しなのさかいの駅前広場

ユートピアもモーターなしのままでしょうね

はみだしたナンバー (カトーC57 4次型)





線路際の住民です

機関区モジュールを弄っているうちに月半ばになりました。
5月末に発売された お召装備品の取り付けが終わりました。



さて 記事のタイトル はみだしたナンバー C57の4次型です。


付属のナンバーは、宮崎区配置のモノでして トミックスのC6120と並べて宮崎区時代の再現も良いかもしれません。


どのナンバーを付けたら良いのか?
随分と悩みました。
特に 製品と同じデフレクターの取付バーの形状が、192号機以外異なります。
196号機に至っては、門デフですから 消去法で 192号機になるんです!

しかし 素直に行かないモノで 実車の写真を見ると先輪が前と後ろで スポーク プレート式の二種類になっているのを見て 暫く悩んだ挙句に 手持ちのC62用先台車の先輪を 使い 192号機のナンバーを取り付けました。






トミックス製品と合わせると C57の1次型から2次型を除く 4次型まで全て揃いました。
D51と対をなす制式機関車ですから 製品化をし易いのかも知れませんね
発売されたばかりの 転車台に載る機関車を見ていると D51のバリエーションの展開と プレーンなC57の製品化を期待してしまいます。





スポンサーサイト



  1. 2014/06/14(土) 07:21:44|
  2. 鉄道模型(車両)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2