しなのさかいの駅前広場

四季島に旅情は感じない

カトー トキ25000/トラ45000 積載用積荷

こんにちは。しなのさかいです。


週末の土曜日は、子守りの1日でした。
なので神奈中バスも買いに行けませんでした。
ちょっと旧車体に興味があったんですが。

そんな身動きがとりづらい日でしたが、いつもの駅に変な列車がやってくるという話なので、下の娘をピアノ教室に連れて行くついでなら大丈夫かと思い、見に行きました。





月に1回の運行なんだそうです。
細いラインカラーの帯が、必殺仕事人の心電図のように上下に振れています。
到着してすぐに発車。
下の娘は半身を出した車掌さんに手を振り続けました。
そして、すれ違い。
車掌さんは、夕陽をバックにしながら消えていく車両の中で、いつまでも手を振っていてくれました。

そして日曜日。
父親の強要もあり、下の娘はこの電車のことを学校の宿題「見つけたよ」に書いていました(写真付きです)
小2の女子がこんな濃い話題を発表したら、教室に1人か2人はいる鉄道好きの男子はさぞかしビビることでしょう(笑)
娘を使って、そんな“間接的な攻撃”を楽しんでいます。
あはははは。



その土曜日。
日中は下の娘に「サイクリングだ」と言い聞かせまして、二人で自転車に乗って近所の量販店に出撃しました。





総本山と同じ発売日で、トキ25000、トラ45000の積荷用積荷が売られていました。
セキの石炭は早々と全滅したようですが、こちらはのんびりと買えるような気がします。
当方は1袋ずつ、のみです。
1袋には4個入り。
非常に安い買い物でした。





こんな風に、とてもとてもイージーに無蓋車が積荷カバーに覆われます。
真ん中の白いゲート跡?が目立つとの意見もありますが、気にしていませんョ。





妻面は、カバーシートの折りたたみ方を的確に再現しているのかな。
トラはカトーカプラーNのまま。トキは車間短縮ナックルカプラーにしています。





またまたEF15に登板していただきました。
繰り返しですみません。早く13、じゃなかった、10をお願いします。
白い畦道は、単なる情景の作りかけですからね~。

チンタラとしたスピードで10周くらい回したでしょうか。
日曜日、ゆるい感じの午後でした。


大先輩であるキハ181つばささんによれば、トキやトラの積荷でよく見た例は「砕石」だそうです。
シートもしないまま。雨がふればそのまま下からジャージャー(下品ですみません)
うーん、だったらこの積荷は自作してみようかな…
え?


セキ、タキ、そしてトキ&トラ。
ゆるいけど、あらためてガツンとした遊びかた、楽しみかたを提案された気がします。

ではまた。


スポンサーサイト
  1. 2014/02/24(月) 12:30:00|
  2. 鉄道模型(車両)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

カトー タキ3000/9900(日本石油)

おはようございます。しなのさかいです。




カトーから、タキ3000とタキ9900が、日本石油(カルテックス)のマークを印刷した上で同時に再発売されました。

特にタキ3000は、ついにあの厄介な紙シールと決別したことになります。
この後、タキ43000の黒もこのような仕様で追従するのかもしれません。





許諾関係が難解そうなのに、こんな商品展開にうれしくなりまして、4両ずつ持ち帰ってすぐに車間短縮ナックルカプラーに交換してしまいました。





タキ9900のサイドビュー。
根岸駅常備となっています。
マイクロエースのこの車両が詰め合わせセットで発売され、すぐに店頭から見なくなった記憶があります。
買いそびれていましたが、うんうん、待てばちゃんと手に入る(笑)





タキ3000は本輪西駅常備です。
ハシゴの裏に社名が書かれるのがポイント。
そういえば、マークはタキ9900と共に赤い縁どりがされたタイプです。





こちらは以前に当方がジオマトリックスの社名インレタを使って仕上げた、日石カルテックスマークのタキ3000。
おおよそ貼り付け位置に間違いも無かったみたいで安心しました。
赤い縁どりが無いマークも奏功しまして、自前でバリエーション展開となりました。
ちなみにこちらは旧製品で浮島駅常備です。


というわけで…

こんなことをやっていていたら、ちゃんとカトーから製品化されたんです(大笑)

やっぱり紙シールは限界だったんでしょう。
シール対応というのは、いかにも前世紀の仕様、スポーツマンクラブキャラメルのオマケみたいでした。
こうした長年のユーザーの不満を総決算のように吸収するメーカーの前傾姿勢が頼もしく見えます。
ソニック(初回品)のライトがガイコツだったことを残念っぽく総本山でお話したら「Nゲージでやればあんなところですよ」と言われたことがありました。
もう10年以上前のことです。





最近のカトーのラインナップ、選ぶ時代からすれば、タキシリーズにはこのカルテックスマークが入らなければダメです。
旧型電機だけじゃなく、D51にも的確に合いますから。
発売後、あんまり話題にはなっていないみたいですが、着々と店頭から消えて無くなるんじゃないかなと思っています。



セキ3000の石炭といい、カトーはこれまでの貨車シリーズの弱点を、堰を切ったように克服し続けています。
特に、古い金型でもまだまだ通用するものばかり。
台車のピン留め仕様くらいしか古さを感じません。





タキシリーズも、また違った社紋を印刷して新登場となるのでしょうか。
あの熱い日々の新宿駅を再現!
なんちゃって。
もしそうなると、15ではなくて…





模型をいじる時間が、有るような無いような。
でも仕方ないです。
マイペースでのんびりとやっていきます。

ではまた。

  1. 2014/02/21(金) 07:55:01|
  2. 鉄道模型(車両)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

初お目見え!カトー 転車台セット (ヨコハマ鉄道模型フェスタ)


線路際の住民です。

先日 仕事帰りにヨコハマ鉄道模型フェスタをチョットだけ覗いて参りました。


近鉄 ビスタⅢ世リニューアル品が、初お目見え! なんだか重連で…


京急700形の試作も完成度が高く 既に発売された1000形と併結しても違和感がなさそうです。


来ましたね~小田急!
MSEの独特な造形に 思わずため息…
しかし 後ろの5000系の造形も秀逸でしょう。
小田急好きに悩ましい季節がやって来そうです。




中でも目を引いたのが、カトーブースのターンテーブルセットでしょうか。
スルスルと言った感じで動く転車台に目が釘付けに…



扇形庫は、まだ試作段階でしたが 担当の方に伺うと 試作品と同じコンクリートタイプになるとの事で 特定のプロトタイプはないそうです。


駆動用にHOゲージ用E5系に使われているコアレスモーターを 操作室と橋梁内にセットし スムーズな動きを実現したそうです。



どのメーカーも 消費税率改定を睨んだ発売やキャンペーンの発表でした。
特にカトーの場合は、改定後の決算との事で 転車台セットの説明もチカラの入ってました。
チョット早いですが、今年の年末にこのターンテーブルに乗る機関車は~

でわでわ…
  1. 2014/02/18(火) 08:32:24|
  2. 鉄道模型(レイアウト)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

カトー D51北海道形・セキ3000(石炭積載)

おはようございます、しなのさかいです。

2月に入ってからは、いろいろと多忙を極めていまして、模型に触れない日々を過ごしていました。
土曜日の大雪も原因でした。

が、月曜日はなんとなく気分がハイテンションになり、仕事の帰りに総本山を参拝してみることにしたのです。
平成の大改修も終わったようです。22日には西落合へ遷宮となる模様。
東新宿は最高に便利だったので、ちょっと残念。
こういう信者、多いんじゃないでしょうか。





総本山では、予定どおりセキ3000の石炭が発売されていました。
6袋を調達。
こんなことを書いていたら、割と早い時期にホントになりました。
総本山だけの参拝で済まさなかったからかな(ナンノコト?)





以前にも書きましたっけ。
22両のセキ3000が、空荷のままで待機していました。
あっという間に石炭が積載されるはずです。





その通りでした。
おお、すごい!
見る見るうちに石炭が満載となっていきます(あたりまえです)

トレンディ&トラディショナルの頃から約20年。
この空白の期間は、信者に課せられた修行だったのか…
こういうところ、西落合のミステリー??
ワム480000も空のままなんですよね。



そして、きのう。
久しぶりに、近所の量販店へ出撃。
予約してあった品々を引き取ってきました。




ついについに、D51北海道形。

切詰デフ、独特の前部手すり、スノープロー、副灯。
当方に形態を語る資格はありませんが、どう見ても北の大地のD51です。
数年前のリアルライン祭りに一切参加しなかったので、謹んで2両買わせていただきました。
とりあえず1両を320号機にしてニヤニヤしたところです。





このあとには、ギースルも控えているのですから、ものすごい破壊力のある企画です。
以前だったら「ギースルは売れないでしょう」かな。
回転火の粉止めも付いているんですね。
ボディの塗装も、標準形のような銀粉が混ざった、重い質感のある黒となっています。





密閉キャブ、後退角の付いた炭水車、タブレットキャッチャー。
こうしたディテールは、銀河モデル等のパーツを加えないと絶対に再現できないモノでした。
なので90年代は、方々の模型店を訪ねて、よく買いました。
まだ持っていますよ、旧製品にしか対応しませんけど(泣)

それがいまやカトー謹製ですから。
そんなパーツ買い漁り物語があるので、やっぱりこれもまた「生きてて良かった」アイテム認定なのであります。





498号機、標準形と来ましたから、次は「なめくじ」かとも思っていました。
しかし、これもまた拝み続けたことが奏功したのか、北の機関車への大きなバリエーション展開シフトとなりました。

正直ホっとしました。
SLブームの頃に撮影された写真、ムック本などは、おおよそ北海道の機関車がメインです。
なので、こういう形態が製品化されないといつまでもモヤモヤ感が残ってしまうのです。





セキ3000の10両セットも導入。
ついでに2両セットも1箱導入。

したがいまして、
22+10+2=34(両)
こんなところで今回のセキ3000祭りは手打ちとしました。





先日、職場近くの模型店で車間短縮ナックルカプラーを2袋買っておいたので、今回追加した12両のセキのカプラーはすぐに交換。
台車を外さなくても交換できました。

34両が多いのか少ないのか、正直ビミョーなところです。
が、北の扇形庫からさんの50両に及ばなくても、当方のレイアウトではソコソコの見栄えに。

それにしても手で押したときの編成全体の「ビヨーン」という衝撃はすごいです。
メーカー推奨の編成ですが、扱いに気を付けないといけません。
この度の一連の作業を見学していた下の娘が「バックで運転したい」というので、丁重におことわりしました。





ヨ5000のテールライトを見送っておしまい。


今回の石炭輸送列車は、「伯備線石灰輸送列車」と同じような企画のにおいがします。

「あの時、あの列車はこういう貨物列車とすれ違っていた…」

こういうキーワードを頭に浮かべると、実はもうひとつ、カトーとしてはリベンジしないといけない列車があるんですよね。
そんな舞台を一昨年あたりから着々と用意し続けているように見えちゃうから、これまた面白いです(勝手な想像です)
ニヤニヤしながら見ています。


それと、今までの単品貨車製品に、列車としてのストーリー性を持たせた点もいい感じ。
「とびうお・ぎんりん」から続く傾向かも。
こうした企画だと、まだあの貨物列車がある。

さらには、積載用石炭。
こういうパーツは大歓迎です。
寝かせていたセキ3000は、黒車輪化もしたこともあり、見事にアップデートできました。
トキやトラの積荷用カバーも出てくるそうです。
カトーの、ユーザーのフラストレーションを理解した自社製品の振り返り方が頼もしいですね。



「こういう列車も楽しいでしょう」

『週刊日本のなんちゃら』じゃないですけど、最近のカトーの貨物列車には、そんな教養的側面も感じています。

新年を迎えたら、やっぱり大変でした。
ではまた。
  1. 2014/02/12(水) 08:10:00|
  2. 鉄道模型(車両)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

雪の中を走るカナロコ列車



線路際の住民です

家の外は雪景色! いやはや別世界に連れて行かれた気分です。
天気予報も良い話をしておらず カナロコ列車の運転は果たして!
6時過ぎに 送り込み回送列車の運転を確認出来た為 出勤途中の青木橋で撮影することしました。



橋の下を行き交う205系と雪景色のコラボは、貴重なものになりそうです。
やがて 遠くから白熱灯の灯り2個が見えて来ました EF65501です。

雪の中を走る特急色は、素晴らしいですね! 最後部にEF6019が、連結されているので 横浜始発は、EF6019でしょう。

回送列車通過後 橋の反対側に移動します。
雪も心なしか激しくなってきたようで
定刻より若干遅れてやって来ました。

ゆっくりと横川に向け走り去るのを見て 出勤です。
  1. 2014/02/08(土) 16:52:41|
  2. 鉄道写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ハマの新しい仲間 (横浜線E233系)



線路際の住民です
いよいよ横浜線にも新車の投入が、始まりました。
他のE233系と大きな違いはありませんが、横浜線用車両をアピールするロゴ入りは 模型にしたときに生えるでしょう。

後ろの相鉄9000系旧塗装車とのコラボも貴重かも…
  1. 2014/02/04(火) 09:02:54|
  2. 鉄道写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3