しなのさかいの駅前広場

ユートピアもモーターなしのままでしょうね

第38回鉄道模型ショウ2016(その2)

(その1からつづく)


【トミーテック】







鉄道コレクションについては、小田急1800形という時代的、形態的にやたらと気になるネタが発表されています。

ただし見たところやはり「鉄コレ」。
窓おさえの表現も白いボディ側に表現し、そこを黒く塗る(印刷する)ようになっているので、ボディの厚みが白く見えてしまう仕様に。

明るいボディにこの表現をやってしまうのは完成品としては御法度で、なんと言いましょうか板キットの時代の作品のようです。
屋根にも気になる分割線?
これらを「鉄コレだから」と許容するかどうかが、ユーザーのコレクションの積み上げ方の分かれ道かもしれません。





建物・地面系ではトラックターミナルの背の高い方が。
これくらいしか注目できるものがありませんでした。
建物もそろそろ力が尽きてきましたか?
歪まない金型でリリースできるようになった頃に失速してしまったようで、残念です。



【グリーンマックス】





このマンション、ひっそりと隅っこの方で紹介されていたので気づかないまま立ち去るところでした。
「2017年夏以降」という、何かを学んだ結果のような素晴らしいアナウンスが目に留まりました。
こういうやり方もあるのですね。
一瞬、もうすぐ発売かと勘違いしてしまいました。

その他。
ずいぶんと前に発表されたEVOシリーズ第2弾も行方不明のまま。
展示されている車両たちも、どれが新しい内容なのか、そしてどれが新動力なのかもよくわからず。

ちなみに当方は、最近の同社の新製品発表を見ても、今まであったようなものがズラズラと書かれているような気がして、読む気にもなれません。
まるで新聞の活字、スターウォーズのOPのようです。
小売店も同じ思いじゃないでしょうか?

イチオシは、買いたくても買えなさそうな(?)新動力ユニットのようで、静岡のときと変化なしでした。



【マイクロエース】



夏の限定品だけを見てきました。
ほほう、JAMだけでなく鉄道模型コンテストでも販売する…。
クリーム色1号の感想がいろいろと湧いてきそうです。

かつて湘南色で同じことをやっていた夏がありまして、そのときはあまり良い見方をしていませんでした。
しかし、ここまで市場の中での話題づくりができなくなってきた同社としては「こうしたささやかなアイテムでも…」という思いがあるのかもしれませんね。

「まあ、こういうものがあってもいいでしょう」という緩い気持ちで販売し、手に入れ、他社の113系に組み込んで遊ぶ(爆)。
案外そういうのもいいのかも。
少なくとも、このようなアイテムを見て「買っておかなきゃ!」と思うべき時代は、もう終わったんだと思います。

ガラスケースは、とうとう1つだけに。
昔は4つありました。




注)モデモについては目新しい情報が無かったので省略します。江ノ電シリーズは今こそ頑張るときですぞ。


(その3・完へつづく)

スポンサーサイト



  1. 2016/07/29(金) 08:15:00|
  2. 鉄道模型イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4