しなのさかいの駅前広場

GMの名鉄2200系6両セット、32,300円+税で35,530円ナリ!

白松がモナカ?

こんばんは、しなのさかいです。


20110923undoukai.jpg

三連休の初日、昨日は上の娘の運動会でした。
疲れましたー。
気温もガクッと下がり、冷たい風がビュウビュウ。
夕方の3時まで、ひたすら耐えました。

そーいえば、毎年この運動会の日には、何らかの新製品が発売されます。
さよなら銀河やら、さよなら富士・はやぶさやら。
今年も案の定でして。
でも、最近は「瞬殺」という現象がすっかり無くなりました。
落ち着いて、寒さに耐えます(笑)


*      *      *


先日アップされた、このブログをシェアしている北の扇形庫からさんの記事。
「2011年夏函館へ」。
その【2】の中で、野立て看板を撮影した写真がありました。

「白松がモナカ」。
仙台の有名なお菓子であることを恥ずかしながら知らなかったのですが、この看板の「?」なムードには大いに共感してしまいました。
防雪林の近くに野立て看板を設置したかったこともあり、ちょっと作ってみることに。
ジオコレの看板は、イマイチでしたし。



R0017080.jpg

適当な画像を取り込み、ワードに貼り付けて、はがきサイズのステッカーシートに印刷。
ちょっとワクワクしてきます。



R0017084.jpg

STARWARSのオープニング風に(意味不明)
モナカを食べてみたくなりますか?



R0017087.jpg

ステッカーだけでは“野立て”になりません。
なので、適当なプラ材で看板を組み立てます。
4面に貼り付けるようなタイプに。
看板の下部にある3本の板は、アドリブです。
エバーグリーンのプラ材があったので遊んでみました。
ちょっとだけ、スケール感が出ました??



R0017091.jpg

とりあえず、仮置き。
まあまあかな。
「の」ではなく「が」であるところがちょっとあやしげ。
そのあやしげさが野立て看板として合格なのです。

鉄道防雪林の作業と同時に、早急に「白松がモナカ」を入手する必要が生じました。
一度食べてみなくては、本設置する資格はなさそうです。


ではまた。




スポンサーサイト



  1. 2011/09/24(土) 21:48:39|
  2. 鉄道模型(レイアウト)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4