しなのさかいの駅前広場

コキ500000、発進!

カトー181系を弄って見る その2


線路際の住民です

181系発売で 一番見たくなる並びの相手は、やはり165系でしょうか!
いい感じです。

さて 前回は、クハ181-107を弄って見ました 他に手動ワイパーを取り付けたかったのですが、フロントガラス下に取り付け穴を開ける穴のスペースが、タイトな為 他とのバランスを考えて 見送りました。
今回は、もう一両のクハである 106です。

スカートは実車と同じなんですが、調べると屋根上には、信号煙管と予備空気笛が設置されています
他に100番台で取り付けられて居る車両がある様で 設置時期は不明ですが 確認した限りでは、クハ181-104.106.108に設置されており そこまで見えてしまうと流石にノッペラボウでは良くないと考え 二つのパーツを取り付ける事に致しました。


作業自体は屋根パーツに ピンバイスで取り付け穴を開けだけです
ま~具体的な資料はありませんが、写真集の中に上からのモノがあったので参考にしながら位置決めをしました。

空気笛 信号煙管は、手元にあったEF65PF用を使いました
ん~少しばかりボリューム感がありませんが、とりあえずはコレでヨシとします

ついでの作業に台車のスノーブロウを取り付けることで 運転台床下のスカスカ感を改善します


コレで我が家にもバラエティに富む181系の入線です
弄って見て 実感する181系の奥深かさ!
しばらく 181系スパイラルから抜け出せないかも…










とき じゃなくて あさま じゃ駄目ですか? そんな言葉が、聞こえてきます
スポンサーサイト



  1. 2013/06/05(水) 08:02:49|
  2. 鉄道模型(車両)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6