為に他の機関車と異なり 直接パンタグラフ台を設置出来ない事から 左右鋼体部分に渡した鉄パイプにパンタグラフを取り付けております。
製品もモールドで表現をしておりますが、残念ながらパイプ枠の感じに 今ひとつな感じを持ちました。

そこで 購入したばかりではありますが、試しに片方のパンタグラフ台に手を入れてみます

20110419005.jpg
加工し易い様に車体から屋根を取り外した後に モールドされたパンタ台!を削り取ります

ん?EF62にパンタ台は、あったのかな? 
パンタグラフの取り付け強度を保つ為にパイプを敢えて削る事なく真横に沿う感じで取り付けます
20110419002.jpg

 こうすれは、パンダ取り付けパイプが、枠の様な感じになり実車に近いイメージになると思います
20110419003.jpg

製品が、前期形と称しており 同封のナンバーも 7.11.20.23号機です
篠ノ井に残留したモノ、EF58に替わり下関へ転属後 荷物列車を牽引に活躍したモノと 双方を 選択出来ます。
荷33レの静岡駅でのEF58164とEF6217の交換は、印象的でした。
因みに 下関転属後ジャンパ栓の取り付け位置の変更改造をされてますが、転属時の画像をみると まだ原型なんですね
また3号機は、長野車両センターに7号機も篠ノ井派出所に保管をされているそうです
こうして見ると EF62は、信州の機関車なんです
信越線を走る326レを 再現して見たくなりまね!
iphone_20110419202856.jpg
スポンサーサイト



  1. 2011/04/19(火) 21:12:26|
  2. 鉄道模型(車両)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8