しなのさかいの駅前広場

ユートピアもモーターなしのままでしょうね

ローカルホームへ大転換?⑨

おはようございます。しなのさかいです。


毎年この時期に書いている気もしますので、一応触れておきます。


今年の大河ドラマ、第二話を見て挫折しました。
第三話からまったく見ていません。こんなのはじめてかも。
当方にとってはちょっと無理過ぎる内容でした。


で、1週間のリズムが取れないなあと感じ始めた3月頃、BSプレミアムで「独眼竜政宗」を再放送すると聞いてしまったのです。
放送は土曜日の夕方で、録画しても日曜日にはゆっくり見れそう。これは好都合です。

年間平均視聴率第一位の記録は崩れないまま。当方も1987年には、すべて見ました。
けど、振り返って第一位となる要因は何かと聞かれると「?」

4月から見続けていますが、なるほどハマりますですね。
特に、史上最恐・勝新の秀吉…
勝新のパートでは「警視K」のようなアドリブらしきものが炸裂しまくっていて。
今だからこそわかるもの、味わえる要素がたくさんあります。まるで「国鉄時代」。

でもホントの要因は、メインテーマ?
主旋律が始まったばかりの7拍目と8拍目で金管集団が落とす三連符。
実はコレだけで歴代最高を決めた気がしないでもないでもないでもないです。



◻︎ ◻︎ ◻︎



ローカルホームへうんぬんという話。
まだ続いてます。
4月下旬から作っている跨線橋がなかなか終わらないです。
このレポート、もう飽きましたよね。





自作した通路部分。
プラ板でのっぺりした表示のままなので、エバーグリーンのプラ材で表情をつけました。





サーフェイサーで傷などをチェック。
ノギスで1ミリ以下のレベルまで、等間隔となっているか、なっていなければ修正という作業を繰り返しました。
ストラクチャーで繰り返し作業は辛いと書いていたのに、また繰り返し作業を繰り返しています。
深い話です。





通路部分には枠?を表現しましたから、このままだと、ギリギリでパンタが接触します。
やはり対策が必要となりました。





測ってみたらGMの階段の高さは1段につき1.5㎜。
ズバリの厚みのプラ板で2段増やして、3㎜かさ上げします。





階段下の物置もかさ上げが必要です。
まずはこうして表情を消して…

板っぽいプラ板を上から貼ります。
この段階で裏側のすそ部には3㎜の帯板を貼っておきます。
かさ上げの値を正確にするため。





なんとなくでけたでけた。
ドアはキットのものを切り抜いてやや下へ移植しました。





階段もこんな風に仕上がりました。







もう一度、高さチェック。
まあまあでしょうか。

途中、静岡ホビーショーを挟んで、5月は平日の毎晩2時間ずつ、ひたすら作業をしてここまで進みました。
結構キツイですが、ホーム、駅舎、跨線橋は三種の神器みたいなもので、この3つが納得できないと大転換作業の目的を失うことになります。

目指す情景を見るために、1日でも早く完成させたいです。
入線した車両群は、ケースに入ったまま(泣)

ではまた。


スポンサーサイト



  1. 2014/06/03(火) 08:10:00|
  2. 鉄道模型(レイアウト)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2