しなのさかいの駅前広場

ユートピアもモーターなしのままでしょうね

マイクロエース 300系を弄ってみる

線路際の住民です、帰宅が日を超える事が続き 帰ったらバタン キュー!
昨夜は比較的に早く帰宅出来たので
チョット車両を弄って見ました。


他社製品との比較等は、既に新幹線好きな方々のサイトで紹介されている事から 私の見た目で 進めます。


この価格帯に購入時までに かなり迷いました!
もう HOゲージが買えちゃうんです。
最近のNゲージも高くなりました、でも ネタの良さと好ましい造形に 購入して仕舞いました、これで 今月も昼食代を節約しないといけなくなりました。


箱から取り出して その質感に感動しました!
思わず 某貸しレイアウトで走らせて仕舞い その姿に すごーく 満足! 至福の時でしょうか。


そんな300系を よ~く見ると 運転台上の手すりを再現して居ます、実車でも目立つので結構 重要なアイテムなんです。
更に運転台窓付近をよく見ると 不思議な形を想像させる パーティションライン!
今後のバリエーション展開に期待したいモノです。




マイクロエース300系を見て オッ!
特高圧配管を再現して居ます。
この辺りを 300系に詳しい 平民様に見ていただくと 感心して居ました。

トミックスが、先行していた300系ですから 何かしらのアドバンテージを持たせる必要が、あったのでしょう。

さて この素晴らしい仕上がりの300系も 自慢の妻面を見せたいのか、カプラーが、アーノルトで 編成にしたら チョット残念な気持ちになります。


そこで 試しに トミックスの通電カプラーを装着して見ます

そのままでは、台車の集電板と通電用の針金が、干渉する為に赤丸の部分を削ります。


比較の為に並べて見ました。
僅かに短くなりましたが、連結時にカプラー本体が、下に垂れ下がり易くなる事が判明しました!
結構 厄介な問題です
動力台車もかなり弄らないといけません。
まだまだ先は長そうです。
スポンサーサイト



  1. 2012/07/05(木) 19:53:33|
  2. 鉄道模型(車両)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4