しなのさかいの駅前広場

コキ500000、発進!

KATO 50系客車グレードアップパーツ

おはようございます。しなのさかいです。




春の嵐の日曜日が終わり、また月曜日になってしまいました。
ヨコハマが終わってからは、何故か土日にすべきことが重なっていて、模型タイムもその土日に1時間程度を捻出できるかどうか、です。
なのでこの週末は、とうとう模型屋にも行きませんでした。
目だった新製品もありませんし(笑)
トミックスの485系1000番台が再生産でも話題になっていますから、そのくらい店頭で光るモノが無いのかもしれません。
年明けの小売店は「ちょっと大変」でしょうか。
申し訳ないのですけど、こういう時期に衝動買いをしないことが当方の目標です。





その1時間程度で見てみたのは、あのカトー「50系客車グレードアップパーツ」。
赤ラベルではなくて、緑ラベルで発売されている点に注意です。

昨年の50系分、それと先月発売された50系51形分を賄うために5袋を予約で用意しました。
近所の量販店では「このパーツ、何をするためのモノなんですか?」という店員さんの質問がなんと当方に対してあり、これこれしかじかと教えてあげたことです。





屋根板だけで20枚。これに数多のベンチレーターを取り付けていきます。

ベンチレーターのゲートの位置はいいところにあり、長辺ではなく短辺、つまり妻面側にあります。
これは、狙いかどうかはわかりませんが、客車を横から見たときにベンチレーターの下の屋根板とのスキマ(屋根板は丸まっていますから)にバリや凸凹が見えてしまうのを避けた、いい措置だと思いました。

しかもランナーをプラプラにさせてからグッと曲げるとキレイに取れます。ゲート跡も凸凹が目立ちません。見事にスパッと取れます。
最初の1個にニッパーとカッターを当てて苦労したので、あれこれと効率的なやり方を考えてみたのが良かったようです。
カトーの工場でも、こんなコツがいろいろとあるんでしょうね。





取り付ける穴は2か所。
左右の区別をつけて取り付けられるよう、屋根板側にベンチレーターの台座まで表現されていました。





なんとかここまで出来ました。
先週も少しだけ手をつけましたから、20枚の屋根板をくみ上げるまでの所要時間は合計2時間弱というところかな。

やり遂げた後には、ものすごいランナーが発生しまして、あらためて「この作業は大変なんだな」と実感してしまうのでした。
特に小さいベンチレーターを差し込んでいく作業は、①パーツを探して(指で)拾う、②向きを確認する、③ボスと穴を合わせる、④押し込む、という細かい動作を1個につき繰り返すので、肩は痛くなるし、次第に頭はボーッとしてくるし(笑)

こうして生産現場の疑似体験をしてみると、別パーツ化を期待されながらも屋根板との一体成形で製品をリリースしたところには、それなりの考えがあったのでは、と勝手に納得してしまいます。
これだけの作業を、何千、何万という車両に施すとなると、工場としてどれだけの作業時間を確保しなければならないのか…。
想像しただけでおそろしいものがあります。
ベンチレーターの数を合計したら、そりゃあもう。
「いやいや、トミックス製品ではもともと付いているぞ」という声もあるでしょうが、それなりの作業時間がかかっている事実は変わらないのではないでしょうか。
まさか50系のベンチレーターを一気に取り付けるための機械があるとも思えませんしね。

一方、お召列車1号編成のような、ユーザー取付部品としてベンチレーターを車両に封入するのもいろいろとありそう(「いろいろ」です)。
バランスって難しいです。


マイクロエース製品もまだまだ月刊的に続いているとはいえ、昔のような小売側の期待はありません。
これだけ「売れるモノ」が無くなってきた今、カトーの新製品に期待が集まるのは当然のことです。
だとしたら、こんなことに作業時間を充ててしまうよりももっと別の何かを…という考えに行き着くこともある。
いろいろと考えてみる、良い機会となりました。





1屋根400円位。これをアフターパーツとして手にして、もう一度、1年振りに50系客車をグレードアップしてみる…。
メーカー側の狙いとは違うかもしれませんけど、過去に買った製品をレイアウトの本線に戻すことになり、それなりの楽しみ方が出来ました。
近い過去の買い物を無駄にさせない、寝たきりにさせない措置とも捉えることができたのは、当方だけでしょうか。





一方、51形客車のカプラー交換。
台車のカプラーポケットを切り離したところで時間切れ。室内灯の取付と屋根板の交換もこれからです。
51形の営業運転入りはもう少し先かなぁ。


ではまた。



スポンサーサイト



  1. 2016/02/15(月) 09:00:00|
  2. 鉄道模型(車両)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6