しなのさかいの駅前広場

GMの名鉄2200系6両セット、32,300円+税で35,530円ナリ!

続・鉄道防雪林をつくってみたくなった

こんばんは、しなのさかいです。

おとといの日曜日は、千葉まで行ってきました。
小5の娘が、東関東吹奏楽コンクールに出場するためです。



20110911chiba1.jpg

新宿まで出たら、運よく「新宿さざなみ号」がいらっしゃいました。
ワンコインで千葉まで直行!
御茶ノ水駅手前のポイント通過、初めて体験しましたね。



20110911chiba2.jpg

会場は千葉県文化会館。
最寄駅は本千葉となります。
午前中だけのチケットですので、表彰式まで残る娘を残して、昼頃に会場を後にしました。



20110911chiba3.jpg

帰りはE217系のグリーン車で、一気に横浜へ。
途中、こんな景色を見ながら線路際の住民さんとメールの交信を行い、横浜界隈で合流。
午後のコーヒーを飲みながら、またもや深い話をしてしまいました。

今回の鉄道ブームも、やはり「ブーム」で終わりそうです。
ここにきてその終焉を、様々な場所で観察できるようになりました。
市場は拡大しているように見えて、そうではなかったのです…。
いろいろと考えてしまいましたねえ。



*     *     *



さーて。
木が乾燥しました。
木工用ボンドの水溶液が乾いたようです。
ですので、次に塗装を行います。



R0017040.jpg

カチンカチンになったフォリッジクラスターをスプレーで着色します。
色は、タミヤのブリティッシュグリーンを選びました。
3ミリの棒は、そのまま幹になるので、アクリルガッシュを適当に調色して筆塗り。
この色には、グレインペイントを混ぜて、幹のザラツキ感を出しています。



R0017041.jpg

ウッドランドシーニックスの樹木キットでも製作しました。
が、根本の突起が弱々しいので、3ミリの穴を開けて、同径の棒を差し込み。
やはり幹には着色を行いました。



R0017042.jpg

慎重に位置を決めて、充電ドリルでボードに3ミリの穴を開けて、作った木を刺します。
一番手前には、ウッドランド社の木を植えてみました。
この際に注意すべき点は、とにかく垂直に植えること。
様々な運転会でもこのような景色を見ますが、斜めに傾いてしまっている杉の木が多いようです。
せっかくの苦労を無駄にしないためにも、垂直にこだわりたいところです。



R0017044.jpg

いつもの展示スペースですが、上下方向にスケール感が出ました。
いかがでしょうか。
建物を置いて同じような感覚を出すよりは、こうした自然の景色の方が飽きません。
木の根元には、もう少しフォーリッジを盛り付けるなどして、より自然の情景となるようにします。



R0017049.jpg

とりあえず、北の大地の車両で記念撮影。
やはり杉の木の下がスカスカなので、キャンパスの並木道みたいに見えてしまう…?
この秋のうちになんとかしようと思います。
野立て看板も欲しいですね。
いろんなアイデアが湧き出てきて、ちょっと贅沢な時間。



□      □      □



おっと、忘れていました。
コンクールの結果は、今回もゴールド金賞でした。
しかし、東日本大会には他の学校が進むそうです。
でも、よくやった、という感想ですね。
当方が中・高でTPをやっていたころは、この大会でさえ「雲の上の世界」だったのですから。
我が家の長い夏は、残暑できつい日曜日に、こうして終わったのでした。


ではまた。











スポンサーサイト



  1. 2011/09/13(火) 23:04:38|
  2. 鉄道模型(レイアウト)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11