しなのさかいの駅前広場

ユートピアもモーターなしのままでしょうね

カトー キハ58を弄って見る

線路際の住民です

Nゲージの世界でキハ58というと トミックス製品がスタンダードな存在なんです。
しかし その価格は、決して買い易いものでは無く 長編成の再現というと 二の足を踏んでしまいます。
以前より 上野口の急行気動車を再現したかったのですが、どうしても踏み切れませんでした。



ところが、カトーより再販されたキハ58を見て ビックリ!
ヘッドライトが、電球色LEDじゃないですか!
早速 購入です。

価格面を見れば 2/3 なんですが、設計の古さからか パーツの充実した現代の感覚からは そのまま使うのもどうか?なんです。

そこで 手軽なグレードアップで キハ58を弄って見ました。



先ずは、広い車両間隔でしょう。
シンキョーカプラーの小さなナックルを活用します。
しかし そのままでは 枝の長さが災いして 他のカプラーと変わらない間隔になってしまうので カプラー枝とカプラーの間に 0.8mmの真鍮線を噛ませる事にし その後 ホロを取り付けて見ました。



その他 中間封じ込めになる先頭車両以外に BMTNを ゴム系接着剤で固定します。


でも なんか 違うんです…
前面窓が 長細い為に なんというか醤油顔… 窓周りの太いHゴムが原因かな~
そこで チョット整形手術を試みました。


リューターで慎重にHゴム部分を研磨した後 窓パーツ側面をなぞる様に ガンダムペン(濃いグレー)で着色します。
やって見て もう少しスクエア感が 欲しいですね!
縦のHゴムは研磨しなくても良いかもしれません。


この角度では、マズマズの出来でしょう。

さて急行気動車というと 多層建て編成でしょうか。
特に上野口の いいで・ざおう 等 当時の運用表を見ても 目が痛くなる位の緻密さです。
それに加えて非冷房車の存在を意識しないと 53-10辺りの編成の再現が難しくなるんです
調べると 新潟には、比較的にまとまった数の冷房車が配置されてましたが、併結する相手の山形 郡山に注意しなければなりません。
例えば 急行いいで が、途中の会津若松で増解結する付属編成を見ると 郡山機関区所属なんですが、同区に冷房車は存在しておりません。
従って 非冷房車をどの様にクリアするかが 課題になります。
かつて ホビセン特製パーツで 非冷房用屋根板を販売していましたが、今では影も形もありません。
そこで 目を付けたのが、修学旅行色セットです。
中古店で比較的安価で入手出来たのが幸いでした。
妻板を考えれば、塗り替えてもイイかな? (実はカトーの前面は、非冷房仕様なので 妻板と合わせると 辻褄の合うボディーになるんです)
今回は、屋根板を素取っ替えだけにとどめました。





なんとか 念願の上野始発の急行気動車が、出来ました。
少しドレスアップすれば…
が、トンデモなく手間を掛ける事になりました。
今回は、このサイトのリンク先でもある キハ181つばさ氏のサイト 「うさぴょんのマル鉄回顧録」をかなり参考にさせて頂きました。
私自身も実際に見たはずなんですが、遠い記憶になっていた事にビックリした次第です。






スポンサーサイト



  1. 2014/05/08(木) 00:04:36|
  2. 鉄道模型(車両)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3