しなのさかいの駅前広場

ユートピアもモーターなしのままでしょうね

トミックス EF64 1000番台(JR貨物更新車)

こんばんは、しなのさかいです。


BSフジで、ボート部OBたちのドラマを見ています。
19年前のドラマです。
当方、当時は見ていませんでした。なので19年後に初見です。うーん新鮮。
19年前の役者さんたちの姿に驚いていますが、街の風景にはさらにショックを受けています。
三菱ギャラン、懐かしいなあ。
昨夜はブランデーで乾杯した直後にギャランを運転する議員秘書に、雪のような悲しみを受けましたね。

1993年。
トミックスがHGのキハ58を、カトーが787系を製品化した頃です。
もうそんなに経ちますか。正直参ります。




先日の話。
トミックスの「EF641000形電気機関車(JR貨物更新車)」を買ってきました。


R0018841.jpg

今回も手持ちの在庫品を整理しながらの導入です(最近はこの繰り返しばかりです)。
近所の量販店で消えかかっていたので、悩んだあげく2両を引き取ってきました。
発売直後の店頭展示を見てから、ずっと買おうかどうしようか気になっていたんです。このトミックス製。
ボディ全体の青がカトー製よりもやや明るいですが、塗装がそりゃーとてもきれいでして。
気が付くと、店頭でじーっと見ているんです。



R0018826.jpg

運転台をのぞいてみます。
チラリと見える淡緑色のパーツが大好物です。
カトー製は1990年代の設計であるため、運転席だけが銀色のダイキャスト。EF58も同じでしたね。
細かい標記もOKです。
機関車で出来て、なんでHG製品で出来ないのか…
ちょっと不思議ですね。



R0018817.jpg

カプラーは、秋葉原の模型店を数軒ハシゴしてかき集めたJC6363に換装します。
ED7950の付属品としてはじめて設定されたシャンクが短いカプラー。
JC6351のグレータイプです。
このパーツが分売されたことも、今回のロクヨン導入の動機付けとなりました。



R0018827.jpg

換装したらスカート周りがよりリアルになりました。
付属のJC52ですと、シャンクが長いだけでなく、カプラーの上下の分割ラインも目立つので嫌だったのです。
カトー製と違い、開放テコも取り付け済み。
ユーザー取り付けとなる手すりも、トミックス製は差し込み部にゲート位置があるため、差し込んでしまうとまったくアラが出ません。
ちなみに当方、握り部にゲート位置がくるカトー製の手すりには、取り付けた後に軽くペーパーをかけて表面処理をしています。これが結構めんどう。



R0018828.jpg

重連チェック。
先にご紹介したロクサンとはまるで別世界の車両間隔です。
Nゲージのレベルもとうとうここまで来たのですね。
R315は問題なくクリアしました。



R0018829.jpg

コキ107との間隔もチェック。
やはり狭いというのはいいことです。


さて。
トミックス製で大変なのは、アンテナ類を取り付け済ける穴をピンバイスで開けることです。
J R時代を再現するとなると、避けては通れない工程。EF63の回でもお話したとおりです。
仕方がないから、説明書にしたがって無線アンテナとGPSアンテナのための穴を掘削します。
付属する治具をしっかりとあてて、ドリルを垂直にしてゆっくりと。
説明書が指定する径よりは小さ目のドリルを選ぶといつもうまくいきます。



R0018858.jpg

ご覧の通りです。
それぞれ2つの穴がズレることもなく、うまくいきました。
ホイッスルと信号炎管の穴はデフォルトで開いています。
列車無線アンテナは、付属品を使わずに、自宅で拾った165系か何かのものを使いました。
こちらの方が、ゲート位置が90度違うため、正面からみた美しさが違います。
差し込む足もほんの気持ち太いようで、ゴム系を絡ませることをせずにしっかりと固定されました。



R0018854.jpg

R0018834.jpg

クーラー側の足を切り飛ばして無線アンテナを水平にするのはお約束でしょうか。
白いGPSアンテナが効果的なアクセントになります。


R0018835.jpg

モニター窓にはガラス。
プラスチックのパンタには賛否両論あります。
ちょっと分解しやすいのが気になりますけど、かといって拒否する程度のものでもありません。




*      *      *



完成品には、ドンと置いて顔を近づけてニヤニヤといつまでも眺める楽しさがあるはずです。
このトミックスのロクヨンには、そんな楽しみが間違いなくありました。


R0018860.jpg


細部にこだわった2010年代のトミックス製Nゲージ機関車は、カトーとはまた違う個性を持ったようです。
2社での前向きな競争は歓迎。
それぞれに良さがあれば、そしてそれぞれが正解であれば、同じ形式で競作となってもカトー製とトミックス製を両方持ってみたいです(もっとも財源があればの話)。
フライホイールが効いた動力は、もはやかつてのトミックス製品を思い出させてくれません。
カトーのと比べても互角。すごい時代です。



【おまけコーナー】

手持ちのカトー製車両すべてに室内灯、の話。
JR時代の新製車を優先して組み込んでいます。



R0018849.jpg

北海道、東日本を終えて東海に入りました。
383系は22両あるので大変です。
このあとは313系をやります。
これも少しずつ、あせらずです。

それにしても時間が無いなあ。

ではまた。








スポンサーサイト



  1. 2012/07/10(火) 20:54:13|
  2. 鉄道模型(車両)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10