しなのさかいの駅前広場

コキ500000、発進!

明るいマイクロエース

こんばんは。しなのさかいです。


当方からの更新は、またしばらく間が空いてしまいました。
本来ならばこのタイミングで、カトーのED19について感想を書くべきところなのですが、その前に2週間分の生存報告をさせてください。


コツコツ続けてきた室内灯の組込作業が終わりに近づきました。
が、終わりに近づいて足踏みしています。
ここ半月、進んだようで進んでいないようで。





その原因は、カトー製品とトミックス製品への組込みが終わって、マイクロエース製品との格闘が始まったからです。
各方面から似たような報告がありますように、当方の動力ユニットの座席パーツ裏も、いざ分解してみたらこんな状態でした。
手にする編成が漏れなくこんな状態ですから、いつまでたっても室内灯なんか点きゃーしません。
同じような作業ばかり。
もう、アホらしくなってきました。





それでも、ひたすらコツコツ汚れを落とすのです。
古い町並みの小店で、ガラス越しに実演していたい気分です(笑)
あぐらで座りながら(大笑)

枕カバーが塗装されているやつは綿棒にコンパウンドを付けてゴシゴシと。
枕カバーが塗装されていないやつは、面倒なのでそのままサンポールの海に沈めました。
本来の輝きを見て、一安心。





すべての台車も分解して集電シュー、車輪をサンポール洗浄します。
10分くらい浸せば、サッパリとした輝きが戻ります。
動力台車のウォームギアも同様です。
それと動力台車には、グリスが固まってこびりついていますから、古い歯ブラシで落としました。

ドライバー、分解、洗浄、乾燥、組立て、ドライバー、ドライバー、分解、洗浄…






近所の量販店の室内灯を点灯させると、おー、いい感じ。
キハ281系は、持つようになってから12年は経ちましたが、こんな豪華な眺めは初めてです。





マイクロエースの非FW動力ユニットのモーターが、トミックスのM5系モーターと互換性があるというのは、ちょっとした常識ですよね。
当方もこのつらい作業を前向きに捉えるつもりで換装してみました。
しかしまあ、形が同じで笑えます。





近所の量販店のミニ四駆コーナーにありました、タミヤのセラグリスを動力台車のギア部にチョンと1つぶだけ。
ほんの「おまじない」のつもりです。





静止画で恐縮ですが、ウィーンという感じでスムーズに往復するようになりました。
「FWモーターでなくても別にイイかな」と思える走りっぷり。
ムラのない室内灯の点き方も相まって、満足度が上がりました。





こちらはメーカー純正のFWモーターで、東武DRC。
職場近くの中古店で安く仕入れたマイクロエース純正室内灯(白)を組み込みました。
さすがにFWモーターはギクシャクしません。





タンゴエクスプローラーは、ハイデッカーであるが故に、長年、室内灯を選び続けていました。
しかし、近所の量販店の室内灯が出現したために課題がクリアできそうです。
狭幅タイプを、プリズム部を使わずにユニット部だけを両面テープで屋根に固定。
屋根の幅が狭幅タイプの幅よりほんのわずかに広くなっていて、非常に親和性が高いと思いました。







アルファ・コンチネンタル・エクスプレス。
これも大好きな車両なのに、まったく手付かずでした。FWモーターですし。
これも展望席の明かりをどうしたものかと悩んでいましたけど、タンゴエクスプローラーと同じように、狭幅タイプのユニット部のみを展望席側に(宙に浮いた状態にはなりますが)突き出してみたところ、ユニットの薄さから外観は違和感のない姿であることが確認できました。
運転席真後ろの暖炉の煙突のような物体は残念ですが(笑)







残す車両は、あと少し。
寒い間には、所有車両すべての車内が明るくなりそうです。
暖かくなる頃には「今日は何を走らせるかなー」と、アレコレ考えながら毎日家路を急ぐようになればいいなと思っています。


ではまた。




スポンサーサイト



  1. 2015/02/16(月) 18:26:00|
  2. 鉄道模型(車両)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8