しなのさかいの駅前広場

ユートピアもモーターなしのままでしょうね

第56回全日本模型ホビーショー(その2)

【トミックス】

今年はトミックス40周年だそうです。
このことに関連した特別展示がありました。


IMG_9094.jpg

過去の青いカタログも、今となっては懐かしい「製品」。
こいつらにはホントに大変お世話になりました。
眺めては「買えないなあ」とため息をついていた自分を思い出したりして。
んでもって、町の模型屋さんに行く前日は、何回も何回も所持金とカタログの金額を照らし合わせましたっけ。

画面下には、あの幻の「板谷峠セット」が見えますね。1990年頃に見られた「瞬殺アイテム」のご先祖様というべきシロモノです。



IMG_9100.jpg

IMG_9101.jpg

そして、そのカタログに掲載されていた車両たち。
語り出したら1週間くらいはやれそうな、思い出が詰まった車両たちです。
この模型たちの前には、とても楽しく、満足していた少年時代の自分がいたのです。

キハ30系もキチンとトミックスの歴史に刻まれているのが嬉しい。
トミックスにもタブーのような触れていいのかわからない「◯◯シリーズ」が結構あるのですよ。
ネクストシリーズとか9600とかね。



さて、本題。
ホビーショーですから。

IMG_9076.jpg

C11325が、さらに製品レベルに近づいてお目見えしました。

意外と各所の線が細くなっています。
ナンバーのフォントは細いなあ。
ダメ、やり直し!(ウソです)



IMG_9074.jpg

サイドビューです。



IMG_9045.jpg

上から。



IMG_9053.jpg

上からもう一度正面を。
デフレクターは、前部断面のエッジ処理をもうひと工夫してもらいたかったけど、それも高望みかな?
チョット厚みがうるさく見えます。





キャブとエアタンク付近のパーツ構成。
ガラスケースの中のデモンストレーション走行では、おそらくC140だと思いますが、結構なカーブを回していて、カトーのC12やC56と同じような用途、遊び方をPRしていました。
それ故に、エアタンクの干渉に興味がありますが、C280以上であればまずは問題は無いでしょう。

2009年にC57でブレイクスルーした、トミックスの蒸気機関車づくり。
二軸貨車も細々とつくり続けている訳だし、旧型客車もある訳だし。復活蒸気に偏らないラインナップの展開も求めたいところです。
もっとも嗜好的には、既に現役時代の再現を目指すカトーのC11に一票、なんですけどね。



IMG_9038.jpg

キハ52・盛岡色。
同色のキハ58系が絶版となって久しいので、てっきりそちらが先にやり直されるものと考えていました。
この辺りのネタも、そろそろ懐かしさが目立つようになってきたみたい。
平成ヒトケタ時代には、まだまだ国鉄のようなニオイが立ち込めていました。
大糸線セットで張り上げオデコボディを作り分けたトミックスとしては、まあ製品化するだろうなあと理解できるアイテムです。
衛星無線アンテナ?が最末期の姿を悲しく表していました。
ここはどうせピンバイスドリルの出番でしょうから、取り付けない選択もできるのでしょう。



IMG_9041.jpg

こちらも同じような立ち位置か。
旧新潟色のキハ40系です。平成初期にはよく羽越本線の架線下を走っていました。
床下がグレーなのは、チョット時代的にナウ過ぎるんです。黒でもいいんじゃないかしら。
細い青と赤のラインをキチンと入れているあたりは、キハ58系と違ってライトリムが外れるキハ40系の仕様の賜物ですね。



IMG_9040.jpg

これはよく知りません。



IMG_9039.jpg

EF641000の牛乳パックカラーで屋根付近の白いラインが入っていないやつだそうです。
もう食傷気味かな。



IMG_9079.jpg

京都丹後鉄道「丹後の海」でしたっけ。
「ゆふいんの森」みたいで面白そう、ではありますが。



IMG_9080.jpg

小田急ロマンスカー10000形HiSE。
よく頻繁に再生産されているような気がしますけど、どうなんでしょう。
現実的ではカトーのHiSEのリニューアル再生産が期待できない今、このトミックス製品を掴んでしまうのも良いのかもしれません。
が、ドア周りは仕方がないとして、いつもフロントのピンク帯の回り方が気に入らないのです。
展望席上のところですよ。
この試作品、ボディはおそらく前回品の流用じゃないかなと思うので、そこんとこヨロシクです。
できれば登場時の姿がいいんですけど。
私鉄電車は登場時の姿が一番ステキです。



IMG_9098.jpg

目立たなくて危うくスルーするところでした。
コキ50000形はグレー台車付きの2両セットで、テールライト点灯化。
デッキ上に妙なコブとか平べったい構造物が発生するようなこともなく、デッキの厚みの中にライトユニットが納められたようです。
これはいいなあ。




あとはパネルによる製品化告知。

IMG_9065.jpg

トミックスも、ついに緑色のタキをやることに。
これもテールライト付との告知。後発ならではのアドバンテージが感じられます。
しかし、カトーのタキを、もうたくさん持っているんですよね。
EF210やEH200もカトーでキマリなので、カプラーの統一性などを考えると、買わないかなー。



IMG_9066.jpg

これは16番ですが、トミックスが159系なんですって!
それも「銀サロ」まで製品化。
スケールこそ違えど、トミックスでもこうしたネタを企画するんですね。むむむ。





ついでに、このパネルを見て「トミックス」ブランドと「鉄道コレクション」の関係を。

当方、こうしたアイテムたちがトミックス製品として出てくることが不思議というか、よくわからないです。
最近の鉄コレ製品には、似たような第三セクターの車両が溢れているのにね。
買う方としては戸惑いがありますが、「流れ」の中での企画のようでもあり、仕方がないのかも。
それにしても、ドーンデザインの車両が氾濫しています。好きではありますが。

※トミックス編はもう少し続けます


(その3へつづく)
スポンサーサイト



  1. 2016/09/28(水) 08:00:00|
  2. 鉄道模型イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8