しなのさかいの駅前広場

コキ500000、発進!

Z04-7953はクモハ42を救う

こんばんは。しなのさかいです。




今年もあと一晩で3月かぁ。
1年の中で一番キライな1か月が、またやってきます。
とにかく「オン」と「オフ」のスイッチングを上手くやっていこうと思います。鉄道模型趣味はそのためには非常に大きな存在です。
「オフ」のときは完全なオフでないといけません。





この週末も、少しは模型で遊べたようです。
久しぶりに地面の検討もすることができました。
しかし、まとまった時間を捻出することが難しいので、平日の夜に20分だけでも作業をするようになることがポイント。
「今日は帰ったらあそこを…」と考えていても、必ずその時間になると疲労感が襲ってきて。毎日この繰り返しです。
皆さんはいかがお過ごしでしょうか。





飯田線旧国シリーズ第5弾、の半分であるクモハ51200+クハ47100が発売され、ようやくこの週末にはASSY部品も供給されるようになりました。

Z04-7953はクハ47102の運転台側に付いている幌。
買った方はおわかりのはず、この幌はポリプロ系ではなく、珍しくスチロール系樹脂で成形されています。
なのでクリームは塗装処理、幌正面の黒色は印刷処理がなされているんです。





ターゲットはもちろん、こ・い・つ。
第2弾でクハユニ56の荷物室扉と共に気になっていた、クモハ42の前面幌です。
車両の顔の部分なのでグレーの幌、しかも幌の台座が付いた上での一体成型でのグレー幌には違和感がありまくり。
コンプリートしている飯田線シリーズの中でも稼働率が圧倒的に低かった事実は、仕方がないことでした(ゴメンナサイ)。





車両を分解しなくても、グレーの幌を下から上へ上げるようにしてみると、その幌は外れてくれます。
逆に上の爪から外そうとすると、両サイドに分かれている下の爪はヤワですから間違いなく欠けてしまいます(やっちまいました)。
万が一、グレーの幌に戻したくなったら取り付けられなくなりますから、注意しましょう(戻したくなんてなりませんけど)。

ということで、加工終了!





左が第5弾のクハ47102。右が第2弾のクモハ42。
昭和の飯田線の風景がまたまた豊かになりました。
ホーム上の表情も豊かにしたいのですが、レイアウト全体の土木的考察を進めているので、まだこのままでしょう。





第2弾のクモハ42には、クハユニ56を連結させました。
クハユニ56のリベンジも期待しちゃいます。





第5弾が第2弾を救済するという、カトーらしいASSY部品での「豊かさの提供」となりました。
これまでのカトーのやり方で見られたことではありますが、「シリーズ」と銘打っている中での短いスパンでの出来事で、先行した製品を後行する製品が補正していくという展開は、より頼もしさがあり、ユーザーの声が届いているという安心感があります。
おさらいすれば、荷物室扉の奥行きと前面運行番号表示窓のくり抜きは第3弾で補正されているのです。


飯田線シリーズの売れ方も、ここであと少しの飛躍があると面白そうですね。
小売店的には「あてにできる」アイテム、シリーズのようですが、裏を返せば固定的に常連さんが持ち帰るだけになっているようです。

当方としては、出版方面で「あの頃の飯田線」を特集したムック本とかが刊行されればなあと。
形式とか配管とか窓だとかの「近視眼的」な中身ではなくて(まあ、それも大事ではありますが)、昭和の飯田線の空気、空間を切り取って感じ取れるようなガイドブック。
あの貨物列車は何を運んでいたのかとか、駅前のロータリーにはどんな車やバスが停まっていて、その駅前の商店はどんなファサードだったのかとか。
でも、DDFのようなレイアウトの作例は御断りですよ(笑)
欲しいのはあくまでも「資料集」なので。
T副編集長、よろしく。

時間と情熱のある高校生たちが、競って飯田線の風景をレイアウトで表現するようになれば「飯田線シリーズ・ネクストステージへ」です。
飯田線シリーズが終わる前に…。


ではまた。
スポンサーサイト



  1. 2016/02/29(月) 19:00:00|
  2. 鉄道模型(車両)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8