しなのさかいの駅前広場

コキ500000、発進!

EF64 1000番台



線路際の住民です、カトーからC56の製品化が発表されました、同時発売の通風車のドアが、開閉式との事 ドアから見える高原野菜は、まさかのダンボール積みかしら?
なんて つまらない事を考えてしまいます。

先日 トミックスよりふたつのEF64が発表されました
広島工場色は、以前にラウンドハウスから発売されてましたが、アッと云う間に市場から姿を消した為か 一部でプレミア価格で販売され 手に入り辛い状況でしたが、これで少しは改善出来るかもしれません。


広島工場色と 同時発売の前期型と称する製品と 同じ国鉄色の さよなら北陸セット のEF64とどの様に作り分けて居るかを 並べて比較して見ます


Hゴムの色や屋根上のダクトの有無だけかと思っていたら パンタグラフの形状も違うんですね!

パンタグラフ取り付け座の違いや避雷器を原形になってまして この辺りEF65PFと同じ手法と思われます




実質的に最後の国鉄電機であり 民営化直後に運転されたオリエントを重連で上越国境を往復していた機関車です。
メーカーとしてもバリエーション展開や競作になっても やり易い機関車製品でしょう
まだまだ先があるのかな?
スポンサーサイト



  1. 2012/06/10(日) 13:12:55|
  2. 鉄道模型(車両)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4