しなのさかいの駅前広場

ユートピアもモーターなしのままでしょうね

カトー 東急5050系4000番台



線路際の住民です

トミックス167系の投稿以来 ご無沙汰しておりました
毎年の事ながら 慌ただしい年度末を過ごしておりますが、その間にもEF8181の牽くカシオペアを撮影に行く等 それなりに息抜きをしています。
美しい状態のEF8181とカシオペアの組み合わせは、Nゲージの世界でも再現したいですね~



思いっきり 651系に被られてしまいましたが、先日のカトーよりEF8181(JR)の試作品の画像で オヤ? が幾つか…
ローズピンクの連結器テコ 黒色の屋根色は、この被られ画像とチョット違いますね! 発売される時までに改善される事を期待したいものですね。



模型屋さんに立ち寄ったところ カトー 東急5050系4000番台が、入荷したところでした。
帰宅後 イソイソと箱を開けると 思わず感動しましたね!
既存製品の陰が消えてしまう位の仕上がりに 心が満たされてしまう思いです。


特に中間車の単純な造形にもかかわらず 質感ある塗装 印刷により えっコレはプラ製品? と思ってしまいます。
確かに既存製品と比べたらいけないのですが…




最大の見せ場は、この先頭部分の表現でしょうか。
チョコッと見えるハシゴは、担当者様の意気込みを感じます。


見落としがちな 10両編成の証である乗務員扉下の細い青帯も再現され 細かく検証をしたのではないか?と推察致します。




屋根上の冷房機も三菱電機製の箱型を立体感の保たせ かつ 冷房機脇歩み板を細部に渡り再現をした事で 単純な造形の車体に彩りを与えていると思います。
よ~く見ると 側面表示機も印刷表現なんですね。
見ていると 今後のバリエーション展開を期待してしまいます。

先頭車両のハシゴをDCCパーツ脱着用の蓋と一体化して 全体的に目立たない様な工夫が、なされて細部に気配りをしたのでしょうか。


同封の行き先表示は、快速 飯能 この製品自体 特別企画品と言う位置付けな為 assy部品として販売が無い事から このパーツの限定感を凄く感じてしまいます
後日 ホビーセンターカトー より 色々な行き先を収録したパーツセットが、発売されるようですが、バラエティー豊かな乗り入れ先を持ってますから 早い時期の発売を期待しています。




カトーから 東急5050系4000番台の製品化が、発表された時の意外性を持った反応を多く聞きましたが、一方で否定的では無く 期待感を持つ反応も多かったと思います。
多分 既存製品への不満もあったのでしょうね。
私鉄をカトーはやらない! と伝説の様に思われていた部分もありましたが、考えてみれば、京急 近鉄 阪急 小田急 そして 東京メトロ を 製品化しているんです
まぁ なんとなく急の付く鉄道を取り上げて居るのが気になりますが…
発売された東急5050系は、広範囲で活躍していますから 此方のバリエーションを増やし欲しいですね。
スポンサーサイト



  1. 2015/03/20(金) 10:55:14|
  2. 鉄道模型(車両)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4