しなのさかいの駅前広場

コキ500000、発進!

KATO 381系「パノラマしなの」

こんばんは。しなのさかいです。




カトーから待望の新製品、381系「パノラマしなの」が登場。
115系300番台が発売されたばかりですが、また、中央本線・篠ノ井線を走る列車をリリースしてくれました。





駅に進入するシーンを見て、一人でにやけています(笑)
これからしばらくはこのレイアウトを駆け回ってもらいます。
「しなの」というLED表示器の光量が非常に適度。この辺もメーカーとしての研究が深度化しているようです。





6両のみ、というコンパクトなセットの中での大きな目玉アイテムが、クロ381-10です。
かつて、ゆがんだクロ381が高値で売られていました。
それも遠い昔。御存知ない方も多くなったことでしょう。知らない方がいいこともありますよ(でもそんなモデルが出てきちゃうくらい今よりも市場は活気に満ちていたのかもしれません)。





まずは当運転所のスタンダード仕様「室内灯」を取り付けます。
ところで、このクロ381については導光板をカットする必要がありませんでした(カットする必要があるのは反対側のクハ381のみ)。
断面部はこのようにかつての室内灯のアルミテープを巻いて光漏れ対策。

座席パーツは黄色系ですが、運転台は茶色で別パーツ化されています。他社ですと、ココ、ひとつの座席パーツで運転台だけを塗装しているところでしょう。

さらに、おでこライトが無い形式のため、床下から天井方向に垂直的に導光させる必要も無し。運転台から座席にかけては完璧にフラット。パノラマの視界が確保されています。
だから、室内灯の導光板をカットする必要は無かった、という訳です。





ですから、室内灯を組み込んでも、見事にパノラマビュー。
フロントガラスの青いサンバイザーがイイ雰囲気です。
導光板の光漏れはもう少しかな。断面部をコの字状に包んでしまうやり方がイイんでしょうね。





おまけ画像。
クロの床下のスノープローです。





多くの方が指摘しているとおり、小さいオレンジ色のJRマークが泣けてきます。
ここまでしっかりと印刷されています。
お腹に大きくヤられる社紋よりは、こういう控えめな社紋が好きなんですよ。

グレーの床下なので、台車のダンパー表現が目立って賑やか。





反対側のクハ381は「しなの」用に2両しか配備されなかった100番台です。
「くろしお」セットの100番台と同じものだと思います。



□□□



最近、とあるファミレスで夜遅くまでミーティングをしたのですが、その中で「JR発足直後の頃の列車も、懐かしくまた面白いネ」という話をしました。

国鉄車両を塗装変更したり、切り継いだり。
センスのひどい奴が多めの中で「これはイイね」というものも、いくつかあったと記憶しています。

展望タイプのグリーン車化改造は、そんなにハズレてはいなかったのでは…。
特にこの「パノラマしなの」は、国鉄特急色を維持して登場しましたから人気があるようです(「雷鳥」のクロの国鉄特急色はなんだかイマイチですが…)。






カントがついたカーブを、振り子を効かせて高速通過。かっけー!
すれ違う列車としては、165系JR東海バリエーション、311系あたりが似合うかもしれません(前者はさすがに仕様が…。後者は前面方向幕にシールを貼ろうと窓ガラスを抜きかけたら割れたので…ということです)。

JR西日本の381系が“いよいよ”ということで、鉄道雑誌も積極的に381系特集を組んでいます。
ここにきて「くろしお」セットが特需を迎えているのかもしれません。



以前にお聞きしましたが、0番台、つまりレジェンド・コレクションNo.5を製品化発表した頃から、「パノラマしなの」を求めるユーザーからメーカーへの声は強かったそうです。
だからなのか、今回の製品を見てから欲しいと思う人もいるみたい(ざまねこさん、結局買いましたか?)

381系の製品もこれで3つ目。
金型的に余裕でバリエーション展開ができる形式となってきたようです。
まだまだ先へと続きそうですね。



それと、0番台は、運転台・貫通扉付近を現行水準へアップデートする改善を兼ねてもう一度やっていただきたいなあ、とひとことつぶやいてみたり。
せっかくだから今度はトイレタンク表現にして…。
技術的に過渡期だった頃の模型の運命って厳しいですよね。でもやっぱり欲しいなあ。
皆さんはいかがでしょうか。

中央本線・篠ノ井線・飯田線・大糸線。
塩尻・辰野を中心としたこのゾーンは、しっかりとしたカトー製品で固めてしまいたいと思うユーザーは多いと思います。





なぜかクロ381ではなく、折り返すクハ381の発車シーンでおしまいです(たまたまです)。

日曜日の夜。
「明日からまた仕事かあ」と思ってしまうひとときのやすらぎでした。


ではまた。


スポンサーサイト



  1. 2015/06/29(月) 21:20:00|
  2. 鉄道模型(車両)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10