しなのさかいの駅前広場

またリニューアルですか、そうですか

ED79はもう1両あってもイイかな?

おはようございます、しなのさかいです。


幕張から帰ってきたら、なんだかカトーのASSYパーツで遊んでみたくなりました。
はまなす関連のパーツが発売されましたこともあります。





密かに期待していたこのパーツ(笑)
ED76のパンタグラフだったとは知りませんでした。
ED79の函館方シングルアームパンタグラフを下枠交差形にして、2009年くらいまでの姿に戻します。
1両でいいかなと思っていましたが、こうしてASSYパーツが手に入ったもんですから、もう1両だけ追加配備しちゃいました。





PS102はシングルのガイシ部分とも合うようです。
抜いてはめるだけ。
改造以前のハナシでした。





バカトノと揶揄される外向きのシングルアームパンタグラフは、当方もちょっと嫌なのです。
国鉄形ですし、全盛期を再現するなら下枠交差じゃないといけません。
品番にハイフン1が付されていますが、気にせずやりました。
いきなり2台体制です。
簡易バリ展ということにします。




ちょっとだけ調子が出てきたので、もう少しパーツとたわむれました。


カトーの20系現行品は、今年のクモハ53くらいに「生きていて良かった」と思いながら買ったものでした。
1997年の初回ロット、いわゆる殿様編成を傷も付けずにそのまんま持っていまして、かれこれ17年くらい、ちょびちょびとグレードアップし続けています。

グレードアップはカトーカプラーNJPに交換したのが最初でした。
そのあとはLED室内灯組込み、テールマークのライトをLEDユニットに交換…





今回は、さくらセットのASSYパーツである粉砕式汚物処理装置の装着と、黒色車輪への換装です。
昭和47年の殿様編成のトイレがよくわからなくて買ったまま悩んでいましたが、最終的にはどうでも良くなりました(笑)
黒色車輪は4袋だけ買いました。
足りない分は、手持ち在庫の台車ASSYがたくさんあるので、そこから調達。
台車枠だけあればいいのですから、極めて合理的です。
ついでに真っ黒になった車軸集電部分をお掃除。





ブラックアウトされた下回りがたいへんよろしいです。
ポイポイ処分してしまう模型がある一方で、こうして20年弱も大切に遊んでいる模型もありまして、なんだか妙な話ですよ。





ついでにカニ21とナハネフ22の丸い方に車間短縮ナックルカプラー!
このくらいが適正ですよね。
待っていると、いろいろと解決していくもんです。
こうした諸パーツがメーカー純正品であるところがまたイイのです。
そういえば、車間短縮ナックルカプラーはこれまでに3回生産しているそうです。
定番商品化するそうですから、気が向いた週末に一袋…というのも良いでしょう。
そんな緩いスピードがちょうどいいと思いました。





BSジャパンによれば、土曜は寅さん。
先週土曜日は第1作で、いきなり昭和40年代半ばの京成線を、かすれもないクリアな画像で(HDリマスター?)拝むことができました。
このシリーズ作品をちゃんと見たことがないのですが、日本の原風景を確認する意味で、しばらく見てみようと思います。
第5作はD51北海道形の発売を控えた今は必見でしょうか。

ではまた。
スポンサーサイト



  1. 2013/10/18(金) 08:00:00|
  2. 鉄道模型(車両)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5