しなのさかいの駅前広場

ユートピアもモーターなしのままでしょうね

KATO EF70 1000・ED75 700・20系寝台特急「日本海」

こんばんは。しなのさかいです。




こちらからもいきますよ。
カトー・9月末の大攻勢、PART3。
EF70 1000、ED75 700、そして20系寝台特急「日本海」です。

もう10月も下旬近くですし、方々でプレビューがされ尽くされた感があるため、こちらからは軽くフワァっと終わらせます。
そろそろ「秋の中央西線祭り」が始まってしまいますから、その準備もしなくちゃいけません。





繰り返しになりますが、EF70の運転台付近が、大きいパンタグラフと共に見ていて楽しいと思うのであります。
ホビーショーのときに感想を述べたとおり、Hゴムをボディ側に表現していてもガラスパーツの厚みがボディの断面を一切見せていません。
なのでセンターピラーの細さは、未だにトミックス製品では真似できていないのです。
ここ、とても重要。





サイドのナンバー。
フォントも的確に再現されていますね。





カニ21との連結部分です。
カニ21の車掌室側には車間短縮ナックルカプラーを。
これ、当方の20系客車に対する標準工事です、とは繰り返し申してきました。
たまに機関車がカニ21にゴツンと当たると自動連結します。少しお得な気分になります。
連結される客車の両数が13両ですから、重みもありますし、そんなことも起こるのでしょう。
良い子はマネをしてはいけません。





20系客車の車掌室の表現は劇的な進化を遂げました。
受話器の表現までしてくれたことには感謝します。あらためて、ありがとうございました。
こういう箇所の表現って、何でも作り込めばいいんではなくて、ツボのような部位が再現されるだけで精密感がグッと増してきたりします。

あ、どこぞのメーカーは和式便所をきちんと再現していましたが、今回の受話器とは一緒にしないでおきましょう(笑)





今回の20系では、ついにナハネフ20が登場。
閉塞された窓が見ていて面白いです。
この角度、ナハネフを見上げる角度が好きなんですよ。流麗と言いますか…。





ED75700は、かつての「奥羽線形」のリニューアル品です。
さて、このリニューアル品。ややナンバーのフォントと文字配置に違和感あります。
文字間隔が空き過ぎているみたいなのです。
EF65PFと同じように、凹凸のある文字ではなく印刷で再現されているからでしょうか。





比較のために過去の画像を使います。
ED79のナンバーは割と良かったのですよ。
チョット残念でした。





かといって、こうしてレボリューションファクトリー製のナンバープレートを買ってみても、面倒くさくなりそのまま(笑)
こちらは旧製品用なので若干オーバーサイズなんですよね。
もう少し研究が必要です。






それでは、寝る前の運転会です。




「日本海」は夜行列車ですから。
青森から頑張ってきたED75700が先頭に立って入線。





20系のテールサインは、白くボワ~っと灯ると不思議と見ていて落ち着きます。
そういう人は、まず間違いなく20系中毒です。





深夜の井中温泉駅前。
駅前には「日本海」から降りる家族を待つ車。
夜汽車を巡ってはこんなシーンも繰り返されていました。





ここで牽引はEF70 1000にバトンタッチ(おい、EF81はどうした!)





再び大阪へ向けて出発。
ナロネ21の室内パーツの色がA寝台を自己主張していて楽しいです。
ところで、これも繰り返しですが、当方の所有する20系客車には、全てカトーの旧LED室内灯を取り付けています。
やや減光された雰囲気が出て、とてもイイ感じなので。
『皇帝のいない8月』ではそんな明るさの車内で自衛隊が銃撃戦をしていました(設定は14系「さくら」ですけど)。
“減光タイプ”なんていうネーミングで再生産されたら面白いなと思うのは当方だけでしょうネ。

あ、14系や24系にはちゃんと「クリア」を使っていますョ。




という訳で、EF701000、ED75700、そして20系寝台特急「日本海」でした。

カトーの客車列車は必ず牽引機を連れてきてくれるので、楽しみが倍増する注目の企画です。
機関車は機を逸しずに買い求めるのがコツでしょうか。我慢して見送ると次がいつになるかわかりません。

今回の機関車はどちらもフルリニューアル品。
北陸、日本海縦貫線を再現するためのピースがポツポツと埋まり始めました。
EF70も、ED75も旧型客車を牽引する姿が目に浮かびますし、後者はさらに50系客車とも似合います。
使い方は様々です。


一方、20系客車は、ここ数年の間にも「さくら」(2013年)「あさかぜ」(2015年)とリリースされ、何らかのプチリニューアル、新規パーツ、新規車両を伴って世に送り出されています。
20世紀末のリニューアルを遂げてからというもの、それから20年後の今でも進化が止まらない不思議なアイテムです。
次は一体どのような進化を見せてくれるのでしょうか。期待しないではいられません。





当方の20系コレクション。
10-366はナハネフ23だけを残して昨年の「あさかぜ」と交換。その他見えないところに「ちくま」があります。
10-367は今となっては2013年の「さくら」の“増結セット2”という扱い。カニ22はパンタグラフ付きも必要ですから。
これだけ20系客車を持ちながら、どれも欠かせないものばかりで、コレクションとして見ても引き締まった感があります。





ナハネ20だけの増結6両セットがリリースされたのも今回の大きな話題です。とうとうこうなりました。
「あさかぜ」を増結セットだけ買った方は、その動機がある意味正しかった、ということでしょう。
そして、この6両セットが「今後の展開がまだある」と主張しているようでもあり。
そう思うのは当方だけでしょうか。








それにしてもEF70ってこんなにカッコ良かったっけ?
窓下の銀色の手摺り、それと銀色の帯の下の通風口が顔に表情を付けていて妙にイイんですよね。
EF81よりもセンターピラーが細いというのもあります。





朝起きると、よくこんなところを走っていましたよね。





2月には寝台急行「つるぎ」も後からやってきます。
どんどん北陸が熱くなります。

ではまた。

スポンサーサイト



  1. 2016/10/18(火) 22:25:00|
  2. 鉄道模型(車両)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:13