しなのさかいの駅前広場

コキ500000、発進!

カトーの荷物車をみながら



線路際の住民です

寝る前のチョットした時間に 列車を走らせ気分転換をしています
最近では一工夫して ローカルホームを置いて 通過シーンを撮影!
なかなか楽しいんです コレが…



急行 大雪 の荷物車の所属は、北スミ 運用札が 東航2 になってます ⁈ 三局分離直後なのかしら?

そんな事を考えているうちに この荷物車が どんな経路でやって来たのか興味が湧いて来たので 調べると 函館から 急行 ニセコに連結されていたんですね


そこで カトーの ニセコ セットを見ると 北スミ 北東航2 が、入ってます!



それでは、その前は? ですよね!
見つけました。
先日 発売された 荷物列車 東北 セットの中に入ってました。
これで 荷物車の始発駅の隅田川貨物駅にたどり着く事が出来ます。



同じセットに護送郵便車の北東航21が、入って居るところから 荷33レ辺りをモデルにして居るのでしょうか。
荷物列車セットの牽引機として EF56が、ラインナップされています
私の見たことのある同機は、既に末期で 下りは41レ牽引の一運用でしたが、急行 ニセコ セットの時代設定が、C62重連である事を考えれば、EF56の牽く33レが隅田川貨物駅を発車するシーンも アリかもしれません。
この荷物車達をDD13が、入れ替え組成して居る事と 最近のカトー製品発売ラインナップを考え合わせると 製品開発のコンセプトが、浮かび上がります。

DD13に組成された荷物車 北東航2 が、EF56の牽く荷33レで青森へ
そして 青函連絡船により函館に着くと C62急行 ニセコ に連結され 札幌に
最後に 急行 大雪 として 網走に到着する ストーリーを 列車セットで 再現したとすれば、Nゲージ製品の楽しい見方かもしれませんね。
スポンサーサイト



  1. 2013/06/23(日) 18:26:25|
  2. 鉄道模型(車両)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6