しなのさかいの駅前広場

コキ500000、発進!

トミックス 三陸鉄道36形

おはようございます、しなのさかいです。


先週末もダメダメでした~。

土曜日は、全日子守。
日曜日は、なぜか朝から夕方まで近所をグルグルと運転し続けて。
結局、16時から約1時間だけの模型タイムでした。
今週末はどうなるでしょうか…
とりあえず、これから小学校の授業参観です。





181系と共に、トミックスの三陸鉄道36形を入線させていました。
久しぶりの再生産でしたので。

近所の量販店では5千円を切る価格。
鉄道コレクションに動力やウエイトを組み込むことを考えれば、なかなかお手頃感があると思うのですが。





仕様は従来どおりです。
運転台下のライトは一切付きません。
が、室内灯は組み込めます。
なので余っていたトミックス純正の白色LED室内灯を入れてみました。
プリズムは折らないままでOKです。





連結面のカプラーは、素直にカプラーポケットに入れるタイプのTNカプラー、品番0391を使いました。
確実に連結間隔を狭めることが出来ます。
これでいいのですよ、これで(笑)



ところで。
初期生産品には入っていたはずの、動力台車のスペアが封入されていませんでした。
コストダウンの一環でしょうか?
これでは単行化を決断した場合、カプラーポケットを吹っ飛ばすことになり、2連には出来なくなります…





ですのでね。
買ってから1週間後に近所の量販店をパトロールです。
そしたら、ありましたね。
分売パーツ0541。

印刷された文字を見るにデッドストックっぽいです~。
貼られたセロテープも劣化してパリパリでした。
今回の再生産ですぐに消滅したかと思っていましたが、意外。
これで単行も大丈夫となります。





行き先を決めないといけまへん。
北三陸はありませんねー。





やっぱり北リアス線かな。
宮古行きになってもらいました。
80年代のあの動力でして、ギュルギュル~というDCチックな音が萌えます。
店頭での動力チェックをするおぢさんたちもそんなことを言ってましたっけ。

ここまで作業をして、下の娘乱入。
毎日テレビで見る列車に目を輝かせて、フルノッチでゴーです。
途中、何回か相当な速度のママ向きを変えてました。
乗客が心配です。




長い間、初期生産品を持っていましたが、いつの間にか手もとから旅立っていました(!)
プラ車輪、非冷房屋根、単品販売のアレです。
しかし非電化マニアとしては、また入線させたくなりまして、方々探し続けていたんです。
で、震災→ドラマ→再生産。

トミックスもHG化が激しくなっていましたので、ひょっとして36形もか、と考えました。
でも、こうして旧仕様であっても許せてしまう牧歌的雰囲気が、三陸鉄道にはあります。
鉄道コレクションの延長的な位置付け、と捉えられるからか?

ドラマに登場した北三陸鉄道お座敷車も発売だとか。
やっぱりきたか~。





東京へ出ようとして駅にいた種市先輩は、JR線で八戸から新幹線に乗ろうとしていたような気がします。
それが突然、宮古経由です。
ちょっと厄介なことになりましたかね。

ではまた。
スポンサーサイト



  1. 2013/06/15(土) 08:00:00|
  2. 鉄道模型(車両)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8