しなのさかいの駅前広場

コキ500000、発進!

KATO 101系鶴見線・EH200量産形

こんばんは。しなのさかいです。


クモハ12の写真をアップしたまんま、1週間逃亡状態でした。
「それではいかん」と、いつもどおりiPhone6を片手に、電車での移動時間で更新をしようとしたら、なんとアップデートしたばかりのFC2ブログアプリが「更新すらできない」ヘンテコな仕様になっているではありませんか。
まったくもう、どうしてこういうことをするのかな。
現在、APPストアの評価も散々な書き込みがボカスカと続いておりまして、数日中の再更新が期待されるものの、今はこうしてパソコンを立ち上げての打ち込みです。



話題は変わります。



ip4 004

10月4日、日曜日。
朝早くに用事があって、隣町まで車で出掛けてみると、立体駐車場の裏に例の「マルチプル・タイタンパー」という車両がいらっしゃる。
1年前からNゲージユーザーがヤキモキし続けている、あのグリーンマックスの発売予定品、そのものズバリなのですよ。
最近は、仲間同士で会うたびに「マルタイってどうなってるんだろうね」が最初の会話になっています。
「そろそろ発売予定から1年に達しようとしているのよね」と思いながら、マイ1周年記念に見物してみました。





しかし、このマルタイ。どうしてもこんな風にして線路際に停まっている印象しかないんですもの。
少なくとも、当方の中では、走っている印象は皆無。その証拠に、日が高い時間帯はこうしてたたずんでいるじゃない。
どことなく、こんなアクセサリー的な姿にマルタイらしさを感じているんですよね。

操作する職員の方2人が、床下をいじりながら、いろいろと調整をしていました。
模型の世界でも早く調整が済んで走り出すといいですよね。
目下、年末が発売予定だったような。これ、当初の予定では昨年の年末に発売予定でした。




さて、ゴニョゴニョ話はこのくらいにして、線路際の住民先生がクモハ12のインプレッションをしていますので、当方からは「101系鶴見線」を取り上げてみます。

当方から触れておきたい、この「Nゲージ・鶴見線101系物語」。
前回ご覧いただいたように、子どもの頃に見てから「手に入れたい模型」と化していましたが、そんな思いを嘲笑するように、製品化に恵まれないかわいそうな「テーマ」「ネタ」「企画」でもあり続けました。

1980年代の後半だったでしょうか。GMがやや後発気味に101系の板キットを発売。
これには大いに誘惑されたものの、工作をする時間がないことから断念し続け、そんな頃にあの「WIN」ですよ。

あんな雰囲気でも「完成品」に見えていたのですから、とても穏やかな時代と言えました。
とりあえず鶴見線だか南武支線だか忘れましたが、そのあたりの編成となるように手に入れましたけど、やっぱり気づくんですね。
「顔が違う」ことに。

そのあと、長い時間が経って、今度は数年前に鉄コレで「101系鶴見線」。
「おー、そのものズバリでやってくれたか」と興奮し、発売されてから即、買ってきて開封しましたよ。
そしたらホコリ混入、単色塗りなのにイミフな傷ばかり。
トドメは車体のバナナ現象という、救いようもないものでした。
IPA漬けにして「やってやろう」と思ったのも、ほんのわずかな時間。
捨てました(爆)


以上、「Nゲージ・鶴見線101系・七転八倒物語」でした。




晴れて登場、カトー製「101系鶴見線」。
これでもう物語は「完結編」です。
顔面整形手術が成功した101系の顔としては初めてのカナリア色です。





デフォルトでオレンジ色の「鶴見―扇町」の幕がはめ込まれ、反対側には「鶴見線」の幕がはめ込まれています。
方向幕は非常に小さい部品なので、生産工程でのゲート処理がやや雑なものがあり、はめ込みに無理が出ている個体がありました。
店頭で選んでいても仕方がないので、自宅で分解して即、アートナイフでゲートの再処理をしたことをご報告します。





文句のつけようがありません。インプレッションと言いながら、単純な言葉が並んでいることをお詫びします。
でも、撮影してはニマニマとしていますヨ。
単色塗りですから、塗装も問題なく安心して買い物ができました。
これを重連にして「南武線」として遊んでしまうかどうかは、ユーザーのお好みでとなりましょう。
当方は、もう少し待ってみようかなー。
近所の量販店では、くたびれた姿、ボロボロになったタグが付いた「101系メイクアップパーツセット」が店員氏の書きたてポップ付でドドンと並べられていました。
こうしてデッドストックは復活するのでした。





ついでにクモハ12052も。
なんとなく、ガスホルダーを作っておいてよかったと思えるこの頃です。
サボシール、早く貼らないと。


それと。




やっと出ました、EH200量産形。
ひゅいーんという音と、リアルなライトの色調が、もう見ていて飽きません。

どうでもいいことですが、「量産形」というネーミング。80年代を楽しく過ごした人間には弱いコトバですね。
その「量産形」と銘打たなければならなかった理由は、もう多くのカトー・ユーザーは理解していると思われます。



R0012828_201510121801368ad.jpg

R0012832_20151012180138a35.jpg

2010年2月5日 八王子

グレーの裾が細いです。
既製品はここが太くて、ボディとの分割ラインを兼ねていました(251系「スーパービュー踊り子」のような感じ)。
知らなくていいことでも、一度知ってしまうと気になって仕方がないのが鉄道模型をやる人間の欠点でもあります。
「1号機にしかならない」と「知ってしまった」ユーザーは、「知りたくなんかなかったのに、このバカヤロー」と情報源を逆恨みしながら、この量産形の発売を夢にまで見ていたことでしょう。
あ、これは当方のことです。

それと、ずいぶん前。
ホビーショーでT社が「あれ、うちも製品化したいんですよ」と言っていましたが、どうなんでしょうね。
そう発言された方を、ここ1、2年ショーで見かけません。
ベラベラしゃべったからでしょうか。ヒアリングをした方としては非常に心配しています。


今回の製品は、手持ちの既存製品(1号機)と比較したところ、付属パーツの寸法はまったく変わらず、ナンバーパーツも同じ大きさのようでした。
プロトタイプに差異はあるでしょうが、既存品の1号機以外のナンバーパーツを、今回の量産形に取り付けるというのもアリ??



ip4 027


中央本線の貨物列車は、タンク車にコンテナ車が連結されることもあるようで、EH200にはこんなグリーンのタキとJRFレッドの12フィートコンテナばかりが積まれたコキの混合列車がお似合いだと思っています。
どことなく、カタログチックな退屈なビジュアルですけどね。でも、そこがいいんです。
中央本線は、12フィートのJRFコンテナが多いですよね。



ip4 029

最後は、トンネルから抜けて出ようとしているブルーサンダーでおしまい。
今回はとっちらかったようなテーマ、内容となりましたけど、お許しください。

明日にはブログアプリは改善されるでしょうか。
では、またお会いします。




スポンサーサイト



  1. 2015/10/13(火) 23:45:00|
  2. 鉄道模型(車両)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6