しなのさかいの駅前広場

ユートピアもモーターなしのままでしょうね

KATO 165系 飯田線急行「こまがね」「伊那」

おはようございます。しなのさかいです。




ついにカトーの165系がフルリニューアル。
みんなこの日を待っていたんですよね。

6/28の問屋出荷日の翌日、6/29の午前中には近所の量販店へ出撃し、予約していた「こまがね」と「伊那」を1セットずつ…
という予定でしたが「こまがね」をさらに1セット積み増して入線させちゃいました。あちゃー。
モハ164-800が入った3連は、JR時代でも中央西線のローカル運用でお世話になった思い出があるため、そんなことを考えての積み増しです。
165系の3連というのも実にいい。


さて、静岡ホビーショーのレポートでもいろいろと書いてしまいましたから、案の定、此の期に及んで書くことがあまりないような気がしてどうしようもありません(笑)

でも、これもやっぱりお祭りですから。
京急2100系のときと同じように、ここに来てくださった方々の「しゃべり場」という具合で、簡易な記事を置きます。
当方と同じように「この日を待っていた」と思われている方は、どうぞその感動をコメントに残してください。

では、2016年版165系を見てみましょうか。





新しい165系の顔。
こうしてハイライトがつくと手すりも浮いて見えるので、もはや16番のそれと変わらない佇まい。

ライトケースの別パーツ感が全く感じられません。ちゃんとボディから生えているように見えます。
ライトレンズのカットが効いてます。点灯具合も良し。
ワイパーはオレンジ色に印刷。
窓はデフロスター付き。
もちろん運行番号表示器付き。
「急行」という種別幕がホンワリと点灯。
そして、711系で実現した新型カプラー。
などなど。

ところで、テールライトやステップ、タイフォンは別パーツ化されていません。
つまり今回の金型は、この「湘南色」の165系のためのものであって、JR時代の様々なカラーへの転換、汎用性を意識していない、実に直球ストレートなものだと推察します。
ここ、試験に出ます。


前述したとおりライトケースは別パーツですから、ライト下に塗り漏れや緑色の吹込みがなくて実に綺麗に仕上がっています。
緑色の発色もいいですね。トミックスHG製品ではボディ成形色の黒が見えている個体がよくありました。初回品は特に酷かったような。





ライトを消灯して斜め上から見るとこうなる。
155系で実現したとおり、消灯しても光で反射してギラギラしています。





運転台付近も確認しておきましょう。
もうすっかりお馴染みのパーツ構成です。
やはり155系に続いて今回もライトのプリズムの形に注目しておきましょうか。
LED室内灯クリアの導光材は、クラフトノコで1ブロックをカットしてヤスリをかけています。





そういえば、スノープロー付きTR69は結構な量を予約してしまいました。
それでも手元にある485系初期形「雷鳥」はビス留めタイプなので取り付けられないそうです。無念。
最近はASSYパーツの発表をスルーしてしまうと後々で大変な目にあうため、気が抜けません。
新型カプラーのASSYも発売になりましたけど、計画的に今後発売される問屋流通パーツで手持ち車両のアップデートを図るつもり。





トイレ臭気窓Hゴムも印刷済み。
カトーとしてはこういうことが出来てしまうのです。
「こまがね」なので所属標記も「長モト」。





細かい標記類も印刷済み。
ユーザーが加えるとすれば、あとは「乗務員室」くらいかな。







屋根上機器たち。
ベンチレーターは115系のものですが、クーラーは新規のようです。
そのベンチレーター類も金型に手を加えたとのことでしたよね(静岡ホビーショーのときのレポートを参照してください)。



(おまけ・その1)





ジャンパ栓パーツは付属品を使うだけでなく、こうしたものを使う手もあります。
このクモユニ74用は、ケーブル部分が黒く着色されているので、それなりの効果は得られると思います。
しかし、今回の付属品と同じ金型であるとは思うのですが、何回やってもキツくて簡単には入りませんでした。
削ったりしながら入れるのも好みではないので、この車両に取り付けた時点でギブアップしています。



(おまけ・その2)



「こまがね」の運行番号。
「伊那」などについても同じことが言えますが、これらの番号がいつの時代のそれなのかを調べてみると、西落合からのメッセージを拾えるようになっています。
運行番号シールを解読してみるのも、楽しみのひとつでしょう。



******





最初に「伊那」のケースを開けた瞬間、こじんまりとした4両ブックケースには、それなりの価値が漂っているなと思うことができました。


20世紀の終わりにトミックスがHG製品として世に送り出そうとしたときの記憶がよみがえります(確か169系長野色からのリリースでした)。
キハ58系に続く急行形HGは、カトー製品で遊び尽くされた1990年代の「大165系ブーム」が終わりを迎えた頃にポロリと転がり出たような、遅すぎる大物アイテムだったと思います。

しかし、その出来は…。
特にボディの塗装と印刷が絶望的で「これならカトーの方が良かった」と思うしかないようなシロモノだったのです。ホコリの巻き込み方もスゴイものでした。
その後もトミックスでは断続的に生産していましたけど、どれも湘南色の仕上げがイマイチ。そうなる宿命なのでしょうか。
必要な形式でしたが、買わない月日が経過していきました。

こうして「塗装などはいいけど今さら的な165系」と「金型はいいけどボディがヒドい165系」のクロスカウンターパンチ状態が16年くらい続き、2016年、ようやくその不満を今度はカトーが汲み取ってくれたという訳です。


50系客車のときもそうでしたが、ユーザーが既存品や他社先行品をどのように捉えているのかを聞いてもらえたような気がします。
今回の製品は「優れた仕様」という点だけでなく「もっといい165系を」というユーザーの声が届いたと思える点で、多くの支持を集めているのではないでしょうか。





新しい165系同士のすれ違い。
「飯田線急行」ということを完全に忘れています。





夜間の駅留置。





夜の辰野駅みたいにしておしまいです。

165系って、なんとなく夜汽車のイメージがありますよね。それと冷凍ミカンのイメージかな。
この後、いろいろとバリエーション展開を求める声が聞こえてきそうですけど、まずは当然の8両をやっていただきたいというのが人情でありましょう。
しかし、当然の8両が当然に8両かどうかは、信仰心によって左右されると思います。
やっぱり修行は厳しいですね。


ではまた。


スポンサーサイト



  1. 2016/07/04(月) 08:00:00|
  2. 鉄道模型(車両)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:15