しなのさかいの駅前広場

どこかの205系、この後どーすんでしょうか。

カトー クモニ13012発売


線路際の住民です

飯田線クモニ13に続き再び クモニ13の発売です。

 実車は、山手・京浜東北線のATC化まで 昼間の東京駅で新聞の積み込みをしていました。丁度 ブルトレタイムが終わり 昼間の学会臨スジ狙いの頃だった記憶しています。

 さて 同じクモニ13と名乗ってますが、車両としては全く別物で 飯田線のクモニ13025は、木造電車鋼体化で生まれたものです。
 クモニ13012は、省線電車モハ34018が元になり 幾多の遍歴を経た車両です。
 乱暴な言い方をすれば、モハ40系の仲間になるのでしょうか。
 同じ形式でも外見や台車に違いがあるんです。

仕上がりは、発売済のクモハ12と同じレベルで 安定した仕上がりです。

  荷物車という事で 荷物扉の部分を心配してましたが、奥行きのある扉になりました。

 年明けの飯田線クモハユニも心配ないですね!




コレで 省線電車の顔が、ふたつ揃いました。 上手く組み合わせれば、山手線クラシック⁈ で D51【新】の曳く貨物列車との共演も 夢に出て来そうです。 試しに クモハ12とクモニの屋根を交換して見ました。 クモハ12053に見えるかな~ まぁ チョっとしたお遊びですが、パーツの組み合わせで色々な車両にした楽しみ方が出来そうで だんだん深みにハマりそうです。
スポンサーサイト



  1. 2015/10/15(木) 21:03:20|
  2. 鉄道模型(車両)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2