しなのさかいの駅前広場

ユートピアもモーターなしのままでしょうね

KATO 165系 急行「アルプス」(その1)

こんにちは。しなのさかいです。
正月明けの三連休。特にイベントもなく、落ち着いた空気の中でのんびり過ごせています。




年末の発売から、少々時間が経ってしまいました。
カトー謹製・寒地勾配線向け直流急行形電車165系・急行「アルプス」の登場です。

こんなことを書いたり、こんなことを書いた当方として、そしてこんなHNにして、中央本線の景色に惚れ込んだ当方としては、Nゲージ人生(なんだそれは)のひとつの区切りであり、ひとつのピークでもあると捉えています。





先行して発売された「こまがね」のつづきとして、“当然のアンサー”としてユーザーの期待を集めていた「アルプス」。
カトーは良い意味でその期待を裏切り、3両の事業用車との組み合わせという、多くのユーザーが思いもしなかった遊び方の提案をしました。





品番10-1390「急行アルプス用事業用車3両セット」。
今回の「アルプス」を夜行の「10号」と想定し、クモヤ90015、クモニ83816、クモニ83817がそのパートナーに選ばれたという訳です。





クモニは理解できるとして「クモヤとはなんぞや?」となるのです。
今回の「アルプス」セットの説明文では1972(昭和47)年頃とされていますが、実は「鉄道ジャーナル」1970(昭和45)年3月号に詳しく掲載されています。


「大糸線沿線は冬の冷え込みがきびしく、木崎、中綱、青木の、仁科三湖畔に近い簗場付近では特殊な気象条件から架線に霜が付着し、パンタを破壊する事故が起こる。その予防策として、一番電車の先頭に木製摺板をつけた“霜とりパンタ”なるものを持つ車両を連結するのである。」

「鉄道ジャーナル」1970(昭和45)年3月号
列車追跡シリーズ19
『銀嶺のクライマー アルプス10号 新宿→松本→南小谷』より引用


いにしえの「鉄道ジャーナル」の「列車追跡シリーズ」に記録されている列車を、今、模型で手もとに保管し、再現してみる…。
今回、ユーザーはそういう説法を受けた、というのが企画の真相のようです。
また、1970年12月号の時刻表でもダイヤ、編成(クモニ連結)に変化はなさそうに読み取れました。
今手にする模型から過去の時刻表をコーヒー片手に味わう、というのも、豊かな時間が流れた楽しい作業でした。





そのクモヤ90015と入れ替わるように松本で切り離される2両の低屋根クモニ83。
115系800番台のときに発売された張り上げ屋根仕様とは異なる、雨樋が低くなったノーマルな仕様の816、817。
片パンタとなり運転台の上にもホイッスルカバーが付いて、今までとはイメージが異なる、スマートでカッコイイ荷物電車となりました。
それにしても、クモニ83がここまで充実するとは。
サブ情報ですが、「アルプス」セットのシールに収録されているクモニ用運行番号は、天地寸法が伸びて(改善されて)いました。





一方、本体である「アルプス」8両セット。
既に165系としては「こまがね」「伊那」でデビューしているため、今回の新登場(フルリニューアル)形式はTsとTb。
緑色のグリーン等級帯、ビュフェ車をアピールする客窓の無い側面が長距離急行の証と言えます。





サロ165は、トミックスの165系と同様にバイザーが緑色で別パーツ化されました。
旧製品はサッシと一体化した銀色の表現でした。





回送運転台の窓もはめ込み化されました。
妻面へのオレンジ色の回り込みもOK。
トミックスHG製品と同様に、テールライトを赤いプリズムで別パーツ化して欲しかったという声もあるようですが、本線上では先頭に出ない妻面ですから、この割り切り方は理解しなくてはいけないとも思っています。
485系や583系もそうなっていますしね。





サハシ165は、サハシ153から改造された50番台。
1965(昭和40)年、サービス向上を目指して行う中央東線急行のサハシ連結を、新製ではなく上越線急行「佐渡」の“ダブル・サハシ”からの1両転用(中央東線からはクハを転出させる交換方式で)まかなうこととなりました。
しかし、これだけではなお不足するため、次に山陽本線急行で余剰となったサハシ153を改造して導入した…というのがこの「50番台」のストーリーです。

ちなみに松本に在籍したサハシ165は、165系オリジナル0番台車が7両、改造50番台車が5両(計12両)。
そのうちサハシ165-54はサハシ153-8からの改造となっています。
したがって、サハシ153からの改造車なので2つのキッチン窓の高さの違いも正確に再現されているというわけ。
サハシ153は、サハシ165だけでなくサハシ169にも改造されています。
だから、今回の50番台採用は「これでいいのだ」(某植木職人風に)。





驚くべきことは、キッチンの再現度。
目で確認できる限り、シンク、コンロ、冷蔵庫が表現されています。
さすがに「信州そば」という暖簾は再現されていませんが(どこかのサードパーティがシールを作るかも)、ここまでマニアックに再現されてしまうとユーザーとしては降参です。
他社では便器を再現する傾向がありましたが、乗客がトイレに入っているシーンなんか脳内で再生したくありません。
こっちのほうがビュフェの楽しそうなムードが伝わってきていいのです。

カウンター上に登山客を横たわらせようとしているアナタ!
どんどんおやんなさい。
「アルプス10号」なんですから。





ちょっと興奮してきましたので、いったん休憩します。


(その2・完へつづく)


スポンサーサイト



  1. 2017/01/09(月) 11:45:00|
  2. 鉄道模型(車両)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7