しなのさかいの駅前広場

ユートピアもモーターなしのままでしょうね

第53回全日本模型ホビーショー(その5・完)

(その4からつづく)


【カトー】

今回、幕張で一番見たかったものは、カトーの飯田線旧型国電でした。
先日のセールスミーティングでは成形したままのボディだったようでしたけど、今回のイベントに間に合わせて手塗りをしたそうです。



<クモハ53007>

CIMG1115.jpg

CIMG1120.jpg

当方に出来がどうのと語る資格はないと思っています。
専門家のみなさまにお任せします。
ただ、マスプロ製品としては全然イケるレベルなのではないでしょうか。

ライト左右のステップも、ステーではなくて直立した壁で取り付けられたような形になっていますが、かといって改造必須というほどのことでもないような気がします。
前面にまわりこんだスカ色の角が丸くないのは手塗りなのでご容赦を、とのことでした。
カプラーはよくわかりません。



<クハ68420>

CIMG1114.jpg



<クモハ53008>

CIMG1119.jpg

007と同じく、この008にもデフロスターの表現がありませんでした。
工場側でどういった資料をもとに「表現しないこととした」のかはわからないそうですが、両方のクハには表現されているところを見ると、何らかのデータがあるのかも。



<クハ47009>


CIMG1117.jpg

CIMG1127.jpg

リベットがゴツさを出していて良いですね。
側面の窓もはめ込み式となっているようでした。
クモヤ90のような処理をされなくて良かったと思います。
あの窓はドア窓よりも引っ込んでいる分、共に光の反射をすることがないので、ドア窓だけが目立ってしまい、なんだか客席のガラスが抜けているような気がしてしまうので。



こうした水準がカトーが飯田線旧国をやる場合のスタンダードだよ、ということで、そんな回答が出てきたことに意味が大きくあると思います。

プラ完成品で旧型国電なんて、技術的、ネタ的に無理なのかなと思っていましたが、できるんですね。

飯田線シリーズ第2弾の発表がますます楽しみになりました。
それと、今のうちに80系晩年型を再整備しておかなければ。
あの晩年型はカトーにしてはめずらしくパートナーがいない哀れな存在でしたから。



CIMG1123.jpg

その他はこんな感じでした。
489系白山はもうすぐ登場です。
トミックスのHGで満足していますが、仕上がりの良さを見てしまうと頭がおかしくなるかもしれません。
今のところ「能登」マーク入りの仕様説明に悶えまくっています。



その他のその他?

サウンドコントローラーについては夏の展示の繰り返しでして、特に進捗した要素は無さそうでした。
ターンテーブルについては、やはりもう少しお待ちをとのことでした。開発は進んでいるとのことです。
複線片渡りポイントはもうすぐみたいでした。

秋から年末にかけてのN車両のラインナップについては、16番のE5系をつくるために年内のスケジュールに余裕が無くなってしまったため、少々さびしくなったそうです。
どうやら年内には他にもやりたいネタがあったみたいですね。

1月予定のD51北海道形でだいぶ盛り上がってきました。来月発表の2月生産分から、さらにテンポをあげて行くようなお話でしたので、楽しみにしてみます。




今回もいろいろとお話をうかがいました。
ありがとうございました。



先日、車両を増やすことに少々疲れたと書きましたが、なんとびっくりしたことに、今回ここで同じような質問を受けてしまいました。

売上げを伸ばすことが第一だから楽しい車両をどんどん出すようにしていますけど、ユーザーの皆さんは買った車両で十分に遊べていますか、ということなのです。

「また買っちゃったよ、という罪悪感みたいなものがちょっと襲ってきませんか」という質問を受けたときは、ストレートすぎて笑ってしまいました。

メーカーとしても、このままでいいのかなという課題意識を抱えているのかもしれません。
ユーザーの「体力」の限界が近い…?

車間短縮ナックルカプラーや、黒色車輪、そして今度のセキ3000用石炭などは、すでに持っているものでもまだまだ十分に楽しめますよという提案?
当方はそんなメッセージと捉えちゃってます。

結局のところ、また毎月の新製品発表にワクワクし続ける訳ですし、このワクワクがなければ死んでしまいます(笑)
しかし、これらのパーツや「この編成にするなら、あのときのセットにこの1両を足して」というような味付け車両を単品で出してもらえれば、負担感も少ないし、手持ちのブックケースに入っている車両たちを、持続的に楽しいモノとして見ていられると思うのです。

当面は、市場の意向をくんで「深く考えずに売れるし買える」形態をとらざるを得ないのでしょうが、研究しながら買い足して遊ぶような鉄道模型の原点を忘れちゃうと「市場ごと」ダメになるかもしれないですね。
そんなお話をしてきました。
サードパーティの仕事と割り切らずに、ゆるい価値の提案をどんどんやってもらいたいです。



ところで。
14系で快速海峡や道内急行をやりたくて、ASSYパーツでオハを3両くらい買い足そうかなと思っていました。
ちょうどこの日が総本山での発売日でしたから。
でも、急に寒気がして買うのをやめました。

ではまた。
スポンサーサイト



  1. 2013/10/15(火) 12:20:00|
  2. 鉄道模型イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10