しなのさかいの駅前広場

ユートピアもモーターなしのままでしょうね

ナックル交換



線路際の住民です。

カトーの20系日本海セットを走らせている時に思いつきなんですが、客車と機関車の間が妙なんで、眺めると機関車EF58の連結器が大きい様です。
通常のナックルでは、先台車から飛び出し感があり ゴハチらしさを損なわれていると思います。



取り付け自体は普通に取り替えるだけでした。
連結させる事は出来ますが、上下方向の動きには弱く 客車側に車間短縮ナックルにして連結器本体の厚みで外れる事のない様にします。



ついでに20系の連結器も交換します、但し ナックル本体の端とスカートが接触しないようにナックルを僅かに削りました。



かなり連結器が引っ込む形になりましたので、車間短縮ナックルを付けた機関車と連結した場合に実感的になるものと思います。
R381のカーブやダブルクロスも今の所問題無く通過しています。




ナックルが引っ込む分先台車の上に車体がせり出す感じが引き立ち ゴハチらしくなったと思います。
小さなパーツの交換が大きな効果を生む結果に繋がったケースでした。
スポンサーサイト



  1. 2016/10/25(火) 21:26:49|
  2. 鉄道模型(車両)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2