しなのさかいの駅前広場

コキ500000、発進!

トミックス C61



線路際の住民です

トミックスからC6120が発売されました。
JR東日本の復活SLを 並べると 製品化発表から随分待った分 感動もひとしおです、


C57ではモールド表現だった発電機の排気菅も別パーツになった事で ボイラからキャブにかけて 実感味が増したように思えます
これで カトーD51495と並べても引けをとりませんね


唯一のプラ製品C61の腰高感から ようやく解放されました。
バランス感覚のある仕上がりの良さに好感を持てます


しかし 機関車とテンダーの間隔が大きいんですよね!
試作品が展示された模型ショーで担当者様に この事を伺うと 難しい表情でした
やはり 自社のレールを走らせる拘りに
SL製品の開発の難しさでしょうか。
この辺りは、カトーに一日の長がある様です


テンダーの重油タンクは意外と簡単に外す事が出来ました。
青森や宮崎のC61に改造したくなります 20系を牽くシーンを 見て見たいものです。

いわゆる S回 です
思ったよりスムーズに協調して走るんです
これも SLの新しい遊び方でしょうか?
結構面白いですよ。



色々なヘッドマークが、ありますね!
客車用のサボも掲載されてます。
初回限定だそうですが、サボコレも一枚同封されております。
そろそろサードパーティーメーカーより これらのパーツの発売を期待して居ます




トミックスもC6120まで発売されました、さて 次に続くSLはなんでしょうねか?
スポンサーサイト



  1. 2013/06/29(土) 20:10:34|
  2. 鉄道模型(車両)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6